FC2ブログ
有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
ああっ女神さまっ それぞれの翼 「ああっそのひとことが言えなくてっ」
こっちは、違った意味で背筋が・・・
むずかゆい!!
ベルダンディーの朝ごはんを褒めまくる螢一。
落ち着いて食えない。見ているほうも落ち着かない(爆)
朝っぱらから、究極 対 至高 料理対決!
どっちの料理がうまいのか?
「俺は、どうすりゃいいんだー!!!」
ブリの照り焼き(魚) 対 ステーキ(肉)
重いぞ! ペイオース! そんなにスタミナつけさせて・・・
ジェラシーストリーム警報に恐れおののく螢一。

女神は嘘をつけないは、どうやら嘘らしい!?
なにも、2級神を引き合いに出さなくてもorz

恋の逃避行
⇒山道、普通事故るよね。
チャリで追いかけるペイオース
⇒ウルドのように飛べばいいのでは!?

誇り高き女神姿で天上界に・・・
本当の使命を遂げた魔女ペイオース、いろいろ(騒動)あったけど、帰ってしまうのは少し寂しいような・・・
螢一もようやく生殺し状態から解放!?
どぼんを買いに戻ってきたりして、通販できませんからw

ウルド姉(こっちも魔女!?w)、結局高みの見物ですかぁ!!

【書籍情報】
月刊どぼん3月号:420円也♪
螢一の机から出てきた○○本に、合田浩子!?
⇒監督の名前を拝借!?ですねぇw

ああっ女神さまっ ベルダンディ 私服Ver. (1/8スケール PVC塗装済み完成品)

B000FJ56AU

関連商品
恋人同士
ああっ女神さまっ それぞれの翼 オリジナルサウンドトラック
ああっ女神さまっ それぞれの翼 ドラマCD1
by G-Tools
スポンサーサイト



×××HOLiC 「トモシビ」
夏の風物詩ということで、百物語!?
侑子さんの家(ミセ)には、クーラーってないのかー!?
よく見ると、ビルの谷間だし、熱いはずかも。
地上げ屋も近づけない!?
それとも、体が冷えるからとか、不健康だからとか!?
とはいえ、一通り見終わったら、チャット(+翠翠+さんとこの-Fantasy:Castle-)に戻ろうか(離れの部屋)と思っていた私でしたが・・・
も・ど・れ・な・いー!!!!(汗)
おまけに、どしゃぶりの雨だしorz
四月一日と同じくらい臆病者の私は、背筋が・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
「リアルワールドで、どさっと」 おーーーー!!(汗)
でも、見てたろ! アヤカシ見たさの欲求が・・・orz

侑子さん! 怪談話の集まりって、グループ交際なの!?w
⇒せいぜい、先週の“ああっ女神さまっ”でしょ。
シチュエーションと役者って!? 予感通り、遺体もコミコミかぁー!?
やっぱり、百目鬼の寺かぁorz
[×××HOLiC 「トモシビ」]の続きを読む
獣王星 「獣王」
◆“愛”の形
カリムを茶輪に引き取るというトールの言葉にシェルターに閉じこもってしまったティズ。
⇒愛想つかされて、追い出された!?w ではありせんが・・・
そこには、二人の間の愛に対する認識・愛情の次元の差が。
ティズ:好き=子供を産む
トール:好き≠子供を産む、妹としての愛情、肉親を大切に想う心情
トールのティズを想う心は、単なる生理的なものではなく、理性やより形而上的な水準。ティズの存在は、より深く尊いもの。
俺に子供を産ませられる能力がなかったら、それでも俺についてくるのかと。
それでも子供を産むことにこだわるティズの提案は・・・
今回の交の月は、カリムに譲るが、次の月こそは俺だ!
⇒一夫多妻なのか!?

◆ザギの思惑
ザギの気持ちを確かめに向かうカリム。
俺は、カードを操る勝負師。自分以外は、全てカード。
トールは、自分にとってジョーカーのような強力な切り札。
愕然としながらも、ザギへの想いを捨てきれないカリム。
ザギもまた、カリムのトールへの気持ちを認めている。それでもなお、カリムへ迫るザギ。
ザギ:「お前は俺とトール、どっちの子供を生みたいんだ?」
⇒心理的に揺さぶりをかけるいやらしさ、策士・卑怯者の姿が、ザギの魅力としてうまく表現されていました。
それだからこそ、トールを満足させろと。ただし、自分にとってのカードが勝手な行動(違うゲーム)をしないように逐一報告しろとカリムにスパイをさせようと・・・
しかも、ダメ押しの究極の選択(俺とトールどちらの子が産みたい?)をカリムに示す。
答えられないカリム。
ザギは黙って出て行く。
ザギの狡猾さ、だからこその彼への愛しさ、そして芽生え始めたトールへの想い。
混乱する想いに揺れながら、ゆっくりとザギを追って出て行く。
[獣王星 「獣王」]の続きを読む

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.