有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ローゼンメイデン格闘ゲーム 発見!!
まさに、愛のなせるワザです。製作者(管理人)さんに感謝!!(泣)
ドゥエルヴァルツァ発売前だっていうのに、遊び心も満載の本格的な造り。
ほんと、凄すぎます!!
“アリスゲーム”体験できます。
勝手ながら、広告させていただきます。
全てのローゼンファンのために!!
さて、その名は・・・・
「RozenMaidenBattleRoyal~DearMyKunKun~」
URL:http://nori200575.hp.infoseek.co.jp/
無料でダウンロードできます。
私のPC(ウインドウズXP)では、ちゃんと動いています♪
ネットを介した通信対戦なんて機能もあったらいいかも。
[ローゼンメイデン格闘ゲーム 発見!!]の続きを読む
スポンサーサイト
東京国際アニメフェア2006 探訪記
◆一日目(25日)
毎度ながら、朝駆けです。

【余談】
切符を買う際にJRの陰謀を思い知らされました。
前に鉄道の詳しい友人が、JR東日本はりんかい線を欲しがっているといってましたが。
今回のダイヤ改正でやり口が判明しました。
東京自由切符廃止→都区内りんかいフリーきっぷ新設(私の場合は運賃約200円アップ)
りんかい線使わない場合、丸損です(怒)
しかも、ポスターでお台場へとうたいながら、浜松町→東京モノレール(天王洲アイル)→りんかい線って!? 東京より北側の人たちは使いませんよ!!
普通、浜松町より前の新橋から直通、ゆりかもめでしょ!! 先を急ぐなら当然です。

さて会場へ。
20060411102550.jpg

これが不運の始まりの伏線であったのかというのは別ですが。
現着は7:30頃、やけに短そうだなぁと思いながら列に並びました。
覚悟はしてましたが、
案の定、整理券はダメでした。
会場に入れたのが、確か10:15頃。
配布終了の声と、ほぼ同時に終了告知を指示コールが鳴り響く!!
ブース前で一斉に配布終了の声が・・・
ある意味、殺気立ってました。
前回(ワンフェスにて)、整理券を使わずにご苦労されてましたから。
やっぱりなぁと、分かっていてもガックリ。無力感が・・・

しかし、食って掛かったりは決してしませんが、マニア心とは恐ろしいもので。見えてくるのは仕方がないという掟破りの方法に作戦変更。ファンの風上にも置けないと、袋叩きに合うかもしれませんが(怖)
ポイントとしては、双眼鏡(+集音器;そこまでは(汗))の必要性を感じましたというところでしょうか。

とりあえず、別の目的地、プロダクションI.Gブースへ。
特別限定版を自分のものと頼まれ分2冊。意外にも、店頭・ホビージャパン通販では既に完売のフィギュア付きのタチコマファイルが数冊ありました。

そして、いつものごとく回遊へと。初日で慣れていないのかもしれませんが、他のイベントのような怒涛のパンフ攻撃(うれしくもありますが)にはあわず、意外と静かでした。会場の見取りを確かめるように、そして面白いものが他にないか物色しながら散策してました。実際どれくらいの入場者数かまでは定かではありませんが、初日は前回2005の時よりも少し閑散とした雰囲気でした。

それにしても、目的が早く済んでしまうのも問題です。全然時間が進みません。結構色々なところへ歩き回りましたが、まだ午前中!?でした。
おなかが空いてきてもいて、仕方がないので、昼食。他の予定もありましたが、例の作戦のために会場をあとにするわけには行きませんでした。

そして、ようやく迎えた15:00。ポイントは、遠距離からの狙撃って感じです。期待以上に見えて、それでも十分楽しめました。正面の休憩所方面からは全体の雰囲気。側面ではモニターと会話内容を確認できましたし、アニプレックスの2階からは、ばっちり本物を確認できました。しかし、近くではないので内容は途切れ途切れで、はっきり言って半分以上は分かりません。かわいそうに思ったのは、スタンディングイベントのため、せっかく整理券をもらっても、後ろの方の人は二人の姿がよく見えませんね。幸いいつものように薄型モニターも側面に、それも2台ありましたし。遠くからも結構見えます。見えてしまうのは、仕方がないということで(後生です、許してください)。しかも、いくら作戦とはいえ、無理矢理に接近して通路をふさぐような行き過ぎた行動は決してしませんでした。それにしても、スタッフさんたちの鋭い目つきが怖かったぁ。

