有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
極上生徒会 「敵か味方かみなもちゃん」
今回も、はちゃめちゃでした。
グットタイミングで、潜入されてしまいました。連れて来たのも、りのだし。
→香曰く、「新手の侵入者か」
もちろん、みなもちゃんはそうは思っていません。自分でわがままって言ってたし、わがままはみなもチャンだから許されるなんて勝手なことを言ってました。
平田わかな先生:酒癖ワルー
カギが・・・(管理人室)
くまのピロットちゃんが・・・(副会長の部屋)
→プッチャン曰く、「リリカルな趣味」
※見ちゃいけないようにかモザイクが。もちろん単なる演出です。
帳簿が・・・(まゆらさんの部屋)
[極上生徒会 「敵か味方かみなもちゃん」]の続きを読む
スポンサーサイト
元気よく育つ
家の庭の巨峰が、結構実をつけています。
今年も秋には、たわわに実りそうです。
20050630140554s.jpg

枯れたと思っていたワイルドストロベリーも復活していました。
テレビで取り上げられて、一時期はやりました。
20050630140542s.jpg

攻殻機動隊 「左眼に気をつけろ」
今回は、サイトーの過去のお話。“彼が左目を失った経緯とは?”でした。
少佐の敵の追い込め方、手際よかったです(「本当のプロ」ですから)。
バトーの少しぼけーっとしたところや、大雑把なところは今と変わりません。
【プロローグ】
経済問題を背景とした日米安保問題の会談のため、来日したシュレーダー米国務長官。
護衛のために9課も出動。安全保障問題では、やはり依然として9条でもめていることになっています。
暇を余し、サイトー、アズマ、トグサたちは、警察車両の中で、ポーカーを。
しかし、サイトーばかりが勝っている。嫌気をさした面々はサイトーに愚痴をこぼす。
それに対し、サイトーは、「過去に命の駆け引きをやってきた。ポーカーは所詮ガキの遊び。1対1のスナイピングという心理戦をやって以来、一目見れば相手の考えていることが予測できる」と吐露する。そして、彼の過去の戦歴が明らかになる。
[攻殻機動隊 「左眼に気をつけろ」]の続きを読む
スターウォーズ ついに、フィルムコミック!?
昨日、書店で、『STAR WARSエピソードVIジェダイの帰還』を見つけました。
まさに、フィルムコミックで、シリーズごとのラインナップがあるようです。盛り上がってますね。
STAR WARSエピソードVIジェダイの帰還
ローレンス・カスダン ジョージ・ルーカス
4844320912

[スターウォーズ ついに、フィルムコミック!?]の続きを読む
「陸上自衛隊装備大全」、まだ残っていました
第弐弾ですが、地元の模型店の店頭にいっぱいありました。
他の商品を買ってしまったので(少し金欠)、とりあえず1つしか買わなかったのですが、偶然にも“90式戦車”が入っていました。ジオラマ風なのでリアルです。小さいながらも、迫力、機能美があります。この手の映画(「戦国自衛隊1549」)もやっていることだし。
20050627074036s.jpg

[「陸上自衛隊装備大全」、まだ残っていました]の続きを読む
意外と知らなかったミツカンの秘密
今週の「がっちりマンデー!!」は、お酢のミツカン200年の秘密!!でした。
長い伝統と歴史がありますね。

◆ミツカン儲けの礎①=「寿司で儲けろ!」
寿司ブーム(江戸)とスシブーム(アメリカ)
◆ミツカン儲けの礎②=「超酢作戦」(昭和42年、7代目から)
「味ぽん」(発売当初水炊き鍋用)が、当時作られました。しかし、関東では、寄せ鍋やすき焼きが主流で、「水炊き」の使い方がサッパリ分からず売れなかったそうです。
ある消費者の意見から、様々な料理の用途(主に、つけかけ料理)に使っているということから、使い方をPRしたCMでヒットしたそうです。その後、売上全体の10%を担う主力商品へ
[意外と知らなかったミツカンの秘密]の続きを読む
「戦国自衛隊1549」視聴記
先日、友人と近くのシネコンで見て来ました。
全体的に、軽めの娯楽性が高かったと思います。もちろん、映画という点は、認識しています。
でも、これが平成風な自衛隊の姿なのでしょう。

