有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンダムSEED DESTINYのエンディング
次回予告の表現について
一言で言うと、メカモノ・ヒーローものらしい。さめた中に、従来のヒーローチックな熱さを感じさせます。
予告は、直接的な話の筋の説明ではなく、文学的・情緒的(ツッコミ:物語でしょ)で言っていることが、分かるようで分からない時がたまにあります(今日の予告の言いたいことは分かりました)。
論理的、つまり“正しい日本語”的に考えると、理解しづらい。外国語にしようとすると、難しいのでは?
しかし、そのほうが、ストーリーに対するインパクトは絶大。
単に言葉を読み取るのではなく、力強い音調のバックミュージックの前で繰り広げられる映像やインパクトのある言葉・表現を通じたトータル的な雰囲気やニュアンスで“感じるんだ!!”って感じです。スターウォーズの“フォース”みたいです。
さらに、最後の〆のフレーズが、“うぉー、メカモノ・ヒーローモノだ”って感じで、心が沸き立つような、少し恥ずかしいような感じ(どちらかというといい意味)で、鳥肌が立ちます。
表現を分解すると、
①「インパクトがあってお尻に“!”が付くような命令形」
      +
②「メカ名・艦船名などの単語」
になっています。
たとえば、①については、“駆け抜けろ!”とか“なぎ払え!”という力強い表現です。
そして、よくネタ切れしないんだろうとか、ニアミスしないんだろうと感心します。
ちなみに、本日は
「新たな敵を!打ち砕け!インパルス!!」
でした。
ほぼ1文節程度の単語で言い抜ける表現が、メカモノ・ヒーローモノの常套句らしくて最高!!
それにしても、巨大モビルスーツ「デストロイ」、「モビルスーツなのか!!」と言っていたように、「ガンダム」に「ジオング」と「ビクザム」を合体させ、バリアまで装着した恐ろしい兵器です。
バリアは「ザムザザー」などにも平然と装備され、電磁バリアらしく、ビーム系の兵器に対しては強いですね。ザムザザーの時は、タンホイザーをはじきましたね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuukansimin.blog7.fc2.com/tb.php/110-9f877424
この記事へのトラックバック

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。