有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関係(BlogPet)
くんくんは関係がほしいな。
関係ってどこにあるかな

*このエントリは、ブログペットの「くんくん」が書きました。
スポンサーサイト
クレイモア 「北の戦乱Ⅲ」
「無力は罪」(byイースレイ)、意義深いテーマです!
だからこそ、それぞれの進む方向・方法はどうであれ、万人は強さを望むんでしょうね。
純粋なラキは、イースレイプリシラが覚醒者とも知らずに・・・

そして、もう一つのテーマは、人間・クレイモアでしたねぇ(感慨)
人間だからこそ、恐怖を感じる・・・
弱みを見せたくないからこそ、虚勢を張る(ウンディーネ)
妖魔を憎み復讐を誓いながらも、防御型にしかなれなかったことを後悔(デネヴ)
人間だからこそ、神などというものにもすがりたくもなる(ミリア)
→クレアの「ラボナの神よ・・・」(ラキとの別れのシーン)を思い出しますね。
淡白・冷静な一面とは裏腹に、意外と神経質な側面(フローラ)
→自白強要ですかぁ(汗)
やっぱりクレアに刃を向けるものは敵とみなす義の人(ジーン)
そんな人間らしい側面、半人半妖の苦悩や悲しさなど、彼女たちの心理がよく描かれていたと思います。
それぞれのクレイモアにそれぞれの過去と想いが・・・アニメではまだ語られていない他のクレイモアたちのそれらも気になりますね。
そして、最後に美味しいところをもっていった(まとめてくれた)のは、天性の楽天家?ヘレンかよw

銀眼の獅子王・リガルド、ついに登場!!
次回は、ピエタの街に戦慄が走るっ!!

さすがに、メガハウスの「エクセレントモデル クレイモア NO.47 クレア」の予約はまだ先かぁ・・・
とはいえ、危うく、ジャンプスクエアの「CLAYMORE 特別総集編 スターター・エディション 銀の断章 第1巻」(雑誌)を買いそびれるとこでした。
クレイモア 「北の戦乱Ⅱ」
夏に、真冬のシーンってのは、涼しく感じますね♪
ブラッドやら、呪怨やらのホラー映画のCMまではキツイですが・・・日テレさん、視聴者のニーズを勘違いしていない?ww

亀型覚醒者、ついに言っちゃったよ、「筋肉バカ」って言葉をwww
待った!と言って、止めるクレイモアはいないわな、狩りに来てるんだからww

死者ゼロ、負傷者のみだったんですね、ジーン・チームは、いかにもって感じだったので、てっきりジーン以外はみんな・・・。

隊長様を蹴ってしまったよ~
デネヴ:「隊長さん、あんたもよくがんばったと思うよ、でもね、あんたも“負傷者1”なんだよ」ってな感じがww

デネヴ&クレアの覚醒は、気のせいだった、ということでww

ウンディーネさ~ん、一応、女性にとって顔は大切なのでは?(汗) 捨ててるなぁ・・・。やはり、筋肉にしか魅力を感じないのかww
性格もばっちり攻撃型ww

防御型の悲哀、ベロニカ&シンシア(泣)
その分、止めの一撃に力が入ったかしら~w

ミリアの編成に対するフローラの評価は、果たして合ってるのか?
ウンディーネの批判、フローラの説明に、何も語らないミリア
かつて、クレアに修行が足りんと言っていたことから察すると、確かに経験を積ませることによる能力の底上げを意図していたのかもしれませんが・・・。
底上げと言っても、意識的・メンタル的な面は多少マシにはなりますが、必ずしもそれだけでは能力の底上げにはならないですし。そもそも、フローラははじめからチームメンバーのうち下位ナンバーを戦力外として考えていたし、ウンディーネは負傷した者を邪魔扱いで前線から後退させ戦闘に参加させていない、つまり両隊長は、下位ナンバー切捨をしてたんですから。これでどうして能力が向上するのだろうか、と・・・。やはり、戦ってみなければ、実際の能力は向上しないですね。
前回の記事にあるように、私の考えとしては、むしろ残存兵数の確保とかもあるとは思うのですが。ミリアの心情的には、勝率ゼロの戦いにおいて、全員をなんとか生き残らせたいという想い、この点は、ジーンの弱い者をかばいながら戦うシーンが何気に飛び伏線とも考えられますね。蜘蛛型の覚醒者に、「リーダーに向いていない」と馬鹿にされはしましたが、上位ナンバーにも話の分かる者はいるんですからw
ともあれ、ウンディーネの編成案(弱い者はサポートに回す)だったら、覚醒者に狙い撃ちされて、確実に死者は出てましたね。

