有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
増大された(BlogPet)
きょう、増大された。

*このエントリは、ブログペットの「くんくん」が書きました。
スポンサーサイト
鉄道博物館 探訪記
ミクシイのほうで、カレチさんのコメントに付したように、友人と行ってきたわけでしてww
オープン3日目・平日ということで、激混みではありませんでした♪

行きは、「ぶらり途中下車の旅」感覚で、博物館までの展示ルートを歩くことに~♪
道すがら、昔使われていた建物や、SL、電車、写真入の説明パネルなどあったわけです。

ただ、ルートが大宮駅周辺の一般道ということで、歩道が狭く自転車やら車の交通量も結構多いので、その辺りも整備してくれたらなぁ、と。博物館の場所としては、3Fのパノラマデッキ(展望台)から大宮を通る鉄道等(新幹線、ニューシャトル、高崎・宇都宮線、京浜東北線)が一望できるロケーションなのでイイです!w

平日なのに子供連れ多かったです(汗) あと、行列には老人会の団体がいました。
入場って、あれです、国会図書館的な入り方ですね。ちょっとしたエコ!?w

改札入場ゲートを通過して、道なりに・・・
ん? やっぱり日本食堂かぁwwってのを横目に・・・
シミュレーターの順番待ちは無視し・・・

いざ1F展示へ
特に順路はないようですが、自然な流れに任せて、ヒストリーゾーンへ・・・
余談:NHK「ためしてガッテン」で、美術館の順路が分かりづらい云々ってのがありましたがw
参考:「発見!おいしい美術館味わい術」(2007年9月12日放送)

最初に目に入るのは、SL!! ある意味、「メーテル~!!」な世界から始まりなわけでして・・・w
弁慶号がお出迎え!ww
ま、この辺は歴史を感じさせますね。
最初のコーナーで、デジカメの調整も含めて、結構枚数を撮りました。場所によって光の加減が違いますから。
SL(9865)の内部構造が見れるように、輪切りになっていたり、地下に下がって、機関車の足回りを下から覗けたりと・・・
ED40に・・・スイッチバックの分かる模型。わが群馬県で言えば、信越・上越線。また、ループ(線)で名高い清水トンネル!ってのもあるなぁ・・・と
色々と見ていると、ぜんぜん先に進まないww

御料車、EF58に、センター部・操作場のSL(C57)
来る途中で見たのもそうですが、蒸気機関車って、やっぱ迫力ありますよね~♪

そこを抜けると、「とき」と「あいづ」が目に飛び込んでくる(とりあえず、クモハ455は置いておいて)。後者・同型は、籠原の車庫に停まってますね。
「とき」では、「これから特急で出発!」なんて情景写真を撮って、遊んでましたww
ここで重要なのは、自然に装い、決してカメラ目線ではいけないということw
荷物を置いてこれから座席に座ろうとするシーンやら、座って電車が出発ってのを窓の外からってなシーンを・・・(脳内のバックミュージックは竹内まりやの「駅」かしら~♪)ww 
車中に入れる電車の場合は、展示を見ている“観客”っていうより、どう見ても“乗客”が乗り込んできたってな感覚にしかなれませんねww
クモハ101は、まんま中央線の車両ww あるおじさんが新聞を広げていました(おじさんのネタか?w)が、これもある意味効果的な展示ですねww 駅から電車に乗った時のいつもの風景ww 車両後部では、人形たちの満員電車状態がww なにせ、ついこの間まで走っていたのとほとんど同じ、車内も外装も違和感なしですからねww
プラットホームのある電車は、ちゃんと駅名も合わせていて、GOOD!ww
クモハ101の前にある運転台も良かったぁ~ むき出しの車輪が動くー!!(速度制限付きですけどね)
とはいえ、うなる車輪、そして中央線の前ってのも手伝ってか、「何人、ひき殺してきたんだろう」などというブラックな想像も・・・(汗)

