有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今頃ですか?-毎日新聞-
6月6日の朝刊「食の現場から」シリーズ、「1 もったいない」という記事が載っていた。
やはり出てきたなとは思いましたが、特に、コンビニやスーパーの廃棄商品については、捕捉するのが少し遅いような気がします。でも、再考という意義はありますが。
ブームとしても遅れています。以前、NHKが食プロジェクトなどをやっていましたし、
環境問題としても、このような事実はもっと早期の段階で把握すべき問題であったと言えます。
この記事も1日遅れですが・・・(^^;)
20050607191445s.jpg

興味のある方は、1面、2面、15面に載っていますので、参照してください。
「食の現場から」シリーズ記事:
6月7日「2 野菜選別 わずかな傷で葬られ」
6月8日「3 ホテル 披露宴料理24%廃棄」
6月9日「4 外食産業 “みずみずしい”生ごみ」
その後、毎日新聞の朝刊(6月25日)で、セブンイレブンの廃棄見直しの記事(「コンビに食品廃棄見直し」)がありました。
さらに、6月27日の毎日新聞(朝刊)には、「『食の現場から』反響特集」がありました。
個人的には、日本人の偏屈な購買行動や意識、そして賞味期限や欠品に対する恐怖心や潔癖さの足かせがある以上、現場において環境ISO14000シリーズは絶対に取れないと皮肉を込めて、確信しています。
関連書籍:
『もったいない』
映画(スーパー、食品):
「スーパーの女」:食品スーパーの営業上の問題点
「たんぽぽ」:食とはなにかを痛切にえぐる
伊丹作品を見ると、直接的に表現している部分もありますが、間接的にシーンの一部で垣間見ることができます。
また、大昔にNHK特集(NHKスペシャルの前身)で、マクドナルドが、30秒くらいで廃棄するシーンが流され、衝撃を受けたのを覚えています。その後廃棄時間は見直されたようですが。
20050608195024s.jpg
20050608195049s.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuukansimin.blog7.fc2.com/tb.php/132-87f5427f
この記事へのトラックバック

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。