有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スピードグラファー 「人妻神楽」
今一歩のところで、水天宮の目論見が失敗です。はがゆい水天宮。
花嫁が式場から連れ去られるっていうありがちなパターンでした。
ただし、新しい展開への序曲ってことでしょう。
【ストーリー】
◆神楽奪還へのプロローグ
百合丘との戦いを終えた雑賀は、銀座を永山大学病院へ運ぶ。
そして、百合丘の車で、再び東京へ戻る。
→百合丘あての結婚式の招待状をゲット。
東京に着いた雑賀は、模型店を訪れ、あるものを依頼する。
→百合丘に変装するための仮面でした。
次に雑賀は、ボブの元を訪れ、手を貸してくれるよう頼む。
→ヘリの手配でしたかぁ
さらに、ボブの恋愛指南が展開。
「ユーも不自由な男ね、カメラ越しにしか恋ができないなんて」
「ユーは、深く傷つくわ」
そして雑賀は、神楽の病気について語る。
「あの子はもう長くないんだ」、「最後までふざけた大人のおもちゃだなんて」
さらに、東西通信社の戸越に電話。協力を求める。

◆電気のユーフォリア、神田神父登場
神田神父は、教会改築の資金の使い込みを問いただされる。
神父:「電気だ。電気こそが、この世の森羅万象を司り、人間の脳すら支配している。私は神の力を得たのだ」、「私こそが神。神となった私に、ここはみすぼらしすぎる」、「私には既に私にふさわしい新しい城が用意されているのだ」

◆六本木クラブ国有化!?
閣議でクラブの運営方針が議題として取り上げられる。
→議員たちは、水天宮を疑い、いぶかしく思っている。
運営を極秘機関に委託、必要資金を国費で賄い、国会議員は特別会員として会費が無料という総理の提案がなされる。
→当然、満場一致

◆サグラダファミリア風の教会での挙式
水天宮の元に、神楽の体内物質の培養に成功したとの連絡が入る。
→次の段階へ移るように指示。
控え室の花嫁姿の神楽に水天宮は語りかける。
「忌まわしき因子を持った同士よ。私とお前は兄弟であり、親子。そして夫婦となる。この腐った世界を生まれ変わらせるために」
→秘書に婚姻届、財産関係の名義変更の受理を急がせる。
→役所で婚姻届を受理させる(「これで人妻神楽様」)

◆開式
銀座は、意識を回復し、テレビからのライブ中継を見るやいなや、雑賀を追いかけて式場に向かう。
雑賀は、百合丘に変装し式場内へ。
銀座が到着すると、そこには戸越が。「事件が起こるとのたれ込みがあった」とのこと。
会場内では式が挙行されている。
神楽がゴンドラで登場。神父の神田はユーフォリア。
辻堂から新治に百合丘が殺られたとの連絡が入る。新治:「何!しまった」
百合丘に変装した雑賀が登場。カメラをぶっ放す。
「神楽の母を殺し、天王洲グループを乗っ取り、神楽まで手に入れるつもりか」
水天宮:「悪ふざけはいい加減にしてもらおうか。その声には聞き覚えがあるぞ、雑賀辰巳」
新治:「そいつは百合丘なんかじゃねー」

教会の外では、
戸越:「なんだ、今の音は。何かが爆発した。すぐにスタジオにつなげ」
→他の記者たちは大騒ぎ。

雑賀:「水天宮、その子から離れろ。その子をお前の好きなようにはさせない」
水天宮:「そんなに神楽が欲しいか」、「シャッターを押せるものなら、押せばいい。だがその時には」と、血の攻撃が始まるのかーと。
雑賀はシャッターを切る。
→取材陣のシャッターの前にさらされるように計算していました。おかげで、攻撃できなくなりました。
雑賀:「やれよ、水天宮。お前の正体を国中に晒してみろ・・・お前もここにいる連中も全員おしまいだ」
→来場者が逃げ出す。パニックに。
シャッターと血の攻撃の応酬が始まるが、うまく雑賀が神楽を連れ去る。

◆天罰
「なんということだ。私の教会で最初の挙式が、女神様の不貞とは!!」、「水天宮様、あの二人には、必ず私が天罰を」
雑賀と神楽は、教会の非常階段に。
雑賀は、催眠状態の神楽を正気にさせる。
神楽:「私、結婚させられそうになって。雑賀さんが奪いに来てくれた」
雑賀:「逃げよう!」
神父:「そうはいきません。あなたたちは神の裁きを受けるのです。さあ、自らの罪を懺悔なさい」
→手すりから雷ショック。
神父:「どうです?これであなた自慢のカメラも使えないでしょう。電気こそが宇宙の真理。電気こそが真実。その真実の前に、あなたもひれ伏しなさい」
雑賀は、カメラを放り出す。
雑賀:「一つだけおしえてやる。プロが使うカメラってのは、電子制御なんてものじゃねー。完全機械式だ。ショートなんてしねー」
神父はまたも、雷ショック。
雑賀:「俺の真実は、このフィルムに写る光と闇だ」バーン

◆脱出
ボブがヘリで到着。
縄橋子つかまって脱出。
神父は最後の力を振り絞って、ヘリに向けて雷ショック。
神楽は川に転落。雑賀も後を追って転落。
神楽:「またここへ戻ってきちゃったですね」
雑賀:「だが、あの時とは違う。これからは一緒だ」

《ランティスウェブラジオ》


スピードグラファー・ディレクターズカット版 Vol.2 (初回限定版)
スピードグラファー・ディレクターズカット版 Vol.2 (初回限定版)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuukansimin.blog7.fc2.com/tb.php/183-9923ff15
この記事へのトラックバック
ぶっちゃけ、この花嫁奪還劇、ビミョ~・・・。あまりにもアッサリとしすぎているような。その直前に神楽を一目見たときから、実は恋に落ちていたという雑賀の想いが打ち明けられている分、個人的にはもうちょっと、神楽をめぐっての熱いバトルを見せて欲しかった気がします
2005/07/10(日) 19:11:00 | 蛙・鳴・蝉・噪
スピードグラファー・ディレクターズカット版 Vol.2 (初回限定版)【人妻神楽】~ふざけた連中のオモチャでいるなんて!~神楽と水天宮の結婚式の招待状を見つけたサイガはクモ男になりすまして式場へ。サイガには協力してくれる人が沢山いますね。顔も広いの
2005/07/12(火) 16:01:22 | Cosi Cosi

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。