有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
“製作委員会”って何?
最近は、アニメや映画でも、“○○製作委員会”というのが目立ってきています。以前は、配給会社、広告代理店、テレビ局、出版社、角川春樹事務所や稲川素子事務所といった“□□事務所”(もちろん現在もあります)というのが主体だったのに、と思って調べてみました。
はてなによれば、「テレビ番組、映画、アニメ、ゲームなどにおける製作資金の出資形態の一つ。著作権の管理を行い出資者に収益を分配する。『制作委員会』とも」(抜粋)となっている。
ウィキペディアによれば、「映画の製作費が高騰し一社だけで出資することが困難になってきたこと、テレビアニメ化するには人気が低く製作費が集まりにくいことなどを解決するために複数の製作者からの出資を募る形態である。テレビアニメでは劇中の組織名や学級名を製作委員会の名称にすることがよく行われている。また最近では、特定目的会社(SPC)を利用して作品を製作するための会社を設立することも行われている」(抜粋)となっている。
つまり、単に製作スタッフが集まってチームを作って管理するだけでなく、製作費を確保するという財務目的の形態でもあります。
“○○製作委員会”とするとカッコイイなんていう単純な話ではありませんでした。
さらに最近では、映画やアニメやゲームの制作などのコンテンツ産業でも、ファンドとして一般に出資を募るケースも増えてきているためかも。やはり、出資金の確保と顧客開拓を含めた要素かもしれません。
ただし、全体像はつかめましたが、いつ頃からから始まったのかとか、どんな組織内容・位置づけなのか、出資者との関係性などについての明確な内容は分かりませんでした。
関連ニュース:角川春樹、麻薬事件など語る(Yahoo!ニュース)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuukansimin.blog7.fc2.com/tb.php/117-c3f4b413
この記事へのトラックバック

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。