《良かった点》
①陸自の装備がそれなりに見れたこと(駆け巡る爆音と轟音)。
②車輌と軍勢の駆け巡るシーンや陸自が攻撃されるシーン(自衛官が、弓矢で射抜かれるシーンや集団で切りかかられるシーン)など、定番パターンがあったので、安心感がある(映倫公認済で迫力は落ちましたが)。
③「保健所ですが・・・」のシーン。
④鹿島の「人類の将来より店が大事」と言うシーン(現代らしい姿)。
⑤飯沼七兵衛が「平成人は生きる目的がなくなってしまった」と、鹿島に語るシーン。
⑥道三(伊武雅刀)が、コミカル(防弾チョッキと時計にわくわく)、しかも今回は善玉。
→城から落っこちても死にませんでした(アブ刑事の時のようになりませんでした)。
[「戦国自衛隊1549」視聴記]の続きを読む
機動戦士ガンダム SEED DESTINY 「アスラン脱走」
デュランダル議長は、シンにデスティニーを、アスランにレジェンドを託そうとした。
ガンダムといっても、やはり機械ものですね。人間のスピードについていけないとは。
それにしても、誰でも操作できるようにした、ドラグーン・システム搭載とは。
それにしても、ザフト、開発力ありますね。
アスラン、せめてレジェンドを頂いておけばよかったのに。

前回から議長とアスランとのわだかまり。決定的な違いがあったようです。まさに、養老先生の『バカの壁』ってやつですかね。アスランの指摘した「戦いを終わらすために戦う」という論理矛盾もあるし。これについて議長は、平和のための最終戦争的な考えを持っています。そして、議長も2極で考えていました。アークエンジェルを叩く意志については、前にブログで書いた軍の暴走的行為ではなく、議長の意志でもあったのですね。
『ホビージャパン』(8月号)の「ミネルバ通信」では、あらすじがコンパクトにまとめられています(さすが編集屋です)。
[機動戦士ガンダム SEED DESTINY 「アスラン脱走」]の続きを読む
スピードグラファー 「左手に抱かれて眠れ」
オープニング・アニメ変わっていました。いよいよ話も佳境に入ってきたって感があります。

