FC2ブログ
有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
神曲奏界ポリフォニカ〔終〕 「第12楽章 シンフォニー 虹の神曲」
ああっ女神さまっ(1期)orふたりはプリキュアSSの最終回に似てたようなw
大きな邪悪な力→みんな(精霊たちも)の力で本物の新曲に、そして今まで出てきた人や精霊たちも出演&今までを振り返る云々。
「第12楽章」って、普通「最終楽章」にするのでは・・・2期につながるってなことは・・・ないかぁ
感動のフィナーレでした♪ アカツキ・ディーレンとかも最終回には、やっぱりいい人ってな感じになっちゃうんですねorz やっぱり気まぐれ王女さまの出演の意味は微妙・・・何を今頃ノコノコとorz 前回犯人が王女が云々とか言っていたので、拉致される絡みとか想像してましたが(汗)

クレア:「お前(クリスタ)、死にたいのか!」(爆)
純粋にテラト・テルミンを想うクリスタの心~!!
※テルといえば魅上照~:神に魅せられ、照らされる男!?

第10楽章と第11楽章との断絶は気になりましたがw・・・1クールでの展開は忙しい。作品年の全構成は、ちょっと欲張りな内容だったかも。作画の完成度もですがorz
ま、スポット的なストーリー展開なので仕方がない面もありますが、神曲の意味ってな点では、前回に引き続き興味深い回でした。議論は無理もないですが平行線でしたがorz

都市攻略兵器=二枚羽的クラスター爆弾!?(汗)
プリネもがんばってたなぁとかw

大コーラス、We are the world!?
歌えや踊れやww

音楽的要素はイイ!! こだわってたんだと思いますね♪
OPとEDの組み合わせ、何かこれから始まろうとしているイメージのOP、穏やかにクールダウンさせてくれるEDは好きです♪ バックミュージックなど挿入曲も、神曲が一応一貫したテーマなので♪
スポンサーサイト



クレイモア 「果て無き墓標Ⅰ」
倖田來未は“覚醒者”だったとかw
コカコーラ・ゼロ、刀と剣は違うんだよ

ゴナール到着、バグパイプの音色!?(バックミュージック)に・・・
そこにいたのは、女神さまっではなかったorz

今回は、ミリア姉さんが言っていた、血に飢えた狂犬っぷりを十分に堪能させていただきました(怖)

ナンバー3・・・
美しき女の園、お水の世界でも、こんなシゴキ?イジメ?は・・・orz

篠原さんの声にしびれた~

オフィーリア語録】
◆レ○ビアン!?
あなた、覚醒者みたいな臭いがするのねぇ。
いいじゃなぁ~い、もう少し嗅がせて~ 好きなのよ、この臭い。
動けないわよねぇ~、残念ねぇ~。
だからぁ~、動いたって無駄だって、言ってるでしょ。
変な味ぃ~、あらぁ、でもこの味、な~んか覚えあるわねぇ。
ねえ、綺麗だと思わない? 体が裂けたり弾けたりした時だけ、周囲を彩る薔薇のような赤い色、綺麗に咲かせてみようかしら、その子。
→綺麗に咲かせて:どっかの時代劇で聞いたような・・・
――――――
※まさぐっているシーンで、オフィーリアの印が、鎧(肩パット)に映っているやり方は結構良かったかも。クレア側からはオフィーリアの印は見えないが、視聴者には既に見えているw オフィーリアにとって、クレアはいじめたくなるタイプなんでしょう。ラキ渾身の一太刀:クレイモアなのに、ラキの存在に気づかない?なんて、お馬鹿さん・・・

◆組織の掟って・・・
お馬鹿よね、あなたたち。あんなの自己申告じゃない。自分の首が切られるのに律儀に報告するなんてw
たとえ誰かに見られてたとしても、それともども始末すれば済む話よ。
――――――
※ステラ:「お前ぇー!!」ってのはありませんでしたがw コンプライアンス意識なんて微塵もない!

◆禁じられた遊び
あ、そうだ、ゲームをしましょう♪
いい~、ルールを説明するわよ。あたし、今からあの子と戦うわ。もちろん、本気じゃないわよ。あの子の実力に合わせた力でね。でも、1分ごとにあたしは、1段階ずつ力とスピードを上げていく・・・そうねぇ、多分10分ぐらいで首が飛ぶと思うわw それまでにその両足をくっつけて助けに入るの。時間がかかりすぎてもあの子が死んじゃうし、急ぎすぎて変なくっつき方をしても助けにはならないわ。どう? 面白そうでしょ♪
それじゃ、よーい、スタート。
それ、そりゃ、そりゃ、面白いわ、面白いわ、この子。
ねえ、見なさいよ。この子、あなたの集中力乱させまいとして、どんなに斬られても、うめき声一つあげないわ。
血まみれで、泣きそうな顔で、口をつぐんでいるのよ、この子、うふ。
あぁ~、たまんないわぁ。素敵よ、とっても素敵、あなたたち。
どっちを殺して、どっちの泣きわめく姿を見るのが楽しいかしら~
→女王様とお呼び!!w 
――――――
※妙に上機嫌というか、楽しいそうなのがまさに・・・orz 

◆下品な人は嫌いよ
は、はははは、やりやがった! ガキ助けるためにテメーが覚醒者んなってどーする、まったく救えねぇー馬鹿だぜ!
テメー、今確かに限界超えたはずだろ、インチキしてんじゃねーよ! 
両足もくっつてるみてーだし・・・一度限界超えたら何があっても元には戻らねーんじゃねぇーのか!?
お前!? ひょっとして・・・覚醒してんだろう? 面白れー、すっげー面白えーよ。
今日一日で、二匹の覚醒者を八つ裂きにできるなんてよぉー、あはははは!!
――――――
※豹変っぷりに、少女の覚醒者の方が上品(な恐ろしさ)だったような・・・(汗) 頭おかしいんじゃな~いという人に言われたくもないし、インチキもクソもないと思うのですが、“インチキ”という言葉に(爆)

◆あなたこそ化け物じゃない
たかが首折ったくらいで、死ぬかよ。
→普通は死にますw
本気でしとめるなら、首をはねるべきだったな。
さ~て、首の凝りもいい具合にとれたようだし・・・もう一匹の覚醒者狩りを始めましょうか♪
――――――
※少女の覚醒者に思わず同感、ちょっと味方したくなった(汗) 悪は悪でなければならないのですが、本来善というか正義の側に立っているはずのクレイモアがー!! しかも、あんな“ゲーム”をする片手間にって感じがorz


ということで、「全ての力を逃走に費やす」
三十六計、逃げるにしかずですねorz
もちろん、オフィーリアのボルテージは最高潮ですがorz

瞑府魔道をゆく二人
私は死なないというより、ここで死んでもらっては困りますw

そして、残酷さに慣れてくる自分も恐ろしい(汗)

注:「続きを読む」の内容は、ウィキペディアからのネタバレを含みます。
[クレイモア 「果て無き墓標Ⅰ」]の続きを読む

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.