FC2ブログ
有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
ガンダムSEED DESTINY〔終〕 「最後の力」
【感想】
議長の言うようにオーブ(もちろん、アークエンジェル・エターナル含む)は強すぎます。
また、スポーツならいざしらず、ホームで戦うのは被害が大きすぎますね。やっぱり戦うならアウェイで戦わなくては。ファーストガンダム以来の、地球から宇宙へという主戦場の移行は、変わりませんね。
三度交えた、アークエンジェルVSミネルバ戦闘シーンは、最終回ということもあって、迫力十分、圧巻でした。大奮発!!
フリーダムとジャスティス、ミーティアのナイフで、バームクーヘン(ステーションワン)を見事に切ってくれました。
アカツキ大活躍でした。タンホイザーをはね返すなんて!! 
ラミアス艦長、失禁か!!(笑)
しかも、バリアで艦船をカバーできるとは驚き。やるじゃん、アカツキ。ただ、ツッコミとしては、爆発のすごさだけでなく、かなりの衝撃なので機体がすっとばされるのでは?
イザーク・ディアッカの行為は、軍規違反・裏切り行為になるのでは? どさくさに紛れて可ということでしょうか。
そして、レイの豹変ぶりが、早すぎるかも。でも、彼自身も色々悩んでいて、無理に議長を信じ込もうとしていたと憶測すれば可能かも。それにしても、レイって覚醒ってしないですね。
レイに撃たれた議長、善人者っぽくならなかったのは良かったです。よく死に際に今までの自分のしたことを悔いるなんてのがあったりするのですが、そんなのがなくて。もっとも、双方の争点の差異としては、どちらの理想も相対的問題で、絶対悪的位置づけではないので。
[ガンダムSEED DESTINY〔終〕 「最後の力」]の続きを読む
スポンサーサイト



copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.