今回のお話は、神泉さまの過去のお話でした。
座敷牢に閉じ込められている老婆の正体(豪徳寺)がわかりました。
20年前(HPでは15年前)に出会った芸能プロダクション「豪徳寺プロモーション」の社長でした。
豪徳寺は、当時の神泉に「夢のためなら悪魔に魂を売れる?」と、ある医者の下に連れて行く。その医者に神泉は、ある手術を施されることになるというのが、今回のストーリーの核となっています。 
[スピードグラファー 「左手に抱かれて眠れ」]の続きを読む
ああっ女神さまっ 「ああっ救世主は笛の音と共にっ」
いつもののどかの雰囲気とはうって変わって、前週からの続きで、緊急事態です。
巨大重力震の影響で、天上界管理システム“ユグドラシル”がシステムエラー。天上界もエライ騒ぎ。
自己防衛機能並びに地上界への転移システムに障害発生、各女神へのサポートシステム作動不能。
しょっぱなからすごいことになっています。ストーリーが、コンピュータチックさを増しています。
[ああっ女神さまっ 「ああっ救世主は笛の音と共にっ」]の続きを読む
極上生徒会 「それは雨の日に」
今回は、奏会長と奈々穂副会長が出会った、そして宮神学園ができた頃(5年前)のお話でした。少し感動編ってお話でした。
奏会長は、実家へ帰ることに(親族会議)。
屋敷の概観は、さすが大財閥だけあって、母屋が寝殿造り、離れが書院造りのようでした。
さらに、一兄の諫言には、感動しましたよ。
奈々穂さんの「今度は、私があなたを自由にする」は、よかった。
家から逃げだそうとする奏お嬢様に、「家から逃げても、神宮司家からは逃れることができない。今を変えればいい。ゆっくりと自分の場所を作ればいい」なぁーんて。
そのおかげで、一年後に学校、宮神学園が作られました。ある意味、一兄の諫言は大変なことになってしまったという感じではありますが。もちろん、その時から奏お嬢様は生徒会長。奈々穂さんは副会長。
そして、最初に二人が出会ったのも雨の日、奏お嬢様が逃げ出し、奈々穂と一緒に逃げようとしたのも雨の日でしたが、最後は晴れで締めくくれるかと思いきや・・・
極上寮に戻って、びっくり。寮が破壊されていました。そこに現れたのが、転入生の“桂みなも”です。
[極上生徒会 「それは雨の日に」]の続きを読む
攻殻機動隊 「顔」
【感想】
ストーリー全体としては、関係ありそうで、関係なさそうな接点という風に、見事に点でつなげて行きました。推理小説っぽいストーリーでないところがいい。関連性の高い登場人物が現れ、関係のなさそうな登場人物をさりげなく登場させて、なおかつパズの人物像をうまく表現していると言えます。
もう一つ分かったのは、パズは女泣かせの色男ってことでしょうか。今回の話は、“かわいさ余って憎さが百倍”ってところです。
少佐にも、「同じ女と2度寝ない主義」って、まったく、「何のスカウトだよ」ってな感じです。
未来のコスプレーヤーさん、義体化したらリアリティ追求してやるかも。こんなことを言ったら、怒られますね。
[攻殻機動隊 「顔」]の続きを読む
やはり、アニメも2極化?
深夜帯のアニメを含め、最近のアニメは複雑すぎるのかも、どちらかと言えば、やはり大人向けです。でも、大人が見ても、かなり思考回路を使わないと分かりづらい作品もあります。マニアックな側面の反作用ではありますが。キャラクターの人気投票で、勧善懲悪の分かりやすいものが受けているようです。でも、少し分かるような気がします。TAFでも、アンパンマンいたし。

関連ニュース:
「アンパンマンがトップ 4年連続、バンダイ調べ」
クール・ビズ
島耕作のクール・ビズ、見つけました。
モーニングNO.29(6/30)の「常務 島耕作」巻頭カラーです。ただいま、北京から向かっている最中です。広兼氏、環境問題よく調べてあります。勉強になります。
次号は、いよいよ「愛・地球博」の会場でしょう。
20050622230257s.jpg

[クール・ビズ]の続きを読む
元素周期表ポスター・ダウンロード(PDF)
なかなかの圧巻です。カラープリンターで印刷するときれいです。
20050623155548s.jpg


