有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気になるデジタル機器
ちょいテレとかのPC用のワンセグチューナーも気になっているのですが・・・
アスキーの先週号の通販・アスキー365で見たワンセグテレビ・BTV-400K(ブルードット製)、気になっています。
BLUEDOT ポータブルデジタルテレビ 4インチワイド液晶モデル ブラック BTV-400K
B000M9BQ6Q

ポータブルテレビと言えば、高校の頃にカシオの液晶テレビ(4インチ)を買って以来です。
イベントの行列待ちをするには、画面サイズも含めもってこい。
東芝のギガビートみたいに、HDDを搭載や録画機能など多機能って要るのかなぁとも思ってますし。
薄さ&電池の持ちを追求のため、専用の内蔵バッテリーってとこが少しだけ微妙。通常の乾電池のように、電池切れの際の調達が・・・約4時間なのでそんな心配は無用なのでしょうかね。
家電量販店で、実機をみれればなぁと思っています。

また、今朝のオープニングベルで、「ZENTEKが世界最小のデコーダ内蔵ワンセグモジュールの販売を開始」というニュース(公式HPプレスリース)がありましたが、価格も下がってくれると嬉しいのですが・・・

とはいえ、ワンセグチューナーではなく、地デジチューナー自体が、小型液晶テレビに入ればいいのにー!とかも思ってしまいますね。

公式HP:ブルードット
スポンサーサイト
ついに出た! ワンセグ対応
以前、ワンセグ対応機器が遅れ気味とぼやいていましたが、今日27日の日経新聞で・・・

バッファローからUSB2.0対応ワンセグテレビチューナー“ちょいテレ”(型番:DH-ONE/U2)が出ます。価格も1万1500円(定価)とアナログのものとほぼ同じ。チューナーは他に2社が出していますが、トップを切って登場!!
でも、購入は支出が落ち着く来年1月以降かしら~(泣)

一方、ワンセグ対応の小型液晶テレビ本体は、まだまだですね。東芝製のHDDプレーヤー「gigabeat V30T」や、懸賞の賞品などでしか見られませんね。メーカー側としては単価も安いし、ネット接続によるうまみもなさそうと感じているのか、出揃ってない感じがします。手ごろに旅のお供として使いたいものです。

参考:DH-ONE/U2(バッファローHP内)
×××HOLiC 「カイホウ」
珍しく2話連続。
波、自分が抗えないもの。鎖、自然の決まりごと。体という器、そして自我。
一つだけ、人が使える鎖=“言葉”

