FC2ブログ
有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
攻殻機動隊 「草迷宮」
「いきなり重力に逆らってるよー!!」から始まりました(ハリウッドが真似したような)。
欠員補充の試験中に、少佐をロスト!と、ここまでは良かったのですが
最初はまかれただけと思っていたバックアップのバトーとトグサ
バトーは、「かなりレベル低いな」とトグサに強がりを。
しかし、双方ともアクセス不能。
「何が起こったんだ」とバトーとトグサ。
一方、少佐も少し混乱。迷い込んだ先は、いかにも作られたような感じの少し中国風、時代的には昭和初期のような世界。
ゴールと思われる古物店「牢記物店」へ。
店主のようなものと語る老婆が現れるここは、他人の記憶や思い出を預かる店でした。
男女2つの義体に興味を持つが、老婆に時間がないとのことで、結局帰ることに。
バトーは「いきなり消えるなってなしたぜ」と。
少佐は、オフの日に再び試験のコースへ。
バトーは少佐を追跡、見事にまかれてしまいました。「この間の強がりはどうした?」って感じに持っていきました。
少佐は、前回に見た2つの義体の物語を老婆から聞くことになる。
老婆の語るストーリーは飛行機事故から始まるヒューマンなストーリーでした。
キーワードは、病院名物、折り紙の鶴です。
全体としての展開は、一呼吸置かせるとともに、もちろん過去のストーリーを挟むことで少佐の過去を暗示させる内容でした。
そして、もちろん候補生たちは再試験決定!!
スポンサーサイト



エーデルローゼの感想
ついに開封しました。
マスト・アイテムの名にふさわしい豪華本です。
真っ赤な表紙に“Rozen Maiden”の金文字が鮮やかに浮び上がる装丁。真紅のベルベット調のドレスのようです。サイトでの写真とは全然違います。「もっときちんと写真を撮れ」って感じです。
ポスターやテレカ・CDなどのグッズで見覚えのあるイラストが出迎えてくれます。和みますね。
各ストーリーの紹介(見開きでまとめられています)だけでなく、見どころポイントも紹介されていて、思わず納得。彼女たちの声が聞こえてきそうです。
何と言っても、アニメでは絶対に見られなかった水銀燈の寝姿(かばんの中で眠った状態)が見られます。そもそも、「どこで眠っていたの?」ですけれど。他のドールズたちもなんだか穏やかそうな寝顔。
ジュンや巴の家の間取りが分かります。部屋ごとにストーリーが思い浮かびます。巴の家は、アニメでは家の概観と巴の部屋だけだったので。
nのフィールドもシーンごとにきれいに描かれています。あらためてみると、確かにそうだったと思います。
くんくん探偵は、くんくんとネコ警部の設定資料がありますが、ペロリーナ男爵が・・・?それと、ストーリー編成が分かれば良かったのですが。
少しよくばりですが、こぼれネタというか、他に想定していた追加設定もあればいいなとも思いました。
などなど
とはいえ、“百聞は一見にしかず”ですかね。

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.