トップページ:第46回科学技術週間


元素周期表第2版(肖像付):4.02MB
http://stw.mext.go.jp/data/shuuki2_photo.pdf

元素周期表第2版(肖像なし):3.92MB
http://stw.mext.go.jp/data/shuuki2_nophoto.pdf
超儲かり勝ち組IT企業!?
今週の「がっちりマンデー!!」は、サイバーエージェントの藤田晋社長の登場です。
USENの宇野社長や楽天の三木谷社長(社外取締役兼務)やライブドアの堀江社長と親交があって、一昔前に盛んに言われた、“ビットバレー”的なつながりですねと思います。
システム設計で困っていた時に、「そんなの簡単ですよ」と長髪をなびかせて、さっそうと現れた堀江氏のエピソードには笑っちゃいました。
ですが、幾分落ち着きのないライブドアと違って、事業展開や人材育成などに対して、じっくりと構えるという企業運営や風土では、楽天の三木谷流の影響がありますね。
また、スケッチブックを使ったミーティングは、内容の整理や書いているうちに何か生まれてくるといった納得する面もあり、意外なコミュニケーション・ツールとしてなかなか使えそうです。サラリーマン時代のコミュニケーション能力が役立ったと言うだけあって個性的で、さすが営業畑の人って感じです。 
[超儲かり勝ち組IT企業!?]の続きを読む
ガンダムSEED DESTINY 「混沌の先に」
◆勝ち誇って、仇と罵倒したシンを、一度はためらったものも、やはり殴ってしまいました。
でも、「殴りましたね・・・」ってな、フレーズはなし。
代わりに、レイが、ザフトとしてのアイデンティティを主張していました(日本で言えば、立派なサラリーマンってところでしょうか)。
色々思うところはあるだろうが、“一軍人が分を超えて、考えてはいけないんだ”ということが、言葉に滲んでいました。
◆フェイス組(グラディス、アスラン)だけが深妙な面持ちでした。
◆グラディス:「剣を取らせるには大儀が必要」。この戦争における大儀っていったい何ってお悩み気味→「歪んだ戦争システム」の修正になるの?
◆デュランダル議長:新型モビルスーツを用意して誇らしげでした。
なぜか少しづつ変わってきているようです。「この艦はかつてのアークエンジェルのようになって欲しい」と言っていた、そして純粋に平和を崇高な理念に燃えていた頃の議長ではないのって感じました。大衆の恐ろしさ(半ば暴徒化)を感じながらも、これでは単に憎しみを増大させただけです。情報伝達の劣化効果(ブルウィップ効果)で誤解が生じています。これじゃ、まるでこの期に乗じて、地球連邦を叩いてしましそうな勢いです。
◆シン:子供が新しいおもちゃを与えられたように、わくわくしていました。これじゃ、まるでステラと同じじゃん。
◆アスラン:握手をためらいました。議長に不信感を抱いています。ザフトも同じだって感じです。かつて父のパトリック・ザラが推し進めた方向(積極的な軍事介入)に進むのかって。
次回へづづくです(アスラン脱走)。
ザフトの中にも、隠れロゴス(ロゴスの手先・スパイ)でもいるのか。最後にドンデン返しでも?
◆カガリの「大変なことになる」は見事に伏線です。
◆キラは無事だったものの(今回は大丈夫)、キラにとって、フリーダムは、平和のための抑止の象徴ですね。感慨深いものがありました。
前話の予告で、そろそろ、エターナル、沈黙を破って久々の登場って感じで、出てくると思っていたのに。前作のアークエンジェルやエターナルのように、ミネルバもいいかげん国や軍のしがらみからドロップアウトしないと(予想)。


