有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全快しなかった(BlogPet)
きのうくんくんが、全快しなかった?

*このエントリは、ブログペットの「くんくん」が書きました。
スポンサーサイト
留保しなかった(BlogPet)
きのうくんくんが、留保しなかった?

*このエントリは、ブログペットの「くんくん」が書きました。
ミリア姉さんの仮説(『ジャンプSQ 6月号』)より
そう考えると、妖魔については、未成熟な状態で(クレイモアになれずに)覚醒化存在と言えますね。彼らも人間にまぎれることができますから。
すなわち、今まで出てきた妖魔は全て男性。組織は最初男性でクレイモアの実験をしていたとなっているため。身体的能力(筋力的)には男性を実験台にしたわけですよね。
ただ、最初は失敗。つまりクレイモアになりきれない存在が妖魔となる。そして何とか成功した男性のクレイモアは即座に覚醒者となる。そこで、覚醒者のスパンの長い女性が実験台に。なので、クレイモアという存在が宙ぶらりんでいかに危うい存在かってことですね。
「勘が良すぎても、悪すぎても生き残れない」
・・・西の山中の覚醒者の言葉ではありませんが、AKYというかほどほどに・・・(汗)

ジャンプ SQ. (スクエア) 2008年 06月号 [雑誌]
B0017YLGOW

CLAYMORE 14 (14) (ジャンプコミックス)
八木 教広
4088745167

クレイモア No.47 クレア (1/8スケール塗装済み完成品)
B0014QKH5C
ARIA The ORIGINATION 「その 三色の素敵に・・・」(番外編)
夏合宿の日
アリシアさんは、相変わらず笑顔w
アテナさんも、笑っているw
晃:「今回はちょっと趣向を変えて、試しに指導者を替えてみようと思う。そこで、今からくじ引きを行う」
後輩3人:「えー!!(驚)」
アリア社長が、黙々とくじを作っている。
後輩三人がくじを選ぶ。
晃:「じゃあ、結果を発表する。まずは灯里」
灯里:「はひ~」
晃:「お前は、この私だ!w」
灯里:「あわわわわ(汗)」
晃:「次、藍華」
藍華:「はい」
晃:「お前は、アテナだ」
藍華:「は~い」(不満そうな顔)
晃:「最後は、もう分かると思うけど、アリスはアリシアだ」
アリス:「はい」(緊張した表情)
晃:「藍華、なんか不満そうだな」
藍華:「そ、そんなことはありませんよ(汗)」(でもやはり不満そうな雰囲気)
晃:「それでは、5分後に練習を開始する、いいな!」
後輩三人:「は~い」
・・・・
藍華:「ねえ、ねえ、後輩ちゃんww 一つ相談なんだけど~w」
アリス:「ダメです! これは先輩の方々が決めたことですから!」
藍華:「るな! そこをなんとか・・・ね、後輩ちゃん♪」
アリス:「じゃあ、私の言うことを聞いてくれたら、変わってあげてもいいですよ」
藍華:「ほ、ほんと! 恩にきるわよ、後輩ちゃん♪ で、何をすればいいの?w」
アリス:「そうですねぇ~w じゃあ、三遍回って“ワン”と鳴くってのは?」
藍華:「三遍回って“ワン”ね(汗) むむむむ、い、いいわよ(汗) 一回、二回、三回、“ワン!” どう? これでいい?」
アリス:「こ、この人、本当にやるとは・・・(汗) 藍華先輩、一言いいですか、ウンディーネとしてのプライドないんですかぁ・・・恥も外聞もorz もちろん、交換はダメです!w」
藍華:「うぇ~ん、後輩ちゃんにからかわれたよ~(泣)」
呆れる灯里。
・・・・
晃:「おーい!! お前たち!! 遅いぞ! 何をしてる!!」
先輩たちの下へ駆け寄る後輩3人は・・・姿を見て驚く。
なんと、先輩たちは制服を交換していたのだった。
アリシアさんは、オレンジぷらねっと。
晃さんは、アリアカンパニー。
そして、アテナさんは姫屋。
アリシア:「どう? 似合うかしら?w」
晃:「夏合宿だから、特別に雰囲気を変えて、少し変わったことでもしようかと思ったわけだ」
そして、いよいよ先輩を替えての練習が始まる。
・・・・
晃:「まずは筋トレからだ! 腕立て、よーい!! 始め!」
灯里:「はひ~(汗)」
晃:「いち、に、さん・・・。次は、砂浜の走りこみ!!」
灯里:「これって、本当に役に立つのかしら~?(汗)」(独り言)
晃:「サー!! 文句を言わない! ウンディーネの基本は、体力! 筋力だ!」
灯里:「はひ~(怖)」
・・・・
アリス:「こ、こんな感じでしょうか?」(緊張気味、硬い表情)
アリシア:「うふふふ、そうそう、とても上手よ♪ さすがアリスちゃんねww」
・・・・
アテナ:「上手よ、藍華ちゃんw」
藍華:「そ、そうですか♪ でもね・・・」(浮かない顔)