そんなこんなで、ようやく掴んだ内容は・・・
オープニングが流れる。
二人が出てきて、歓声!! みんな手を挙げている。
多分、二人からローゼンに出演しての総評的な感想。
人気のシーンをそれぞれスポットで流し、その時の状況や感想。掃除機のシーンと階段のシーン(注目の各5話?)についてのことなどを話してました。
最後に商品情報と特別編の紹介(内容についての詳細告知なしで不明、おそらくはTBSアニメフェスタ2006まで引っ張る可能性が無きにしもあらずですが)
TBSアニメフェスタ2006HPは、3月末開設予定!
あと、コミケのときのような景品はなかったようです。
終了。

あの憎っくき切符を使って、りんかい線→東京モノレール→浜松町経由で、秋葉原へ。
アクセスの悪さを実感しました。
カバンのキャパ限界のため、帰途につきました。
[東京国際アニメフェア2006 探訪記]の続きを読む
SoltyRei 「真実の刻」
すっかり取り残され気味orz
ストーリーに置いてけ堀喰らってます。

地下都市の存在は、この惑星の歴史から抹消されていた。
カーシャ(お嬢ちゃん!?):「知らないよ。習ってないもん」
しかも、そのベースになったものは乗ってきた宇宙船!? どっかのアニメか映画で見たような・・・
しかも、アシュレイはかなりの年齢!?

エウノミア≒デカトンケイル
ローズが、少佐に見えましたよ。
ハッキング!?
攻性防壁ー!!(爆)
義体リゼンブル市民を使って反撃!!

こっちもー!!
全身機械の体を持つ少女≒機龍(爆)
テレ東の陰謀です。シネ・ラ・バンバ、当ててきやがったー!!(笑)
五十嵐総理(中尾彬):「能書きはいいんだよ」とはならず。
東京タワー&国会議事堂、見事に破壊!!
お台場(フジ)を横目に素通り。
「事件は台場で起きてるんじゃない!」
品川埠頭→赤坂(テレ朝)→国会議事堂
東京タワー&国会議事堂、見事に破壊!!
これも、あるある意味
「真実の刻」かー!?

あの未確認飛行物体は・・・
モスラ(成虫)!?
ものすごい火力装備の飛行物体を見ると、ラピュタを思い出しますね。
神の雷!? ソドムとゴモラ!?


また、最終回にかけてバタバタ!!!!
3話連続!!!!
ふざけすぎです!(笑)
ちなみに、前回のスピードグラファーは最終2回連チャンでしたし。
深夜放送アニメの悲しいサガです(泣)
これから憎っくきペナントレースも始まるので、さらにめちゃくちゃになる可能性がorz