◆突然の出来事に・・・
額から血を流す双子の姉。
ホールから姉を連れ出す百目鬼。
アヤカシの仕業でもなく、焦る四月一日。
映画の最中、確かに四月一日は、姉の“速く出たいなぁ”という波を感じていた。
なにげにホリックのポスター!?が壁に=“夜女王”!?
彼女自身がやったという侑子さんの説明に・・・
⇒自傷癖!?と思いましたよ。
そして、コンタクトをなくした時も、出てこなかったのは、自らを縛っていたからと。
自らを縛るもの=“言葉”
一旦言ってしまった言葉は・・・
⇒不可逆性というのもありますね。
言葉は生きている。そして、時には人の生き筋さえ奪う。
だからこそ、言葉には責任がある。
その時の四月一日は、“言葉の責任”の意味を十分理解してはいなかった。
[×××HOLiC 「カイホウ」]の続きを読む
元のプランに戻すことを決意!
昨年の夏の話。
突如として、回線が不通に。
イベント参加のため、数日家を空けるので、大事をとってモデムの電源をOFF
夏は意外に怖いものなのです。いきなりの夕立で、落雷の危険が大きくなります。
その防止も兼ねていたのですが・・・
帰宅後電源投入・・・不通状態!?
サポートセンターに問合せをして、急遽プランを変更。
リーチDSLが登場した時、興味を持ってはいましたが。
月額費用も同じで、安定性も高まるとの勧めもあって、
思い切って、8M⇒リーチDSLに(事情説明をして無料で移行)。
基地局から離れていて、どちらにしても1Mを越えることはなかったので、大した影響はないだろうと・・・
しかーし、実際は、逆にスピードが大幅に落ちる結果に。
8M利用時:600K~800K
リーチ利用時:平均200K程度
やはり、グラフで示した場合、山が高い分損失が発生しても、8M≒リーチとはならず、結局、8M>リーチとなってしまうのです。
そのためページを開こうとすると途中で画面が止まるため、何度も更新ボタンを押す羽目に。
それ以来、元に戻すタイミングを逸し、また戻すとなると実費が必要になるためためらってました。
この期に及んで、もう我慢も限界&状況も落ち着いてきたので、ようやく戻すことにしました。
多少心配なのは、視聴しているウェブラジオとのバッティングですね。工事自体は1日で済みますから、ひとまず安心です。
早くスピードが戻ることを待ち望んでいます。
ワンセグ機器への不満
4月1日からはじまったわけですが、まさに“エイプリール・フール”的驚きです。
地上デジタルの前哨戦的問題点!?とも思えました。
ワンセグについては、メーカー側にとって魅力が湧かないのかもしれませんが分かりませんが、端末の種類自体、あまりにも少ない。
携帯電話やカーナビやノートPCの一部にしかワンセグ・チューナーが内蔵されていない。
通常、サービス開始前に出揃うのが当然とも言えるのですが・・・。特に、テレビのみの場合は、ネットとの融合が難しいことが一因とも考えられます。
現在、小型液晶テレビは、カシオ計算機などからが出てはいますが、この期に及んでも、ワンセグ対応の小型液晶テレビはない。
また、デスクトップ用のチューナーボード・ノートPC等に接続できるUSBタイプのアンテナ付きチューナー(アナログ用)は、バッファロー(旧メルコ)、アイオーデータ機器カノープスなどから出ていますが、こちらも地上デジタルチューナーも含め依然として釈然としない状況。
どうですこの現状、やる気ないでしょって感じがありありです。
また、富士通の「LOOX T70S/V」もカード型チューナーで対応してますが、専用カードで他の機種では使用できません。商売、ヘタです。

参考:<カーナビ>5年後には映らないのに、99%はアナログ機

これも日本が放棄した分野!?
マイクロソフトのOrigamiプロジェクトが明らかになった。
その実像は、Ultra-Mobile PC。
一昔前の東芝のリブレット、ソニーのC1やU1、富士通のルークス、ビクターのインターリンクといったミニノートのカテゴリー。
少し特異な分野なこともあって、PC市場での影は薄くなっていきました。
最近の“モバイルPC”の分野では、薄型軽量に主眼が置かれ、どちらかというとサイズは考慮されていない。また、ノートPCの分野でも、通り一辺倒なマシンや色々なものをつけて出来損ないのデスクトップPCみたいなものまで現れる始末。
そして、PCを実際に持ち歩くとなると、はっきり言って大きさも問題になると思います。よく電車の中で、大きなA4クラスのパソコンを広げるサラリーマンの方を見かけますが、はっきり言って“屋外で使うには大きすぎやしませんか”と思います。また、ACアダプターなどを持ち歩く(当座不要な外部接続のドライブを除いたとしても)と、結構重量ももちろん、カバンの中のスペースもとるので、小さいに越したことはありません。
オフィスでは省スペースデスクトップ、持ち歩きにはミニノートってのが、理想だと思います。相互のデータのやり取りは、LANでつなげばいいだけですので。
それをオフィスでも出先でもと考えるから、大きなノート(または、薄型大画面ノート)を持ち歩く羽目になると思います。
私としては、ノートに大画面なんて無意味だと考えています。オフィスではディスプレイを接続すればいいだけのことですし。ノートPCの本来の存在理由って何?と思います。もはや、導入期の時代は終わりました。既にそしてかなり前から買い替え需要を見る時代に突入していますから。今後は利用者の個々のニーズに合わせて、製品を提案していかなければなりません。もはや、何でもかんでも盛り込む時代は、遠い昔の話です。それが、依然として、何らコンセプトもなく、ターゲットも明確でなく、中途半端な保険的考えからはっきりとした製品アピールができていないように感じます。あと、メーカーの中で横行しているのが、保険的な考えに該当しますが、他社の真似。他社を真似るのは、核となる技術に寄らない、マーケティング主体の小売業・サービス業だけにしておけ!と言いたいです。
ということで、現在のノートPCは、はっきり言って買う気が全く起きませんね(デスクトップもですが)。しかも、モバイルPCと言いながら、“12インチサイズって何!?最低10インチクラス以下でしょ!”と思いますよ。販売店では、並んでいて大きさを錯覚してしまいますが、実際使ってみると、意外と大きすぎると思います。
もちろん、先がけであった日本のメーカーは、この分野に関しての技術の蓄積は少なからずあるわけですし、外国勢(マイクロソフトやインテル)のトレンドという尻馬に乗るだけではなく、メーカーの意地(チャレンジ精神)を見せてもらいたいものです。さらに、開発においては、小さいとか軽量だという技術力を示すことはもちろん、実際に使うシーンを織り込んだ魅力ある製品を開発をしてもらいたいものです。
目の付け所はいいのに劣勢に追いやられている分野って、残念ですが、他にも最近ありますよね。iPod vsウォークマンなど。