・・・・
晃:「おーい! みんな! そろそろ、一旦休憩にする!」
灯里:「はひ~ やっと終わった~(汗)」
アリス:「はい!」
藍華:「は~い」(やっぱり不満な顔)
晃:「なんだ、藍華! まだ不満なのか?」
藍華:「だって! だって! 私の気持ちを知っているはずなのにー!」
アテナ:「・・・(汗)」
晃:「くじ引きで決めたことだ! 不満ばかり言ってないで、いいから続けろ!(怒)」
・・・・
晃:「さあ、休憩も済んことだし!! また練習開始だ!!」
・・・・
練習終了。
晃:「どうだった? 今日の練習は?」
灯里:「ふぅ~、きつかったぁw でも、体を精一杯動かして、なんか気分爽快です!w」
相変わらず、浮かない顔で塞ぎこんでいる藍華。
最後までガチガチのアリス。
ついに、堰切ったように訴える藍華。
藍華:「もう我慢の限界! 晃さん!! なんで私がアテナさんなのー!! アリシアさんが良かったのにー!!」(泣)
晃:「また、その話か! いい加減にしろ、藍華! だから、言ったろー! くじ引きだからしょうがないって!」(怒)
泣き出す藍華。
アリシア:「ううん、本当はそうじゃないの。ごめんなさいね、藍華ちゃん。もういいじゃない、晃ちゃん。本当のことを言うわ」
晃:「・・・」(けげんそうな顔)
アリシア:「この企画をする前に、私たち3人は相談したの。変わった趣向ってのは晃ちゃんのアイデアなんだけどねw そして、私たちは、みんなの性格を考えて、指導する人を決めておいたの。ごめんなさい」
くじ引きの紙を見せるアリシア。当たっている人が違っている。
藍華:「ひどい! じゃあ、最初からインチキだったってことじゃないですか!!」
アリシア:「ごめんなさい、藍華ちゃん。でも、分かって欲しかったの、私たちの想いを。確かに、藍華ちゃんが私のことを慕ってくれるのはとても嬉しいわ。でもね、それでは練習にならないの。それは、灯里ちゃんやアリスちゃんにも言えることなの」
晃:「(咳払い)灯里を選んだのは私だ。いつもアリシアに甘えてるんじゃないか、鍛えなおさねばと」
アリシア:「そして、アリスちゃんを選んだのはこの私。アリスちゃんは、技術は優れているけれど、どうしても表情や仕草が硬いの。もう少し肩の力を抜いて欲しかったの。ゆったり伸びやかにねw」
アテナ:「藍華ちゃんを選んだのはこの私。いつも晃ちゃんに厳しく指導されているで、緊張しっぱなし、リラックスして楽しんで欲しかったの」
晃:「いいか、藍華! 『私は残り物を引かされた』と思っていたら大きな間違いだぞ! そして、アリス! アテナは確かに物静かだが、そんなにドジっ子じゃないぞ! このことも二人に分かって欲しかった。藍華、お前はそのことに気づいていなかったんじゃないのか? 今日一日の練習をもう一度思い出してみろ!」
灯里の練習をみながら、藍華の様子が気になっていた晃さんの回想シーン。
晃:「お前は、自分のことばかり考えていて、何も見ていなかったんじゃないのか? お前がいくら不満そうな顔をしていても、アテナは一生懸命指導していたぞ。ウンディーネの真心は相手のことを思い遣る、相手を笑顔にさせようとするもてなしの心。藍華、そのことに気づいていたのか?」
自分の不甲斐なさに泣き崩れる藍華。
おもむろに藍華を抱きしめるアリシアさん。
アリシア:「いいのよ、藍華ちゃん、泣かなくて。私たちが悪かったの。それに、一つ一つ学んでいけばいいの。ダメじゃないの。それにね、私たち三人はもちろん付き合いが長くてそれぞれのことをよく知っているわ、けれども晃ちゃんと藍華ちゃんの付き合いは、私よりも長いの。私たちそれぞれが、そのことを知っていて決めたことなのよ。ごめんね、藍華ちゃん」

【創作のポイント】
その1:一度制服違いを見てみたいと思ったのでw ある意味グランマの姫屋バージョン、アリアカンパニーバージョンのようにww
その2:アニメ化されていない原作本の中のストーリーから。先輩三人組の出会いのストーリーを読んで、ふと思ったのでw

【余談】
RD潜脳調査室の蒼井みなも(沖 佳苗)ちゃんみたいな元気キャラがほしいなぁとww
おれんじプラネット所属、アリスちゃんの後輩としてww
〔先輩-後輩〕
灯里(動)-アイ(静)
アリス(静)-アの付く人(動)
って、組み合わせが面白いかとw
とはいえ、藍華の後輩はどんなキャラがいいかなぁとw

ARIA The ORIGINATION パーフェクトガイドブック
天野こずえ
4861275105

ARIA The ORIGINATION ~蒼い惑星のエルシエロ~(限定版)
B0016M1T92

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。