かしまし 「その瞳から消えたもの」
とうとう、やす菜は男女の区別なく見えなくなってしまい、回復の兆しがないわけですが・・・
宇宙仁の「他者に対する関心(意識・興味)が薄れたため、識別不可能になる」の言葉に引っかかったのが、“個人情報保護法”。一見すると、全く別の話のように思えるが、似ているように思えて仕方がない。
人間が同じ種として他者を認識するのは、直接的な判別は視覚においてするわけだが、間接的問題として個を識別するためには、個人情報の蓄積(媒体)が必要になる。それによって、間違いなく本人であると確定するため。戸籍から始まり、運転免許証、パスポートなど個人を証明する媒体の存在は、現在の情報化社会においては必要不可欠なものになっている。
しかし、ここにおいて重大な法律が成立した。先ほども挙げた“個人情報保護法”だ。
この法律は、内向きに規定されているように感じる。すなわち、その名の通り“いかに守るか”。さて、個人情報なるものが完全にガードできるものであろうか。答えはもちろん、“ノー”。ことに生まれて、戸籍に乗った時点から常に漏洩の危機に晒されている。従来、テレビや新聞などのメディアで、公然と新生児の名前やお悔やみとしての名前が列挙されていた。また、学校などでは連絡網や名簿の是非が問題になっている。これについては本当に皮肉。ニュースで連絡網作成のアンケートをとった学校があったが、親によっては住所も(連絡先の)電話番号も要らないと答えている。さて、この親の子供が事故などになった場合、どうするのでしょうか。余談だが、個人情報に敏感な日本人ほど、意外と自身で守ることに疎かったりもしますし。
確かに、個人情報を勝手に利用されてトラブルに巻き込まれたり、DMだらけになったりするのは良くないが、漏れているのだからいたしかたない面もある。生きるためには、個人情報を利用しなければならないですから。
そもそも、法律における個人情報の保護に関するとらえ方が間違っていると思う。守るという意味が、漏れないようにするということにとらわれすぎていると思うし、その限界性と弊害を無視している。アンケートの話に戻ると、個々のつながりがさらに希薄になる可能性も危惧されていた。社会生活を営む人間が、社会との関係性を断ち切れますか。かしまし的に言えば、みんな見えなくなってしまうということである。
私としては、重視すべき視点が違うように思える。つまり、トラブルを起させる元である個人情報を守るというより、それを使って問題を起した者や法人などの処罰を強化し厳罰に処すべきだと思う。
すっかり、話が別の方向に逸れてしまいました。
それにしても、今回の話は久しぶりに重かったぁ。
そして、久しぶり&遅いですねorz
ガラスの仮面
残すところあと一回。
最終回を前に感想を・・・
最初からちゃんと見ていればよかったと、後悔しまくりです。
飛び飛びでは見ていましたが、「狼少女ジェーン」の回からは続けて見ていました。
CMスポット“少女たちのバイブル”は、決して言い過ぎではありませんね。
「単なる古臭い作品だろう、興味なし」と思ってましたが、全然違っていた!!
ほんと濃く深い内容です。ものすごさに感動の涙が出てきます。電気が走りまくりで、演技力に恐ろしさをも感じました。
もちろん、演出や画像効果もあると思いますが、これほどの演技ができる女優って、正直、日本にいるのでしょうか?
失礼かも知れませんが、ドラマなど見ていると小手先の演技なのでは?などと、かえって興ざめに感じてしまいます。
次々とやってくる困難、突拍子もない課題、葛藤、登場人物たちの思惑などを乗り越えて成長するマヤ。
最終選考に残ったマヤと亜弓。互いの誤解なども明らかになって、本当の意味のライバルになった感じです。
演技の天才といった意識すらないマヤ、華やか演技力もあるが本当は一人ぼっちだった亜弓。
確かに最終のオチ(紅天女)はおそらく・・・でしょう。予想と違ってたりして。
べた褒めに批判もあるかもしれませんが、少なくとも物語のプロセスに関しては、間違いなく素晴らしいものがありますし、ひたすら感動するばかりです。
ますますヒートアップ!!
◆ユージン
「SRDX 金糸雀」の情報が、ついにHP(SRDX窓)でアップされました。
発売日:6月発売予定、定価:2835円、大きさ:約13cm
画像は出てませんが、おそらく前作同様、八海(83℃)さんの作でしょう。ワンフェスや八海さんのHP(83℃ HP)・ブログ(日記っぽい)で確認された方は既にご存知だと思いますが(汗)
※しかも、ブログの方には、くんくんがー!!

◆とらのあな
「PalmCharacters ローゼンメイデントロイメント」(BOX;6月25日発売予定)
楽天市場あみあみキャラアニ(5月29日まで)、アマゾンアニメイトなどで予約受付中!!
デフォルメフィギュアでも、キャラアニ製のものとは少し違った趣があります。雰囲気としては、ふっくらしたような感じではなく、少し引き締まったようなイメージです。
しかも、今回はトロイメントですから、金糸雀や薔薇水晶も登場ですし。

◆キャラアニ
「ローゼンメイデントロイメント 栽培セット」!?
(ムービック製;4月27日発売予定!!)
真紅の栽培セット(ミニバラ)

雛苺の栽培セット(いちご)

翠星石・蒼星石の栽培セット(カモミール)

水銀燈の栽培セット(ペパーミント)

の全4種。しかも、各683円とお手ごろ価格。
キャラアニでは、5月31日まで受付中!!
育てる喜びがあるということですね。そういえば、ポットのミニトマトを育てていたことがありますね。
これにはさすがに・・・。ここまでやるかぁ(byジュン)

でも、どうせならガーデニングセットとして、
ミニバラ、ワイルドストロベリー、剪定ばさみ、如雨露、ライトアップキットってなゴージャスなものにすればいいかも。
また、ステーショナリーで、デザイン鋏ってのもいいかもしれません。

