有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
攻殻機動隊 「左眼に気をつけろ」
今回は、サイトーの過去のお話。“彼が左目を失った経緯とは?”でした。
少佐の敵の追い込め方、手際よかったです(「本当のプロ」ですから)。
バトーの少しぼけーっとしたところや、大雑把なところは今と変わりません。
【プロローグ】
経済問題を背景とした日米安保問題の会談のため、来日したシュレーダー米国務長官。
護衛のために9課も出動。安全保障問題では、やはり依然として9条でもめていることになっています。
暇を余し、サイトー、アズマ、トグサたちは、警察車両の中で、ポーカーを。
しかし、サイトーばかりが勝っている。嫌気をさした面々はサイトーに愚痴をこぼす。
それに対し、サイトーは、「過去に命の駆け引きをやってきた。ポーカーは所詮ガキの遊び。1対1のスナイピングという心理戦をやって以来、一目見れば相手の考えていることが予測できる」と吐露する。そして、彼の過去の戦歴が明らかになる。
【ストーリー】
話は、2020年までさかのぼる。
サイトーは、世界情勢における日本の立場に嫌気がさして、日本を飛び出し、メキシコ暫定政権に味方する“赤いビヤンコ”に傭兵として参加していた。
当時のメキシコの状況を作り出したのは、先の核大戦で分裂し、疲弊していた米帝(言い回しが北朝鮮風)で、麻薬市場を壊滅させる名目で、国連を炊きつけ、メキシコに介入を容認させ、英日を中心とした国連軍を派兵させた。
国連軍の進軍状況・戦況は、首都攻略を目的とした絨緞爆撃を敢行し、抵抗するゲリラを一掃すべく、モントレーに機甲化師団を送り込んだ。爆撃後、サイトーの味方は全滅。サイトーは投降するチャンスをうかがっていた。

そんな時、サイトーの通信傍受端末に、戦術核を持った特殊部隊の情報が入電。サイトーは、最後にその部隊に一泡吹かせてやろうと襲撃を考えた。
サイトーが待ち構える中、彼らはやってきた。その部隊は、英日の混成で、若き日の草薙、とイシカワとバトーの姿が。5:00の鐘の音と同時にサイトーはマザー伍長を狙撃、部隊は散開。草薙は狙撃元を特定すべくイシカワにハッキングを命ずる。その後、東側の建物からサイトーの仕掛けておいた20ミリ弾が発射。イシカワの分析で、場所(東側の建物、教会、病院)は3ヶ所、さらに弾数から狙撃手は1人に特定された。草薙は東側の建物を回って、軍曹の下へ合流、無人だったら合図と同時に教会と病院を攻撃、その隙に伍長と戦術核を回収するよう提案。そして、草薙とスローは東側の建物に向かう。
草薙たちは軍曹の下に到着し、ダミーであることを説明する。軍曹は教会が怪しいとにらむ(病院からでは距離が遠すぎる点)が、草薙は論拠(ジャミングを一旦切り、GPSを利用しないで、スナイピングで勝負してくる点、手練れで、“ホリオリの法則”(?)“コリオリの法則”まで熟知していたら全滅の可能性がある点)を示して病院が怪しいと主張。
イシカワがバトーに言った「勇猛さより慎重さが生き残る秘訣だ。メスゴリラをよく見ておけ。あれが、本当のプロだ」

その間に、さらに狙撃。
→サイトー、下手に狙撃して場所を特定されてしまったのがまずかった。

これによって場所は病院と特定、反撃をしている間に戦術核のポッドを回収する。
軍曹は、一旦引き上げる命令を。しかし、草薙は現状(通信遮断、味方の数の利や士気、相手の優位性など)を判断し、戦う必要性を主張、決戦へ。
無反動砲を打ち込むとともに、スモーク弾を打ち、煙に紛れて突入すると作戦。
草薙は単独で突入を決行する。

サイトーは、パニックを起こさず体勢を立て直せる優秀な指揮官がいて、決戦の時が近づいたことを悟る(「アドレナリンが噴き出すのを細胞レベルで感じていた」⇒カッコイイ表現)。
草薙の冷静な判断と突飛な行動に、バトーは「あいつは何者?」と唖然。
それに対して、イシカワは、「戦闘の天才、そして俺たちは彼女のことを“少佐”と呼ぶ」と。
→“ぶるっ”ときました。

