FC2ブログ
有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
ホリック的逸話 「キリフダ」
オダギリジョー!?と思われてしまうかもしれませんが・・・ww
映画・蟲師、見に行こうかしら~ww

学校や職場など、老若男女、いじめや人間関係トラブルの話題は尽きませんが・・・
人間関係問題って自己啓発の本などでも、題材としてよく取り上げられますね。
世の中には、否定的に捉える人と肯定的に捉える人がいますし、嫌な人や苦手な人もいるでしょう。

状況的に最悪の場合に、否定的な対応しかできない人とそうでない人では、やはりその後の人物評価に大きな差が出てしまいますね。

恩師から「悪人カードと善人カード」という話を聞いたことがあります。
常に善人カードを切っていれば、うまくいくってことです。

もちろん、私は質問しました。
Q:腹の中で、嫌な風に思っていてもですか?
A:イエスと。
Q:相手に対しての迎合にはならないんですか?
A:悪人カードを切らなくても、自分の主張は言えものだ。

つまり、どう自分が考えようと、相手に対して悪人カードを切った時点で、相手も自分に対して悪人カードを切ってくる。
だから、善人カードを切り続けることが、視野を広げ人生を豊かにすることだと。
私としては、他者の出方を探っているみたいで、なんだか観察眼的や、悪く言えば策謀的に感じ、心苦しいとも思うのですが・・・
そうではないんだと気づかされた気もしました。
つまり、この人(相手)はどんなことに興味・関心があるのだろうか?
とか、
人(の思考)って面白いものだなぁと感じる心?

ある種、ニュートラルな心持で応ずることではないのだろうかと。
人に対する好奇心や探究心。

という恩師地震も興味深い人物ww

これもまた因果応報というか、スマート&賢明な大人である証拠なんでしょうね。
とかく“頭がいいということ”は、知識量に依拠している面がある種否めない現状ですが、
それに対して“知恵”、状況に応じて変化させることのできる機転の有無が人生を左右しますね。
物事は、肯定的にも否定的にも表現できますが、できれば前者でありたいものです。その点では、国語力も、人間関係の調整には大切ですね。

人間とは、かくも難しいものですね。
人生って、不思議なものですね~♪(by 美空ひばり)ではありませんがww
スポンサーサイト



copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.