[ガンダムSEED DESTINY 「混沌の先に」]の続きを読む
少し気が早いですが
コミックマーケット68は、8月12日(金)~14日(日)に、いつもの東京ビックサイトみたいです。詳細情報は、まだ出ていません。気になったので、調べてみました。
公式ホームページ:「コミックマーケット」「東京ビックサイト」
[少し気が早いですが]の続きを読む
スピードグラファー 「ハハキトク スグカエレ」
神楽ちゃん、とうとう捕まっちゃいました。
というか、ストーリー的には、善玉が一旦負けるという踊り場を作らなければといった感じでしょうか。
水天宮の謀略、着々と進んでいますね。海へ突っ込む=「興奮させて、恋愛感情を喚起する」という心理テクニックを使いました。神泉さまと結婚っていう手ですかぁ。先週のストーリーで水天宮の手術のフラッシュバックがありましたが、彼の過去が気になります。
また、最後に出てきた蜘蛛を背負ったユーフォーリア、どうストーリーに絡んでくるのでしょう。
雑賀さん、早く復活しないと、やばいですよ。銀座さんじゃダメでした。これは違う意味でしょ。
今後の逆襲に期待。
[スピードグラファー 「ハハキトク スグカエレ」]の続きを読む
ああっ女神さまっ 「ああっ悪魔のささやきは壺と共にっ?」
呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーンという独特の声(大平透)とともに、記憶がよみがえります。「マオウ・ザ・ハクションの壷」って、まさにあの壷じゃん。ハクション大魔王が出てくるかと思いました。ついでに、アクビちゃんも(笑)
偶然バイクで通りかかった恵、ウルドに引っ張りまわされていました。
「免停」、「免許」のフレーズに、ウルドは我慢の限界でした。おかげで“恐怖の大王”に!?これも、以前のオカルトブーム(ノストラダムスの大予言)の影響ですね。まあ長い歴史がありますからね。
マーラーにうまいようにそそのかされて、恐怖の大王になったウルドはメカに乗って、他力本願寺に登場、強すぎます。でも、踏んだり蹴ったりのばんぺいくん、さすがに頑丈です。スクルドは、いつの間にか、またまたへんな機械を螢一のバイク作っているし。螢一がマーラーに拉致されちゃって、To be continuedのお話でした。
どうなる螢一、どうするベルダンディ、そしてウルドー。
[ああっ女神さまっ 「ああっ悪魔のささやきは壺と共にっ?」]の続きを読む
デジタル機器(地上波デジタル・DVD規格競争など)について
国民の関心が非常に低いことが実際に調査でも分かりました。知っていたとしても、それから受ける恩恵が低く受け止められ、「放送技術より中身で勝負でしょ」って感じです。アナログのままでも十分いけます。技術革新の例で言えば、白黒テレビからカラーテレビへの変化ほど衝撃はないし。さらに別の例では、PSからPS2に変わったときも、はっきり言って、従来と同じような内容で、もちろんコンテンツ向上の要素の一つではありますが、単に画像がきれいだけとか、微々たる変化で喜んでいることでは、向上した機器能力を十分に使っているようには思えません。それを国策としてやろうとしているのには、疑問があります。
関連ニュース:「<アナログTV放送>11年の終了承知は1割未満 総務省」(Yahoo!ニュース) 
[デジタル機器(地上波デジタル・DVD規格競争など)について]の続きを読む
極上生徒会 「ウイニング・ファイブ」
宮神学園フットサル部が全員夏風邪に。
対戦相手は、宮神学園に何かにつけて対抗意識を燃やす絢爛学園
たたが、練習試合なのに・・・双方とも気合入ってます。
緊急事態ということで、ミーティングに。
そこへ、絢爛学園生徒会会長、竜王院令華会長、副会長、書記様ご一行が登場。(略して、“絢爛生徒会”、嫌味なくらい連呼してました)
絢爛生徒会曰く・・・
「不戦勝ということで」→「尻尾を巻いて逃げたということで」→「チキンガールズ」
→そして最大最高の禁句、「極上生徒会会長神宮司奏は、高慢ちきで鼻持ちならない女ということで」
誹謗中傷がエスカレート、ついに言ってしまったー(個人攻撃はいってるし)
奏会長、怒ってる、切れてる、壊れてるー。口元がアップ。こわー。
いつもは穏やかな会長、まるで、スイッチが入れ替わったようでした。
静かなるドン、新鮮組3代目総長近藤静也って感じ。
[極上生徒会 「ウイニング・ファイブ」]の続きを読む
攻殻機動隊 「名も無き者へ」
【感想】
「インディビジュアル・イレブン」のファイルについて、分かりづらい部分がありました。
→ダウンロードしたら、インストールするのでは?
すぐに、モザイク入れるというコネタがあるのでは?
→ライブだからモザイク処理が追いつかなかったということで了承。
今回は話の展開、特に時間ごとの推移がスピーディーでした。
最後のシーンは、三島由紀夫の割腹事件(参考:12)を想像させるような、いわば劇中内で衝撃を与えるようなシーンでした。