参考:
OrigamiはやはりUltra-Mobile PCだった」(Yahoo!ニュース)
⇒デザインは、ソニーのU1にソックリ!!
マイクロソフト、Ultra-Mobile PC発表会開催」(Yahoo!ニュース)
米MS開発 携帯PC「オリガミ」 14日に日本先行発売」(Yahoo!ニュース)
マイクロソフト、「UMPC」の日本における展開を説明。PBJ製品も発表」(Yahoo!ニュース)
MS、『オリガミ・プロジェクト』の全容を公開」(Yahoo!ニュース)
「Haiku」案もあった「Origami」の由来」(Yahoo!ニュース)
メーカーHP:
PBJ:SmartCaddie
ソニー:VAIO type U(世界最小・最軽量モバイルPC type U 登場)
※さらに、Ultra-Mobile PCは、SAMSUNG(サムスン)、ASUS(アサス)からも発売が予定されています。
     
待望のリアルタイムストラテジー再び!!
アニメ関連で手いっぱいなのにー!!
よくも、よくも・・・
マイクロソフトのいけずー!
Age of Empires III (予約特典付)
Age of Empires III (予約特典付)

1月27日(金)発売予定!!
一応、リアルタイムストラテジーのカテゴリーにおける金字塔だと思ってますから、出来はいいのではないかと。
「ホームシティ」システムや物理エンジン導入。
キャラクターに多彩な声優陣。モーガン・ブラック役に小山力也さん、ナポレオン役に辻親八さん、マウリッツ役に森田順平さんなどが登場!!
でも、時代スパン(始まりの時代はおおよそ見当がつきますが、どこの時代までか不明ですので)などの設定で、製品の差別化の問題もあるのでは? むろん、すみ分けはされていると思いますが・・・
しかし、場合によっては、例えばRise of Nationsとの差別化はどうすんだー!!
また、支配者にも少し無理があるような感じも。
Microsoft Games:Age of Empires III
[待望のリアルタイムストラテジー再び!!]の続きを読む
障害情報
《お詫び》
8月20日から本日25日午前まで
回線不通でした
アップ作業が大幅に遅れ、ご訪問された皆様には大変ご迷惑をお掛けしております。
帰ってきて、さー、アップしようと思ったら、全然つながらない状態でした。パニックになりました(泣)。
一週遅れのものもありますが、がんばって追いつきたいと思います。
[障害情報]の続きを読む

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。