一方、病院のビルに突入した草薙は、銃のコードを首のインターフェイスにつなぐ。
草薙とサイトー、対峙。
サイトー、「対峙したそのわずか1秒足らずの間に、この撃ち合いの結末を想像し、戦慄した」=「つまり、俺は殺られる」
つまり、サイトーは、少佐のまばたきもせずに立っている姿を見て、瞬時に草薙が全身義体のサイボーグで、手にしているライフルは、フリセンシングのセミオート、射撃制御ソフトは、長(×超)中短距離をフルインストールと判断。
サイトーのシミュレーション:狙撃銃(ボルトアクション)の欠点
1発目を発射→初弾を打ち落とされる→柱に身を隠す間に2発目をくらう

サイトー、この逆境からの会心の一撃を思案する。
①最初に3発も使ってジャミング装置を破壊したこと。
②スナイパーのポジションにありながら、フルセンシングのライフルをショートバレルにしていること。
→中距離時、サブマシンガンの代用とすることを前提としている。つまり中距離射撃用ソフトはインストールされていない。スナイピングするために、制御ソフトを衛星からダウンロード中だ。
サイトー、一か八かの賭けに出る。
サイトーの弾は、草薙の頬をかすめる。
草薙の弾は、サイトーの左目をかすめる。
サイトーがひるみ、ハンドガンを手に反撃する間もなく、草薙はサイトーのハンドガンをはじき、ナイフで左目を切りつける→ナイフをかざす。

草薙、開口一番、何を言うかと思いきや。
「キサマ、いい腕をしているな。今から私の部下になれ」

サイトー、「始めから少佐のポーカーフェイスにはめられていた。・・・それは、少佐からの最初の命令だった」と回想。

さて、ポーカーの結果は・・・・
アズマ、話を馬鹿にし、ポーカーの勝ちを。そして、サイトーは車を出て行く。
タチコマが、サイトーのカードを開いてビックリ、サイトーはストレートフラッシュで、またもや勝利。

【商品情報】
「ホビージャパン」8月号で紹介されていましたタチコマのフィギュア付きブックです。
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 特別編 TACHIKOMA FILE
489425381X

《以下のサイトで取扱中》
amazon.co.jp
オンライン書店ビーケーワン
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ホリオリじゃなくてコリオリ
ナイフで左目を切ったんじゃなくて初弾で撃った
ナイフは手をさしただけ
2005/07/25
(月) 04:05:42 | | 名無しの訪問者さん #-[ 編集]
すいません。どおりで、ホリオリで検索しても、検索にかからず、何のことだか分からなかったわけです。ご指摘助かりました。
2005/07/25
(月) 22:16:45 | | airblue #-[ 編集]
超中短距離ではなく、
長中短距離なのではないでしょうか。
そうでないと、フルインストールにならないのではないのでしょうか。
2005/08/21
(日) 14:17:00 | | 名無しの訪問者さん #-[ 編集]
ご指摘ありがとうございます。
直しておきます。
すみません(汗)。
2005/08/25
(木) 19:38:06 | | 有閑人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuukansimin.blog7.fc2.com/tb.php/167-adb75d67
この記事へのトラックバック
サイトーと少佐達との出会いのお話。ポーカーをしながら思い出話に花(?)を咲かせます。最近タチコマがドラえもんに見えて仕方がない僕は病気でしょうか・・・。若い頃は左目も健在だったサイトー。眼帯が無いと普通の人です。昔は敵だったサイトー。「主役に負け
2005/06/30(木) 17:15:40 | 時間の無駄と言わないで
メンバーの過去に関するエピソードが順番に来てますね~。今日の主役はサイトー。ポーカーフェイスで、ポーカーに勝ちまくるサイトーが、過去に一度だけ腹の底から震えたという心理戦の経験を語ります。2020年夏、傭兵だったサイトーは反政府活動に参加しており、戦況の一発
2005/07/02(土) 17:54:56 | 蛙・鳴・蝉・噪
攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 07【左眼に気をつけろ】~ポーカーフェイスにハメられた~今回はサイトーさんの話であり、サイトーさんが少佐に出合ったときの恐怖話でもありました。震えがくる様なスナイピングに心理戦とは少佐との事だったんですね。茅葺総
2005/07/02(土) 23:29:16 | Cosi Cosi

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。