4人を影から見つめるフローラは、何を思っているのか? ある意味、仲間意識への嫉妬?副長とも言える私に事の真意を何もおっしゃらないとミリアに対する歯がゆい気持ち・・・悔しそうな雰囲気?も・・・。彼女も勘が良さそうだから、今回の戦闘できっと何かを掴むでしょうね。

久しぶりにラキ登場だが・・・プリシライースレイもかぁorz・・・激突近しの予感!?
プリシラの様子・イメージが、前と違ってきている・・・なぜだろうか?

一難さってまた一難。
静かな終わり方に、嵐の前の静けさを感じますね。
ZOMBIE-LOAN 「蝶の羽音」「贄~いけにえ」
ようやく、らしくなってきたなぁ、と。
謎、知的好奇心を刺激させてくれなきゃ!!
やはり、ネット、オタク性、猟奇的深層心理といったキーワード、イイ!! カラオケボックスのネーミング、リアリティありすぎ!!w
失礼ながら、今までの回は少し盛り上がりに欠けてような気が(汗)
オリジナリティを認めつつも、どうしても他作品との比較になってしまうという意味では、後発はツライなぁ、と。
今もって、間合い(距離感)というか、つかみどころが、私的には不安定な気分もあり(汗)ギャグとシリアス感とのバランスとかも。
作品との相性=波長やフィーリングとしての嫌悪感や拒否感は、ニュートラルなので、全くないんですが。桃種作品としての前評判(期待感)が高い分だけ・・・ってのもあるのかも。

Zローンサイドのレギュラーに?と思っていた芝君、アレレ・・・
思徒を除く皆との関係は良好だったのに。
“乙さん”は、やっぱりどう転んでも“おっさん”って聞こえるww
蝶事件での芝と信奉者との関係、デスノートの夜神と魅上の関係に似てるのかも、と。
たごまるのが嫌って、新しい靴下を履けば、とw
思徒の直感は正しかったのかぁ?
真相は、来週ついに明らかに!
神頼み(BlogPet)
きょうくんくんは、アリカは工事したいです。
それでくんくんがわんわんと神頼みっぽい弁護された。

*このエントリは、ブログペットの「くんくん」が書きました。
クレイモア 「北の戦乱Ⅰ」
仇敵プリシラ、そして最愛のラキの居場所は、イースレイの元に!?
まさに、運命は思わぬ展開を迎える、ですね。

事態は最悪ってのは、置いといて・・・
ヘレンデネヴに続き、ミリア姉登場で、彼女たち自身もでしょうけど、こちらも感無量!!