続編希望
かわぐち作品、実写化の希望多いですね。
私としては、アニメの“ジパング”の2期、やってもらえらばなぁと思ってます。
大陸(支那)編として、石原莞爾や米内光政、ルーズベルト、チャーチルなど欧米の首脳なんかも登場して・・・戦闘シーンは減ると思いますが、しっかりした人間ドラマが見られそうですし。

ジパング DVD-BOX
ジパング DVD-BOX


【参考】
実写化して欲しいマンガ作品ランキング(Yahoo!ニュース)
“戦争もの”と“学園もの”――、実写化して欲しいマンガの傾向(ORICON STYLE)
意外な接点!?
インフォルマーレを聞いていて、ふと思ったのですが。
そういえば、“女が三人寄れば、やかましい”などという表現がありますが・・・
“女”という字を3つ使った漢字に“姦”という字があります。
漢字源によれば、「よこしま。道理を犯している・・・」など、通常悪い意味で使われることが多いのですが。
他には、「かしましい(カシマシ)。おしゃべりで、うるさい。」
“かしまし”!?
どこかで見かけたような・・・
「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~」も、女の子3人組でしたね。
もちろん、劇中では、固有名詞“鹿縞”としても使われてますが。
そうだったのかー!? “かしまし”という変わったタイトルに、いつも何だろうと思ってました。
またまた、気付くのが遅かったかぁorz
※執筆内容について、差別的な意図はありません。

【インフォルマーレ ♯10】
灯里の新コーナー、決定!!
アリス:「“灯里の友達100人できるかな?”です」
(゚Д゚)ハァ!?
灯里だけ、またまた新企画ですかぁ!? それにしてもコロコロと変わりますね(笑)。
広橋、早退!? そういえば、先週(♯9)は藍華(斎藤)が遅刻でした(苦笑)

これも日本が放棄した分野!?
マイクロソフトのOrigamiプロジェクトが明らかになった。
その実像は、Ultra-Mobile PC。
一昔前の東芝のリブレット、ソニーのC1やU1、富士通のルークス、ビクターのインターリンクといったミニノートのカテゴリー。
少し特異な分野なこともあって、PC市場での影は薄くなっていきました。
最近の“モバイルPC”の分野では、薄型軽量に主眼が置かれ、どちらかというとサイズは考慮されていない。また、ノートPCの分野でも、通り一辺倒なマシンや色々なものをつけて出来損ないのデスクトップPCみたいなものまで現れる始末。
そして、PCを実際に持ち歩くとなると、はっきり言って大きさも問題になると思います。よく電車の中で、大きなA4クラスのパソコンを広げるサラリーマンの方を見かけますが、はっきり言って“屋外で使うには大きすぎやしませんか”と思います。また、ACアダプターなどを持ち歩く(当座不要な外部接続のドライブを除いたとしても)と、結構重量ももちろん、カバンの中のスペースもとるので、小さいに越したことはありません。
オフィスでは省スペースデスクトップ、持ち歩きにはミニノートってのが、理想だと思います。相互のデータのやり取りは、LANでつなげばいいだけですので。
それをオフィスでも出先でもと考えるから、大きなノート(または、薄型大画面ノート)を持ち歩く羽目になると思います。
私としては、ノートに大画面なんて無意味だと考えています。オフィスではディスプレイを接続すればいいだけのことですし。ノートPCの本来の存在理由って何?と思います。もはや、導入期の時代は終わりました。既にそしてかなり前から買い替え需要を見る時代に突入していますから。今後は利用者の個々のニーズに合わせて、製品を提案していかなければなりません。もはや、何でもかんでも盛り込む時代は、遠い昔の話です。それが、依然として、何らコンセプトもなく、ターゲットも明確でなく、中途半端な保険的考えからはっきりとした製品アピールができていないように感じます。あと、メーカーの中で横行しているのが、保険的な考えに該当しますが、他社の真似。他社を真似るのは、核となる技術に寄らない、マーケティング主体の小売業・サービス業だけにしておけ!と言いたいです。
ということで、現在のノートPCは、はっきり言って買う気が全く起きませんね(デスクトップもですが)。しかも、モバイルPCと言いながら、“12インチサイズって何!?最低10インチクラス以下でしょ!”と思いますよ。販売店では、並んでいて大きさを錯覚してしまいますが、実際使ってみると、意外と大きすぎると思います。
もちろん、先がけであった日本のメーカーは、この分野に関しての技術の蓄積は少なからずあるわけですし、外国勢(マイクロソフトやインテル)のトレンドという尻馬に乗るだけではなく、メーカーの意地(チャレンジ精神)を見せてもらいたいものです。さらに、開発においては、小さいとか軽量だという技術力を示すことはもちろん、実際に使うシーンを織り込んだ魅力ある製品を開発をしてもらいたいものです。
目の付け所はいいのに劣勢に追いやられている分野って、残念ですが、他にも最近ありますよね。iPod vsウォークマンなど。