把握できたストーリーは以下のとおりです。大くくりでは理解できるのですが、ストーリーの複雑さ(隠れている部分も含め)と、特有の設定や専門性の高さ(例えば、社会構造システムの設定や、登場する科学技術やコンピュータ系の用語)などによって、いまいち詳細部が把握できているとは言えません。違っていたら、すいません。でも、この感覚が大いに魅力です。
[攻殻機動隊 「名も無き者へ」]の続きを読む
意外に効果的-自転車用傘ホルダー
自転車で移動することが多くて、季節的にも雨対策というより、傘の管理に苦慮していました。持ち歩くのも邪魔だし、結構ちょっと置いておいただけでも、傘は盗まれてしまいます。
ところが、自転車に、カギ付きの傘ホルダー付けたところ、全然盗まれません。素人目に見ても、造りがきゃしゃなので、“壊してすぐ取れるじゃないか”と思いますが、そんなことは全然ありませんでした。自転車は、駅の有料の自転車置き場に置きましたが、その自転車置き場は、監視員が常にいるわけではなく、ほとんど誰もいないのと同じです。普通に考えれば、“泥棒さん、持っていってください”状態です。まあ、でも油断は禁物ですし、運がいいとも言えますが。考えてみれば、泥棒の心理として、手間の掛かるようなことは、好まない心理をついています。意外と単純な発想!?
カギはといっても、ダイヤル式のロックで、自分で簡単に番号設定ができます。
結構、一押しの便利商品です。


除湿機の活躍する季節
暑くなってきたので、コンビニクーラー付きの除湿機を出しました。プラズマクラスターイオン(除菌イオン)機能が付いていて、空気中の雑菌も退治してくれます。また、このイオンは、鳥インフルエンザウイルスを退治するというニュース(Yahoo!ニュース)もありました。
色は、ホワイト、スカイブルー、イエローの3種類がありますが、涼しそうなスカイブルーにしました。意外とコンパクト設計で、キャスターも付いているので、使いたい場所に簡単に持っていけます。
普通のクーラーもいいのですが、冷えすぎず、除湿するだけでも、快適さが全然違います。