ミリア姉の組織編制について~組織論的見地から~
※姉:原作では“姐”と表記されていますが、声優・井上さんということでww
ずばり、実に見事です。
もちろん、従来の覚醒者狩りからの4~5人編成による最小構成単位は、スパン・オブ・コントロールにおいても利に適っています。おそらく、現代の特殊部隊と同じ構成? ちなみに、日本のSATの制圧班は、「4名の分隊、4個で編成」となっている模様(ウィキペディア:「特殊急襲部隊」より)。
1チーム当たりのパワーバランスもきちんと考えた構成?だったのかはわかりません(※注)が、フラットなチーム構成にすることによって、柔軟に対応できる組織体形を形成しています。
いわゆる旧来の“軍隊式”と言われるライン組織ではなく、ミリア自らもチーム・リーダーとして平準化。すなわち、長い命令系統を短縮化させ、各チーム自身に有機的な即応性・機動力を持たせることで、強大な敵を相手にして殲滅させる構成ですね。
これには、急襲した覚醒者たちも感心していましたが、さすが組織戦闘においてリーダーシップを発揮できるお方ですね。
また、パブロ山の覚醒者狩りに参加したデネヴヘレン、クレアをそれぞれのチームに分散させることで、勝率は0(ゼロ)、捨て駒とは言いながらも、同じ志を持った者の全滅の危機を少しでも残そうというリスク管理まで行っている。さらにまた、この編成は、彼ら4人が同チームになった場合の心理的影響(甘えや弛み)も考えてのことだろうか。ま、互いに信じているから強くなれるってのもありますが。
覚醒者と直接対峙するのは、一桁ナンバーのチームってのもうなずけますね。無駄な消耗戦を避け、(覚醒体として)本気を出す前に一気に片を付けるという点。もちろん、既に覚醒体になってしまった相手は、ミリア・チームが担当ですが。相手の先制攻撃に対する先制攻撃って感じで。
とはいえ、偵察任務を忘れ功名心に駆られた3機のザクみたいに?(本当は、ただ殺りたいだけでしょうけど)3匹の覚醒者の背後に控えるイースレイを見据えた、現状でできる限りギリギリの編成ですはありますが、戦術的には良策。この際、戦略的な要素としてのイースレイの存在は置いておく、と。
覚醒者狩りとはいえ、チームリーダも含め、ビビらずに平常心を保てるかが生き残るためのキーになりますね。二桁ナンバーのチームを助成チームに位置づけたのには、戦況の判断を冷静に見つめて判断せよという意図もあったのか、などど。混乱・焦ったら即負けですからね。
この戦いに臨むミリアたちクレイモア側の分析・作戦と覚醒者側の分析の対比もよかったなぁと。



かつての記事で述べたクレイモアについてのホルモン・バランスの影響?で男性化(個体差はあるにせよ)、そして戦略的視点から現状を捉えることが可能なのでしょうか。
(※注)ジーン・チーム、またリーダー以外は全滅ですかぁorz ガンパレード・オーケストラ(青の章)の石塚中隊長みたいなぁ・・・。しかしながら、テレ東のキスダムは、ガンパレみたい・・・(余談)

それにしても、デネヴと、特にヘレンは、相変わらず変わってない・・・能力的にも?(苦笑)&トラブルメーカーorz ジーンが言うように、やっぱり「親しき仲にも礼儀」でしょ! ナンバー(序列)による偏見ありだし(少しだけフローラもですけど)ww ヘレン、クレアの違う右腕をミリアが指摘して、何驚いてんの!!(気づかなかったのか)w
デネヴ、端的に、ウンディーネ=“筋肉バカ”って言いたかったんでしょうねww さすがにそれは・・・orz
ヘレン、「同じじゃねーのかよ」って、チーム編成はクレイモア学園(ミクシイ内コミュより)の遠足じゃないぞ!w
とはいえ、死への遠足かも(汗)

フローラの声は、思わずさおりん?かと思いましたが、松来さんでした。

「女の子に囲まれて・・・」
みんな“化け物”(リフル談)だけどね(爆)
「だから、化け物はやめられない(別件にて)」って言ってましたけどねww

ミリアに助けられた少女
→恩義を感じて、クレイモアになるかもww

総勢24人の中に、さすがにメガネっ子はいませんでしたね。
こんな感じの↓

(C)PEACH-PIT/スクウェアエニックス・ZLプロジェクト
こんなん言うな!!(byみちる)
こちらは、ゾンビ狩りですがww
一応、特技は、死神の目と買出し・・・ヨミさんも呼び出せちゃう、なんですけどねww

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。