参考:
OrigamiはやはりUltra-Mobile PCだった」(Yahoo!ニュース)
⇒デザインは、ソニーのU1にソックリ!!
マイクロソフト、Ultra-Mobile PC発表会開催」(Yahoo!ニュース)
米MS開発 携帯PC「オリガミ」 14日に日本先行発売」(Yahoo!ニュース)
マイクロソフト、「UMPC」の日本における展開を説明。PBJ製品も発表」(Yahoo!ニュース)
MS、『オリガミ・プロジェクト』の全容を公開」(Yahoo!ニュース)
「Haiku」案もあった「Origami」の由来」(Yahoo!ニュース)
メーカーHP:
PBJ:SmartCaddie
ソニー:VAIO type U(世界最小・最軽量モバイルPC type U 登場)
※さらに、Ultra-Mobile PCは、SAMSUNG(サムスン)、ASUS(アサス)からも発売が予定されています。
     
火星 ARIA最終回より
“24月”というのが出てきましたが、火星について書いてみたいと思います。
人間の生態周期と火星の回転がちょうど合っていると聞いたことがあります。
そのため、人間は火星から来たなんてのもありました。
実際、火星の1日は24.7時間、1年は670日。
しかも、火星移住計画なんてのも本当にあるようで、比較的受け入れられやすかったかもしれません。
そして、もし火星が地球だったら、ちょっと得した気分かも。
ともあれ、ARIAの世界では、地球時間ベースで計算されているので、素直に24月まであることになってましたね。
でも、この方が、ゆったりの~んびりした時間を表現するには、ちょうど都合が良かったわけですね。インフォルマーレで出てきた星占いは、やりづらいですけど(笑) アクアバージョンも作ってしまったらいかが?なんてw
とはいえ、いまさらながらに、時の流れを感慨深く感じてしまいました。

関連ニュース:
米探査機、11日に火星へ 高精度観測、秋から開始」(Yahoo!ニュース)
「Google Mars」で気分は“火星の客”(Yahoo!ニュース)
思いのたけをぶつけよ!!
そして、立ち上がれ!! 全国、全世界のローゼンメイデンファンよ!!(大げさすぎましたw)
公式BBSで、語りつくせなかったファンの皆さんに朗報です!
有志・常連の方々のご努力によって、

Rozen Maiden“非”公式サイト(BBS)

がオープンしました!!
素晴らしい出来栄えで、感激の一言に尽きます。感無量で、すごいとしか言いようがありません!
また、藤田さんをはじめ公式BBSの方々も、たまに気晴らしでもいいから遊びに来てくれると面白いかもしれませんね(笑)
趣旨や経緯などは、弓月水晶さんのブログ「クリスタルくろわっさん」の記事を見ていただくと・・・なんか、ファン冥利に尽きます(感激&泣)
そして、ファンとの出会いの輪がさらに広がっていく感じで、素晴らしい!!
公式BBSからの流れ(もちろん、“非”公式ということで関連は否定されてますが)で、ファンの意見(貴重な資産)が、そのまま引き継がれていく気がして、ワクワクします。

もちろん、BBSの書き込み等に関しては、ルールをキチンと守りましょう。
ローゼンメイデン特別編に寄せて
全て新作!?というだけで、それ以外の内容等は全て未定。
ということで、可能性をシミュレートしてみたいと思います。
新作といっても、本当に全て新作なのか、何かを残した上での新作なのかと疑問ですが。

【フルモデルチェンジ】
コンセプトや世界観のみを残し、残りの全て、つまりキャスト(人間、人形)も含めてまったくの別物、アナザーストーリーとして書き下ろし。または、導入部が、選択制から強制へ。つまり、“まきますか?”ではなく、いきなりやってくるとか。アリスゲームのルールが明確に設定されているとか。

