FC2ブログ
有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
機動戦士ガンダム SEED DESTINY 「アスラン脱走」
デュランダル議長は、シンにデスティニーを、アスランにレジェンドを託そうとした。
ガンダムといっても、やはり機械ものですね。人間のスピードについていけないとは。
それにしても、誰でも操作できるようにした、ドラグーン・システム搭載とは。
それにしても、ザフト、開発力ありますね。
アスラン、せめてレジェンドを頂いておけばよかったのに。

前回から議長とアスランとのわだかまり。決定的な違いがあったようです。まさに、養老先生の『バカの壁』ってやつですかね。アスランの指摘した「戦いを終わらすために戦う」という論理矛盾もあるし。これについて議長は、平和のための最終戦争的な考えを持っています。そして、議長も2極で考えていました。アークエンジェルを叩く意志については、前にブログで書いた軍の暴走的行為ではなく、議長の意志でもあったのですね。
『ホビージャパン』(8月号)の「ミネルバ通信」では、あらすじがコンパクトにまとめられています(さすが編集屋です)。
[機動戦士ガンダム SEED DESTINY 「アスラン脱走」]の続きを読む
スポンサーサイト



スピードグラファー 「左手に抱かれて眠れ」
オープニング・アニメ変わっていました。いよいよ話も佳境に入ってきたって感があります。

今回のお話は、神泉さまの過去のお話でした。
座敷牢に閉じ込められている老婆の正体(豪徳寺)がわかりました。
20年前(HPでは15年前)に出会った芸能プロダクション「豪徳寺プロモーション」の社長でした。
豪徳寺は、当時の神泉に「夢のためなら悪魔に魂を売れる?」と、ある医者の下に連れて行く。その医者に神泉は、ある手術を施されることになるというのが、今回のストーリーの核となっています。 
[スピードグラファー 「左手に抱かれて眠れ」]の続きを読む

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.