FC2ブログ
有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
戦国自衛隊1549
前に、千葉真一・夏八木勲の「戦国自衛隊」を見た時、殺陣や合戦シーンが、すごく生々しかったことを覚えています。長尾景虎(上杉謙信)がまだ越後を統一していない頃から川中島の合戦、上洛途上までが舞台。登場する車両も61式戦車など現在の最新兵装から見れば、かなり旧式で見劣りしましたが、当時はすごかったのだと思います。
今回は、高磁場発生実験(アクエリアス計画)という荒唐無稽な実験から始まり、戦国と現代双方がタイムスリップという設定、自衛官が織田信長へ転身といった今までになかった形になっています。また、年代と制限時間が設定されています。それは、ある意味タイムスリップをコントロールできるの?、歴史をいじれるの?という、従来の一方通行型、所与の状況・環境を変えられないといった方法論から脱却した構成になっています。
さらに、私としては、グッズが気になります。
あの有名な陸自広報センター限定販売の自衛隊まんじゅう“撃”の戦国自衛隊1549バージョン(イラクバージョンもあります)や、劇中に登場する戦車・装甲車などの模型もピットロードから発売予定。
[戦国自衛隊1549]の続きを読む
スポンサーサイト



護衛艦 いそかぜ
映画「亡国のイージス」公開にともなって、「護衛艦 いそかぜ」が、ピットロードおよびタカラより発売予定。ただし、ピットロード製の「いそかぜ(PZ いそかぜ)」は、版権状況により、「みょうこう」をモデルにした映画版の「いそかぜ」になり、タカラの「世界の艦船・亡国のイージス版」で、「はたかぜ」をモデルにした原作版の「いそかぜ」が登場予定。
また、PS2ソフト「亡国のイージス2035~ウォーシップガンナー~」もコーエーから発売予定。
原作版《いそかぜ》 精密フィギュアセット
原作版《いそかぜ》 精密フィギュアセット

[護衛艦 いそかぜ]の続きを読む
空母・艦船模型
航空母艦のプラモが少ない。
ホビーショップの在庫状況を見ると、太平洋戦争時の日本のものが大部分で、ネット上のショップでも有井製作所製の1/800のシリーズ(インディペンデンス、レンジャー、サラトガ、フォレスタル、リンカーン、ルーズベルト、ウイスコンシン、アメリカ、カールビンソン、ミッドウェイ、コンステレーション、アイゼハワー、ニミッツ、エンタープライズ)や、フジミ製の1/700のシリーズ(エンタープライズ(CVN65)、キティホーク’98(CV63)、コンステレーション(CV64))が多少あったくらい。特に戦中・戦後の米空母のラインナップの充実してほしい。スタンダートタイプとしての1/700で。
また、米イージス艦については、タイコンデロガ級(モービルベイやバンカーヒルなど)のみで、アーレイ・バーク級がない。日本海に配備されたものも、タイコンデロガ級だからいいかな。実際に、アーレイ・バーク級は写真やデータ(デアゴスティーニの「週刊WORLD WEAPON」)でしか確認しておらず、映像を見たこともないし。どちらかと言えば、米空母の方がテレビで映っていたりして身近に感じる。
「みらい」が出ていても、「ワスプ」がなく、残念。
また、現用の米空母等があれば、日米合同軍事演習のジオラマ・パターンが製作できると思う。
前にさくらやのホビー館でピットロード製のエンタープライズが1つだけあった時に買っておけばよかったと後悔。1/700モデルなので、実際の大きさは30cmぐらいだけれども、特に、船体が戦中のものよりも大きく、箱の大きさがかなり大きいので、持ち帰れずにあきらめました。

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.