【マイナーチェンジ】
1、原作での設定(ストーリーやキャスト)をふまえた上、キャスト内容を一部変更。例えば、桜田家ではなく、全く新規の家族が出てくる(もしも、桜田ジュンに出会わなかったら)とか、既出の別の人間がミーディアムになる(山本君とかw。巴が真紅のミーディアムだったらとか)
2、ディレクターズカットみたいに、草稿や企画の段階でボツになった話を復活。または、ドラマCDのように別の日常のストーリーを作る。
⇒この辺は、駆け足で1クールに押し込んだ感もありますから、いくらでもネタが埋まってそうです。
3、時間軸を過去に設定し、ドールズたちと過去のミーディアムたちとの話。お父様についての話とか。

【番外編】
アニメの映画版でやりがちの・・・
くんくん探偵とのコラボ。名探偵くんくんと薔薇の香りの・・・w 薔薇乙女達がくんくんの世界に入っていく!!

思いつくままに、ばーっと書いてみました(汗)。
ただ、ガ○ダムのように不満続出にならないように、是非ともがんばってもらいたいです。
ま、どんな感じか、詳細内容が発表されるまで、そして公開されるまで楽しみに待つとしましょう。
本当に期待して楽しみに待ってます♪
ARIA フィギュアも再販決定!!
新人三人組の最後の一人、アリスちゃんもSRDXで5月に発売予定ですが、2期放映を期に、トイズワークスのカプセルフィギュア、“カプセルワークスコレクション ARIA”も“ソリッドワークスコレクション ARIA The NATURAL”として再販決定(6月上旬予定)。
灯里 、藍華 、アリス 、アリシア 、晃の全5種+シークレット。
気づいた時には、既に終了だったので、是非ゲットしたい逸品です。
でも、どうせなら、アイちゃんやアテナさんも追加して、マイナーチェンジすればと思うのですが・・・
20060306230714.jpg


関連HP:
トイズワークス
※フォトギャラリー(ショーウインドー)あり。
[ARIA フィギュアも再販決定!!]の続きを読む
ちょっと驚き
造形モノ無料ダウンロードサイト発見!?
キヤノン社の“クリエイティブパーク
ハガキ、スクラップブック、グリーティング、ペーパークラフト、レシピ、カレンダーなど、無料ダウンロード素材集を集めたHPです。
日本の伝統文化、折り紙に通ずるものが感じられます。



進研~♪ゼミ
今週のがっちりマンデー!!は、ご存知、進研ゼミでおなじみの
ベネッセコーポレーション
少子化で大変と思いきや!? そこには、学生向け通信教育企業の王者(シェア:70.8%)としての秘密があったとは!?
あと、個人情報保護法の影響は?とも思いました。
※参考:「住民基本台帳、営業目的の閲覧禁止…改正法を閣議決定」、「住基台帳、原則非公開に 改正法案を政府決定」(Yahoo!ニュース)
しっかし、DM、いつもながらよく来ましたね。そして、学習塾派の私としては、通信添削講座って、長続きするの?といつも思ってました。
このDMにかける費用は、日本企業でもトップの255億円!? 通販企業をもゆうに凌いでます。
[進研~♪ゼミ]の続きを読む
ブームとその終焉について
ローゼンメイデン:3期・映画に関して企画なし。
特別編企画中となってますが・・・

制作側の恐怖心として、やはりバブル崩壊的な要素があるのでしょうか?
ご存知のように、アニメや漫画も産業です。
そして、悲しいかな、ブームは水物。
少なくとも、頃合いを計りながらという、慎重さが目立ってきてますね。
事実、萌え関連商品の足が速いこと速いこと。単に一時的な品不足(タイト)というのではなく、さっと出して、さっさと売り切ってしまう。もちろん、儲けのライン(損益分岐点)や需給バランスも、ある程度考慮した上でしょうが。このことは、コレクターにとってはとても悩ましいのですが、不良在庫を抱えるわけにもいかず。メーカー側も、好き嫌いの問題ではなく、リスクを覚悟して色々な種類のものを出していますね。
特に、嗜好性によって大きく左右する問題ですし。これは、単に作品と作品との差だけではなく、同一作品の中のアイテムによっても違っています。人気だからといって何でもかんでも商品化するわけにはいかないのです。
あまりにも過剰に乗せられてしまっては、商売として成立しないといったところでしょうか。
ただ、自然と消滅するならいざ知らず、かつて日銀が行った施策のように人為(強制)的に消滅の方向に向ける必要はないと思います。
以前、Yahoo!ニュースで「萌えは萌えてはならない」という記事がありましたが、まさに的を得た感があります。
でも、まあ、つまるところ、誰もババを引きたくないといったところでしょうか。
ファンとしてだけでなく一観察者として、この盛り上がりにどう決着をつけるのか興味があります。

