FC2ブログ
有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
日常生活に潜む恐怖
本屋で立ち読みをして、そのまま買ってしまった本の紹介をします。
人間の摂取するものには、有害物質が多いと思います。日頃なにげなく、使っているトイレタリー商品が実は大変危険という衝撃作。皮膚から吸収される有毒物質を中心に書かれているのが、「経皮毒」です。人間の健康(例えば解毒作用など)、皮膚の仕組み、石鹸やシャンプーはもちろん、プラスチック(経口も含め)にいたるまで、様々な物質の有害性が詳細に述べられています。皮膚の吸収力についてや、皮膚の下に長く蓄積され、なかなか外へ排泄されないことなど説明されていて、本当に怖くなりました。例えば、体の部位では、股間の吸収力が、腕の内側を1とした場合、42倍にもなることや、傷づいた皮膚は、当然ながら吸収しやすいことや、お風呂などに入って、温度が高いほど吸収しやすいなどがありました。また、経口吸収についても触れられていて、この本の中ので取り上げられていた、プラスチックについては、コンビに弁当ばかり食べていると、生殖機能に悪影響を及ぼすと聞いたことや、確か「美味しんぼ」で、プラケースのお茶入れの例があったのを覚えています。この本のように、より直接的なデータを突きつけられると本当に怖くなります。ただし、対処法も書かれているので、日頃の健康管理にとても役に立つと思います。
経皮毒―皮膚から、あなたの体は冒されている!
竹内 久米司

by G-Tools

もう一冊が、「ファーストフードが世界を食いつくす」。
近年、表示詐称や狂牛病などの食を取り巻く環境問題も手伝って、“食の安全性”ばやりだけれど、商品の品質そのものから現場管理のずさんさまで、経営や労働問題をも含んで、書かれた問題作。そうそう言えば、かなり前に、バラエティの「いきなり!黄金伝説。」的な映画で、ファーストフードを食べ続けて太るまでの経過を描くドキュメンタリー映画「スーパーサイズ・ミー」のニュースがあったけど、被験者は大丈夫だったのかな。
効率性の追求だけでは、最終的には、どこかに問題が残ってしまう。それが、外側からは窺え知れない、そして最も重要な“安全性”の問題であったのだと思う。翻って、“食”とは何かを、ブームが一服しているところで、改めて考えさせられます。
そう言えば、最近マックに行っていないなぁ。
ファストフードが世界を食いつくす
エリック シュローサー Eric Schlosser 楡井 浩一

by G-Tools

日本人でも追体験した人がいた!?↓
30日間マクドナルド生活―自分の体で実験してみました
マツモト ケイジ
4396612680

参考:KeiziWeb ver 4.3
いずれにせよ、個体差にも因ると思いますね。
[日常生活に潜む恐怖]の続きを読む
スポンサーサイト



“萌え”パワー
アニメや漫画だけでなく、それを取り巻く文化としての“おたく”自体にも関心があります。以前、ブログで触れた、森川嘉一郎氏や他の本を読んで、アニメや漫画、おたくとは何かを知ることは面白い。また、商品ラインナップも、キャラクターグッズ、CD・DVD、ソフトウエア、関連本などの直接的な関連だけでなく、“萌え”そのものが、町を変えたり、「もえたん」などの異分野への進出には驚き。つまり、特定のキャラクターを中心とした異分野に進出するのではなく、“萌え”自体の進出もありというという違いです。
内部に入って楽しむのと同時に、外側から文化の有り様を見るのも、意外に面白い。

趣都の誕生 萌える都市アキハバラ
森川 嘉一郎

萌える聖地アキバ 秋葉原マニアックス 広告都市・東京―その誕生と死 網状言論F改―ポストモダン・オタク・セクシュアリティ 動物化するポストモダン―オタクから見た日本社会 戦闘美少女の精神分析

by G-Tools


萌え萌えジャパン 2兆円市場の萌える構造
堀田 純司

もえるるぶ東京案内 ~史上最濃! やくにたつ萌え系ガイドブック~ 聖地巡礼 アニメ・マンガ12ヶ所めぐり アキバのディープな歩き方 アキバBlog 2005 Maid Cafe Style メイドカフェ・スタイル~お帰りなさいませご主人様~ オタクの遺伝子

by G-Tools

[“萌え”パワー]の続きを読む
せっかくの無料電話が・・・
友人と無料電話で通話したいと思って、スカイプをダウンロードした。
友人に勧めたら、パソコンが古いので、使えないとの返事。
どんな感じか試してみたかったのに。
ちなみに、私はバッファローの3月号のカタログで知ったのですが、ライブドアでも紹介しています。
“ものづくり”と日本人のすごさ
バイトの都合で、NHKスペシャル「万年時計の謎に挑む 江戸時代の天才 VS 現代の技術者」の再放送を見た。田中久重の独創性や、妥協を許さず高い目標にチャレンジする精神など、“ものづくり”に対する技術者魂や“ものづくりのDNA”に対するシンパシーを技術者たちが感じていたし、視聴者たちにも訴えていたと思う。日本の“ものづくり”には、精神性の側面が色濃く感じられる。日本製造業の復権のカギとして、各メディアが報じている“ものづくり”ブームの共通点にも、“精神性”の強調が感じられる。
藤本隆宏東大大学院教授(『能力構築競争』)は、製品の特性を「擦り合わせ」型と「モジュラー」型にと区分し、「擦り合わせ」型の産業が、日本製造業の強みとしているけれど、僕は、商品特性が規定されているというよりも、日本の製造現場の中に「擦り合わせ型」に変換しようとする要素として、“精神性”が加わっていると思う。
何はともあれ、実物の「万年時計」を見に、愛・地球博に行きたくなった。
また、過去の別の番組で見たけれど、日本人の技術力や研究水準の高さは、すごい。例えば、写真も一般に知られているイギリスのスコットよりも前に、江戸時代のからくり師大野弁吉が発明していたし、「ビタミン」の発見も、鈴木梅太郎農学博士(「オリザニン」と命名)が、イギリスのフンク(「ビタミン」命名者で、鈴木と同じ方法で発見)よりも早く発見していた。
日本人って、結構すごい。
[“ものづくり”と日本人のすごさ]の続きを読む

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.