FC2ブログ
有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
ガンダムSEED DESTINY 「反撃の声」
ジブリールの逃亡、ストーリー的にもうまくすり抜けた感じがあります。
キラ、1対2で互角とは、さすが歴戦の雄といった感じです。
アスランの声は、今回も不発でしたが、徐々にシンに影響を与えていってます。
気迫だけで、何とか乗り切りました。
ウナトは前回死亡、そして、わがままユウナにも天罰が下りました。
グラディス艦長、うまく撤退にこぎつけました。議長はしぶしぶ納得した感がありますが。
議長のメディア戦略、やってくれたなと思いましたが、本物が出てきて、議長の思惑は不発?
ヘブンズベース戦まではうまくいった、ザフト軍も、そしてプラントも、劣勢になっちゃいました。その意味でも、オーブは強い国といったところ(単にラッキーなだけ?)でしょうか?

【ストーリー】
◆アスラン・ザラ、ジャスティス、出る!
ラクス:「・・・そして、あなたは、確かに戦士なのかもしれません。アスランでしょ」
・・・・・
アスラン:「俺は・・・」
・・・・・
マードック:「おい、コラー!!」
メイリン:「アスランさん」
・・・・・
マードック:「艦長、ザフトのボーズが、モビルスーツに」
ラミアス:「出撃!? あの体で! そんなの無茶よ。やめさせて!」
ラクス、CICに・・・
ラクス:「艦長、どうか彼の思う通りに」
・・・・・
アスラン:「アスラン・ザラ、ジャスティス、出る!
[ガンダムSEED DESTINY 「反撃の声」]の続きを読む
スポンサーサイト



copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.