FC2ブログ
有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
定率減税廃止の影響、消費税、参院選について
イベントやらグッズ購入やらで、少々不安になったので収支の状況を計算してみた。
可処分所得はプラスだったので、一安心。
しかし、ちょっと待てよ・・・
税金と健康保険負担額がそれぞれ3倍になってる!?(驚)
納税のチケットとパンフが送られてきてやっぱりなぁとは思ってみたが、実際計算してみると驚きの数字ですね。
ちなみに、そのパンフには・・・
財源委譲前後で、「所得税+住民税」は原則変わらないが、定率減税の廃止分があるので、実質的に増税になると、納税者の反発を避けるかのごとくマイルドな感じで書かれている。
あれでは、定率減税廃止なんて、大したことないじゃんと誤解を受けますね。
ということで、じゃあ実際の金額ではどうなるのか?ということが、計算してみてわかってしまったorz
そして、健康保険は納税額をベースにして計算されるので、自動的に支払うべき保険額も増えることに。
企業業績が好調で税収増というニュースがあったが、増えた金額はいったいどこへ? 前回、赤字国債を制限しつつ計上してやっていられたのだから、増えた分はまたどこかにプールとかされちゃうんだろうなぁ、と。法律を遵守している役人たちとはいうものの、社保庁問題をはじめとして、自分たちに甘く、一連の無駄使いが明らかになっているように、本来の目的としての社会保障など本当にお金が必要な部分にお金が回らないわけですよね。例えば、他にも外務省だって、ODAや国連への資金提供なんかやめちゃえばいいのに、常任理事国の看板を金で買えないんですから。彼らの面子やプライドと、いわゆる実績ではない“実績”作りといった存在理由など、省の利益が許さないでしょうけどw 本来なら、他国のことをかまってる余裕なんて、ないんじゃないんでしょうか。交渉力のない日本は、他国から「日本=カネヅル」程度しか思われていないのにww 習慣とか惰性で、ブログをやめたくてもやめられない心理みたいなものでしょうかww
そして彼ら役人の意識としては、納税者から預かったお金という意識ではなく、なければ増税して取ればいいってな発想しょうから。法人とかが、脱税したいという気持ちがわかりますね、もちろん、違法行為ですが。
政府というより国自体の姿勢が、いまさらながら恐ろしいw
「美しい国」は、確実に二分社会へと向かってますね。特に、負担増が多いのは、対象人口の多い中所得者層。これらから効率的に取ろうとしているのが見て取れますね。やっぱ人口が多いとこからより多く税金を取ることに越したことはない、といったことでしょうね。

また、選挙なのに、消費税増税問題がありましたが、私としては、歳入(徴収)の面から見た場合は、大いに賛成です。ちなみに、優勢選挙の時、次に来るのは消費税だろと察知、うまく隠しやがったと思ってましたけど。ただし、直間比率の解消、所得税(直接税)減税とセットですけど。これについては、実質的側面と感情的側面がある。取るだけとって経費節減は望めないだろうなぁってのが、難点ではありますが(汗)
前者については、効率的に取れるという点。アングラな部分からも取れますし、日本の人口が減る中で、愚かな当局の監視をよそに流入してくる外国人からも取れますし、納税者として税金を払う・払わないが選択できますから。ものを買わなきゃいいんですから。それに、日本人はすぐ慣れてしまう、熱しやすく冷めやすい“羊”ですからww ま、安倍政権がやるかどうかは別として、税率アップなんて簡単ですね。政権政党は批判を浴びて苦境に立たされるかも知れませんが、消費税アップを目的として強行採決とか、やる気で国会を通してしまえば、結果オーライってとこでしょうから。強行採決好きの安倍さんならやりかねないww 要は誰(どの首相)がババを引くかだけの問題ですね。一方、野党としては、金持ちも貧乏人も同じ負担ってとこを批判するとは思いますが。政権政党でない野党は何もできない。もちろん、参議院選挙に勝ったとしても、「衆議院の優先」ルールがある限り、永遠に。
そして、後者については、最近景気がいいせいか(前々からあるかもしれませんが)、お金を粗末にしている人が多いと感じます。小額だからかもしれませんが、コンビニなどでよく見かけるのは、小銭を募金箱に入れてしまうのには驚かされますね。余程、お金の使い方を知らないのか、お金が余ってるんでしょうね(苦笑) だったら、増税しても一向に構わないじゃないのではないでしょうか。無論、募金という行為自体に異を唱えるものではありませんが、明確な趣旨のない募金、つまり小銭を持ちたくないというだけの行為は、“お金を捨てている行為”と考えてもいいのではないでしょうか。どうせ募金するなら、国に募金(納税)すればいい、とww
お金を大事にしない人は、最終的にお金に嫌われちゃうんですけどねww
なので、消費税増税は賛成なのです。
また、民主党の党首と黄門様が、負けたら政治生命を・・・などとご大層なことを言っているが、これも政権政党ではないという最大の欠点を見ていない愚かな発言。勝ったとしても、おそらく何もできないでしょうし、また無駄遣いが増えますね。つまり、ブーム好きな日本人は、民主党を選挙に勝たせる。民主党は内閣不信任やら衆院の解散要求を提出→結果的に否決。否決されるのにもかかわらず、「やることに意味がある」と誤認して、国会における時間や経費をかけるという無駄をしてまで、党の面子のために、お馬鹿な行為をやってしまう。もっと重要な案件に対して議論すべきなのに。
色々あって安倍さんの旗色が悪いですが(もちろん安倍さんを必ずしも弁護するつもりはありませんし、現在のところ彼の唱える理想論と現実のギャップが大きいわけですし、国民へのアピールも・・・)、年金問題の国会中継を見ていた時、安倍さんの「きちんとした代わりのいい方法が出せるのか」との問いに対して何もいえない民主党。もう少し議論を尽くすべきとかわけのわからんことばかり言って、結局批判的行為しかしていなかった民主党には幻滅させられました。だから、たとえ民主党が勝っても現状はなんら好転しないんです。だからといって、まったく意味がないかというと、そうでもありませんけどね。民主圧勝ってのが、自民にとって少なからずプレッシャーになるわけですから。
スポンサーサイト



copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.