有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シムーン 「祈り」
◆和平に向けて
公海上空にて、プルンム嶺国の使節団は、アルクス・プリーマに到着。
両国の和平交渉のため、極秘会談が行われる。
シムラークルム宮国(ハルコンフ;ネヴィリルの父)側も巫女の同席を求めるが、嶺国側は、宮国の巫女(シヴュラ)は本来の巫女ではなく兵士だと。
⇒議場への同席見送り(ポイント1)

◆神は同じ そして神への祈りに迷うアーエル
コール解散命令に、一様に落胆の色を隠せないコール・テンペストの面々だったが・・・。
使節団と一緒にやってきた控えの通訳の巫女アングラスの世話係は、コール・テンペスト。
彼女に仲間を紹介するが、なぜかアーエルだけ名前で呼んでくれない(ポイント2)。
※単なるギャグかと思いましたよ。
艦内を案内。一行は、礼拝堂に向かう。
宮国の神テンプスパティウムも嶺国の神と近く(昔は同じだったという説も)、アングラス自身国境近くの村の出身でもあって、アーエルたちは親近感を覚えていた(ポイント3)。
なぜか、彼女たちを背後から見つめるネヴィリル。
⇒これから起こることへの女の勘!?

◆マミーナの過去
新加入のマミーナがシヴュラになれたのは、戦争のおかげだった。
シヴュラは、通常家柄等によって選出されるもので、当初は本来の巫女に近い存在。
しかし、嶺国の決死隊がマミーナの住んでいた村を急襲。
シヴュラたちは、シムーンを戦争の道具にすることをためらった。
村のデュクスは、シヴュラでない者に呼びかけ、マミーナは立候補、シムーン・シヴュラに抜擢されることになった。
自分の出自の卑しさ(庭師の娘)から逃れるため、ネヴィリルとパルを組むことを望んでいた。
[シムーン 「祈り」]の続きを読む
スポンサーサイト
元のプランに戻すことを決意!
昨年の夏の話。
突如として、回線が不通に。
イベント参加のため、数日家を空けるので、大事をとってモデムの電源をOFF
夏は意外に怖いものなのです。いきなりの夕立で、落雷の危険が大きくなります。
その防止も兼ねていたのですが・・・
帰宅後電源投入・・・不通状態!?
サポートセンターに問合せをして、急遽プランを変更。
リーチDSLが登場した時、興味を持ってはいましたが。
月額費用も同じで、安定性も高まるとの勧めもあって、
思い切って、8M⇒リーチDSLに(事情説明をして無料で移行)。
基地局から離れていて、どちらにしても1Mを越えることはなかったので、大した影響はないだろうと・・・
しかーし、実際は、逆にスピードが大幅に落ちる結果に。
8M利用時:600K~800K
リーチ利用時:平均200K程度
やはり、グラフで示した場合、山が高い分損失が発生しても、8M≒リーチとはならず、結局、8M>リーチとなってしまうのです。
そのためページを開こうとすると途中で画面が止まるため、何度も更新ボタンを押す羽目に。
それ以来、元に戻すタイミングを逸し、また戻すとなると実費が必要になるためためらってました。
この期に及んで、もう我慢も限界&状況も落ち着いてきたので、ようやく戻すことにしました。
多少心配なのは、視聴しているウェブラジオとのバッティングですね。工事自体は1日で済みますから、ひとまず安心です。
早くスピードが戻ることを待ち望んでいます。

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。