さてさて、お次は・・・新幹線&特急のコーナー♪
【上越新幹線(200系)】
群馬を通る新幹線&記念切手が出たこともあって、馴染み深いんですよね。台紙に消印の付いたものを持ってました。
新幹線のスカートの下を覗けるなんてめったにないですから~w 防雪仕様、しっかり見させていただきましたw
パンタグラフ、動くんだぁ!とかもw ちなみに、モハ484の交・直流のでかいパンタの方もどうせなら動かして欲しいとか友人が言ってましたw
【日本初の新幹線(0系)】
スピーカーから流れる(ベタな)小噺(親子連れ帰省編・サラリーマン出張編)が結構笑えますww
でも、当時としては(今でも?)、新幹線に乗るってのは、あんな風だったんでしょうね♪
壁には、車内のトイレの構造などを示したパネルも。また、ホームにあった椅子の設計図などもあって、今では、特に古い駅のホームではおなじみの椅子は、あの時考案されたんだぁ、と。
旧交通博物館から持ってきたカットモデルなので、座席はなしorzですが、その分他の当時の駅にあった設備(椅子の他には時刻表や発車案内板)や、技術説明のパネルなどで、当時の様子や技術の説明が補足されていたので、良かったと思います。
当時の司令室のパネルや新幹線関連グッズとかもありましたね。昔持っていたものや、これ知ってるよ、ってのもww
「あいづ」と455系との間のホームで駅弁を売る&食堂車ならぬ特急車両、まさに駅の光景でしたねww

続いて、貨物輸送のコーナーへ
冷蔵貨車ってのはわかりますが、当時運ばれたものってことで、ふぐやら、あじやらの模型がショーケースに入ってましたが、要るのだろうかとww しかもこれについての説明書きとかがないw
貨車に関しては、ここに置ききれないものは模型にてって感じでしたねw
コンテナはさておき、馴染み深いのは、秩父セメントと石油の貨車ですね。高崎線で走ってますから。
ED75とEF66の大きさの違いも良く分かりますね。
ちなみに、FE66のNゲージ、持ってますw

そして、時計の針を戦前に戻して・・・
今ではアルミと樹脂ですが、木製車両かぁ。
北海道辺りで走っている車両で見ましたことがありますが、ダルマ型ストーブが・・・壁面には当時の路線図。
当時の中央線も、こんなのが走っていたのかぁと。ホームの駅名は、「づみのやちお」と、戦前式の逆表示。網棚も木製で、まさに網棚って感じです。
また、床板には、おそらく防水のためのコールタールが塗ってあったのかなぁとか(違うかも)。そういえば、バスも前は床が木製だったなぁと。ボンネット型の(小型の)バスも展示してありました。
特急用一等展望客車(マイテ39)のホームでは、またも外交官夫人と娘との小噺ナレがw
乗車賃はかなり高かった・・・やっぱり。それもそのはずですね。贅を尽くした内装が凄すぎ!

続いて、2F・・・
1Fのぎゅうぎゅう詰めの展示と比べ、開けてる・・・
センター部分は吹き抜けになっていて・・・ニュース記事の写真のあの上からの光景ですね。
ですが、スペースをムダに贅沢に使っているような気も・・・3Fなんて空き空き・・・休憩スペースとして、テーブルがあるのに、自販機だけで、レストランとか、カフェとか置けばいいのにorz
ジオラマ教室が開かれてました(行列かぁ・・・)が、その横の空いているスペースで季節シーンごとにNゲージでも走らせれば?とか思ってしまいました。昔、近所のホビーショップでは、季節ごとにレイアウトを変えてました。それにあれだけ空いているのだから、結構豪勢なレイアウトが作れると思いますね。
しかし、最近のNゲージってすごいですよね。NHKの趣味悠々(参考:「ようこそ!鉄道模型の世界へ ~レイアウト制作入門~」)で見ましたが、同じ軌道でスピードを変えたり、互いに逆走させて連結させたりと・・・目を見張るものがあります。これもまた技術の進歩ですねw
ということで、そのため1Fからの吹き抜けのあるすぐ上のフロアは、鉄道の歴史年表の展示があるくらい。なんとももったいない。

