FC2ブログ
有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
ガンダムSEED DESTINY 「黄金の意志」
まさに、象徴の具現化でした。
オーブの面々総出演。
とうとう、ラクスの予想通り。議長の筋書き通りの展開。とうとうやってきました。さらに、オーブの宗主国にでもなって、技術力でも手に入れるつもりでしょうか。
カガリの「そうしてくて、そうなならい」の言葉を印象づけたストーリーです。
ケチをつければ、モビルスーツ的には、もうネタ切れ?でしょうか。
新型モビルスーツ、まさに黄金の意志を受け継ぐ、希望の星!?でしょうか?
ある意味、C.E.のジャンヌ・ダルク的活躍です。
珍しい人たちが、久しぶりに出てきたので、最近見かけないイザーク君あたりもそろそろ・・・
ガガリのフィードバックのシーンがありましたが、それにしても、4クール目、振り返ってみると長いですね。

【ストーリー】
◆ザフト軍 ジブラルタル基地
シンは、キラとの対決、そしてアスランとメイリンの逃亡の悪夢にうなされている。シンは、未だアスランの言動が気に係り、混乱している。
シンの姿にレイは、はっぱをかける。
「彼らは裏切ったんだ。仕方がない。やさし過ぎる、お前は。それは弱さだ。それでは、何も守れない」

◆英雄創出
シンは、ヘブンズベース戦の功績を称えて、ネビラ勲章を与えられる。
そして、レイと共に、フェースに。
議長:「これは、我々が、君たちの力を頼みとしていることの証だ。どうか、それを、誇りとし、今の瞬間を裏切ることなく、今後その力を尽くして欲しいと思ってね」
戸惑うシン。レイは何の戸惑いもなく、「光栄です。ベストを尽くします」と。
→別物と思いますが、モビルスーツを与えられようとした時に、アスランがためらったシーンを思い出します。
[ガンダムSEED DESTINY 「黄金の意志」]の続きを読む
スポンサーサイト



copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.