さらに改良された新製品は、レッドとホワイト。大きなオートルーバーを搭載してます。


現代の巨大軍需産業
ガンダムSEEDに登場したロゴスに関連し、“軍需産業複合体”という存在について、調べてみました。
ちょうど、『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』(公式ページ現在準備中、6月15日からリニューアル)の2005年4月号に「2000億ドルのポテンシャル アメリカ軍という巨大市場」というのがありました。 
アイゼンハワー大統領以来の「軍産複合体制」における巨大軍需企業の独占からアウトソーシングや民間委託(日本人の傭兵殺害事件で有名になりました)などの新規参入の進行について論じてあります。
ちなみに、筆者はボストンコンサルティング(BCG)のマーロン・アプガー4世(王様みたいな名前)氏と、元将校のジョン・M・キーン氏です。もちろん、両者とも国防総省(ペンタゴン)出身です。
[現代の巨大軍需産業]の続きを読む
上半期ヒット商品
儲かったわけ①:シンプルの追求
◇ツーカーS、大ヒットだそうです。
1億だった経常利益が、2005年には152億円!!
社長なのに、「君たちが欲しくない携帯を作れ」とは!!
年配の人たちに、長押しの概念がなかったなんて!!
スイッチのヒントは、コタツのスイッチ。
儲かったわけ②:大逆転の発想(タブーの打破)
化粧品に年齢を入れるのは、タブーだったそうです。
カネボウさんやっちゃいました。
お客さんの突っ込み(クレーム)最高。
●キャップの色:ピンク(←若い人が、考えたおばさん色!)
→深みのある赤に変えました。
●“才”の字が小さい(←遠慮しているのか!)
→改善:でかくしました。
儲かったわけ③:パパママを狙う
◇キャノンのEOS Kissは、あまり印象深くなかった。だって、一眼レフデジカメの象徴的存在だから。
◇トミーの1000円ラジコンは、やり方がうまく逆手にとってヒット。
お父さんの懐具合:こづかい安い
創作の喜び:オプションパーツの充実も
欠乏欲求:昔ラジコン高くて買ってもらえなかった
→ある意味大人買いの要素
[上半期ヒット商品]の続きを読む
みりんの科学
本日の目がテン!は“みりん”でした。
言われてみると、焼き魚のテリぐらいは分かりましたが、「みりんってどうして入れるのか」分かりませんでした。
理科の実験で、みりんを分解しましたが、その時は、成分がアルコールと水と糖分くらいしか、説明されませんでした。
意外や意外、アルコールと糖分に秘密があったのです。そして、それら成分の合わせワザにあったのです。
アルコールの役割で登場したのが、肉じゃが。
アルコールが、ジャガイモに含まれる、ペクチンがくずれるのを防ぐことで、煮くずれを防いでいたのですね(日本料理では“角がたつ”のがいいそうです)。
そして、次に登場したのが、うどんのつゆでした。
みりんは、煮干の出汁の臭みを消す効果があったのです。
そして、テリとツヤは、やはり、表面に膜を作る保水効果で光っていたのでした。
料亭の料理長の「見て楽しんで、舌で味わう」は、まさに名言。
また、糖分には、9種類の糖が含まれていて、1g20万円や90万円のものもあったのには、びっくり。
[みりんの科学]の続きを読む
ガンダムSEED DESTINY 「悪夢」
今回は、「構造編」と「ストーリー編」の2段構成で書いてみようと思います。
【構造編】:なにせ軍需複合体ですから!話の構造も複雑になってきています。
1、ロゴスの存在が、社会の隅々まで浸透している。もちろん軍は当然含まれる→伏線なのか?
2、艦隊司令部のアークエンジェル撃沈命令!?発令
①軍の暴走?
②ロゴスの陰謀?
③硬直化した軍隊は判断不能?
(→指令隊長の独断、手柄をあせったのか、フォース(グラディス)への嫉妬)
→2極側面で判断(3極構造は判断できない)
→ロゴスに毒された地球連邦=敵
→オーブ=地球連邦の同盟国
→オーブの庇護下のアークエンジェル=すなわち敵
3、多重構造のストーリー展開
◆地球連邦とザフトの戦いの中にロゴスが存在する三つ巴の状況
最高評議会(デュランダル)とザフト軍の視点の違い(国内の思惑)
◆ミネルバ(グラディス)対アークエンジェル(ラミアス)
:艦の戦いであると同時に有能な女性艦長同士の駆け引きが魅力
:ミネルバとアークエンジェルが戦うことに意味がないと双方が認識
◆シン(ステラの恨み)対キラとアスランの立場

ともあれ、いろんな構造が錯綜して、分からなくなりつつあります。でも、ここ数話にかけて、情け容赦のない殺戮の描写が、多い気がします(鬱)
[ガンダムSEED DESTINY 「悪夢」]の続きを読む
無意味な行動
「外国アニメの放映制限へ 中国」(Yahoo!ニュース)
少し前に、HPやブログの登録制のニュース(「中国、Webサイトとブログを登録制に」)もありましたが、どう考えても不可能です。
アグレッシブな中国人は、どうにかして突破しようとしますよ。
中国は、日本を嫌っている側面と好んでいる側面が同居している側面(いわゆる建前と本音)などもあるため、このような事をします。良識のある中国人の方はこの辺を冷静に把握しています。
現在、アニメや“萌え”文化は、世界共通の文化体系として広がっていると思います。アニメイベントをはじめ、アニメショップやホビーショップでも、外国の方をよく見かけます。それは、社会体制や言語を超えた意識が存在するからと言えます。
そして、好きなものは好きだからといった感覚で、ある種本能的な欲求や快楽の意味があるので、統制しようがありません。
別な言葉を使えば、“グローバリゼーション”といったところでしょうか。
しかしながら、中国自身がどれほどの効果あるか把握しているかどうか分かりませんが。

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。