そして、同フロアのスペシャルギャラリー、コレクションギャラリーへ
コレクションギャラリーは、メインエントランスを入ってすぐ正面にあった特設展示がありました。主には歴史、弾丸列車構想から新幹線へと。風洞実験の模型とかも。もちろん0系のところにあったような時刻表示パネルも。新しい新幹線ほど先が伸びていっているのは、もちろん運用面としての理由もあるのですが、「かっこいいから」ってのもある(友人談)のでしょうか。とはいえ、技術の世界では、「見た目にも美しい形状の製品は、技術的にも素晴らしい製品」ってなことを恩師から聞いたことがあります。
余談:ガンダムや実際の兵器などで、かっこいいシルエットやフォルムだったり、かっこいい名前(これらはあくまで主観の話でしょうけど)を付けるのは、そうなのかもww
コレクションギャラリーは、基本的に“置いてあるだけ”ってな感じでしたね。もう少し展示方法にこだわって欲しいですね。

続いて、“問題”のランニングホール(2F)
この2Fのコーナーで、カレチさんの日記でもありましたが、そのものずばり?なのを目撃ww
実験用に木のころ(車輪)の付いた手押し車を、だんだん転がしているうちに、感極まったのか高揚したのか、力任せに・・・うわぁ~始まってしまったぁ~・・・女性スタッフがすかさず止めに入る・・・子供を諭す優しい言葉だったが、その裏にある口調と表情は明らかにマジだったというか、半ギレだった(怖) オープンからずっと、こんなんだったんだろうなぁ、とorz
子供ってのは、ほんと加減を知りませんから~orz

それから、3Fのランニングホール、RFのパノラマデッキで外の空気を吸い、1Fのミニ列車やミニシャトルを眺め1Fへ
来る時は曇りでしたが、この時間、外は小雨でしたorz
途中で、昼食をと思いましたが、どこも混んでいたので・・・おかげで多少は空いていました(日本食堂)

遅い昼食後、ミュジアムショップへ
逆にこちらは、ごった返していました(汗)
というか、狭いのと、思った以上に種類が・・・グッズに関しては別件(アニメグッズ)で見慣れているってのも正直なところですがww すこし期待していた「鉄道むすめ」(できればオリジナルの限定版)もないのかぁ・・・
これだけのアイテムだと、やっぱりショップ限定って言っても、少し寂しい感じもします。そういえば、東京国立博物館のショップは良かったなぁ(回想)
ちなみに、山手線のチョロQを買いました(無難に)。あとはショップで買わず、大宮のエキナカのキヨスクで京浜東北線のクッキーを購入。最初に大宮駅に着いた時に、エキナカでトレインフェスタをやっていたのを発見したものでして、じゃあ帰りにでも寄ってみるかといういことでww

メインエントランスを出る時に、入場券と引き換えに案内カード(特にこれといって特典があるわけではない)をもらいました。
万世橋風のプロムナードを抜け、鉄道博物館(大成)駅へ

かなり駆け足だったので、また行きたいですね。
1日じゃ見切れない(汗) あとは、展示等の不完全な部分をもう少し整備して欲しいと思います。1Fの常設展示も、今後若干の入れ替えなど、バリエーションの幅も広がりそうですし♪(ある意味、そのための軌道とターンテーブルでもありますし)
NHK「おーい、ニッポン!私の・好きな・埼玉県!!」で放送されたようですが、次は、テレビチャンピオン、といったところでしょうかww 幸い空きスペースも十分ありますしww


鉄道博物館HP:http://www.railway-museum.jp/top.html
税(BlogPet)
くんくんは税アップがほしいな。
税アップってどこにあるかな

*このエントリは、ブログペットの「くんくん」が書きました。

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。