《新着商品情報》
トロイメントのファンブック、3月31日(金)発売予定!!
ローゼンメイデン・トロイメント ノクトゥルネ ―アニメファンブック―
ローゼンメイデン・トロイメント ノクトゥルネ ―アニメファンブック―
“温暖化”とは言うけれど!?
“温暖化”って表記するから、誤解されるんじゃないでしょうか?
スキー場でセミの声を流して、温暖化防止を呼びかけるキャンペーンを行っているというニュースがありましたが、奇妙な感じがしました。
おそらく、冬なのに暑くてセミが鳴くなんていう単純な思いつきなのでしょう。
本当は、“温暖化=地球が暑くなる”のではなくて、“≠”な関係なのでは?
これは、でっかい誤解を生み出してしまうと思います。
CO2は、保温効果があるということ(温室効果ガス)なので、たとえるならば、“発泡スチロール”のようなものと言えるでしょう。
つまり、温度が保持・蓄積されるものではないかと思います。暑さはより暑く、寒さはより寒くなるということですしょ。
現に、ロシアでは極寒、オーストラリアでは猛暑みたいでしたし。
異常気象を引き起こすという表現はいいですが、地球が暑くなるというような表現はやめた方がいいのでは?と思いました。

・・・と、ふと思った変なことを書きましたが、暖冬との違いなども含め、本当のところはどうなんでしょう?

余談:二酸化炭素と温暖化の因果関係・メカニズムについては、はっきり分っていないそうです。もちろん、一つの要素ではありますが。その辺が今後解明されていくことを期待します。それでもまあ、少なからずできることは、排出量を減らすことでしょう。

参考:
<地球温暖化防止>長野・菅平高原スキー場キャンペーン実施(Yahoo!ニュースより)
温暖化の原因は?オゾン層破壊かCO2か…正解は1割(Yahoo!ニュースより)
[“温暖化”とは言うけれど!?]の続きを読む
ARIA(2期)リニューアル
いよいよ、物語の始まり。
でっかい、ボリュームです。
一気にキターって感じですね。

◆公式HPリニューアル
セカンド・シーズン名:「ARIA The NATURAL
放送日:テレビ東京、4月2日、深夜25:00~(毎週日曜)
    テレビ大阪、毎週火曜、深夜26:05~
    テレビ愛知、毎週火曜、深夜26:28~
    AT-X、4月7日、10:30~(毎週金曜)

※基本的にフロントページが改訂されてます。1期の時のように、壁紙プレゼントがあるといいのに。

◆東京国際アニメフェア(TAF)2006イベント決定!!
2006年3月26日(日)10:30~11:15 スカパー!ブースにて
出演:葉月絵理乃、大原さやか、斎藤千和、牧野由依
内容:トークショー、PV上映、OP等ミニライブ
【TAF2006情報】
一般公開日:3月25日(土)~26日(日)、
開催場所:東京ビッグサイト、東1・2・3ホール
[ARIA(2期)リニューアル]の続きを読む
義眼に向けて前進中!?
技術の進歩ってすごいです!!
そして、ぷち“プロジェクトX”“ガイアの夜明け”(テレビ東京でしたね)って感じでした。
蛇足ですが、NHK教育の理科の番組で見たのですが、人工臓器(内臓)では、小腸(吸収のプロセス)ができないそうです。
攻殻で出てきた義眼なども夢ではないかもしれません。
⇒2030年の段階で、10%以上の義体化人口は186万人。2nd(2032年)では、総人口に占める割合は、9割以上の恐るべき普及率。
現実世界でも、今後の研究成果に期待したいものです!!
[義眼に向けて前進中!?]の続きを読む

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。