有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンダムSEED DESTINY 「天空のキラ」
いよいよ、エターナル、ラクス、起動。本格的に動き出しました。
そして、今週のキーワードは“守る”、そして男性陣は“落ち込む”でした。

《Yahoo!期間限定特別企画》:2005年7月12日~8月22日
「ガンダム占い」登場!!
※誕生日と血液型を選んで「行きまーす!」だそうです。

【エターナル】
◆ラクスの不安と予想
ラクスは、ヘブンズベースが予想以上に早く陥落したことに衝撃を受ける。
ヘブンズベース、そしてオーブに向かう騒乱が、プラントと地球を一つにまとめる世界の新たな秩序作りの土台としてのデュランダル議長の野望を推測する。
◆デスティニー・プラン
廃棄されたL4・コロニー “メンデル”の遺伝子研究所(→作ってます)から実験資料(ノート)をエターナルに持ち帰る。
その中には、デュランダル議長の“DESTINY PLAN”なる文面が・・・
「ディランダルの言うデスティニー・プランは、一見今の時代に有益に思える。だが、我々は忘れてはならない。人は世界のために生きるのではない。人が生きる場所、それが世界だということを」
◆発進
メンデルを見張っていた偵察ジンを捕捉。
本隊が付近にいることを察知し圧倒的に不利な現在の状況に対して、先手勝負。
ラクスは、エターナルの擬装を解いて発進、ザフト軍艦隊に追撃させ振り切る(高速艦ならでは)。同時に機体(ドムトルーパー)の最終調整が終了していないファクトリーに対応の時間を稼がせようとする。また、最悪の場合、アークエンジェルに向けてポッド(2機の機体(ストライクフリーダム+インフィニットジャスティス)と資料)を射出すると。
ラクス:「勝ちたいのではありません。守りたいのです」
→ラクス、この辺は優秀な指揮官の顔です。
そして、とうとう、この時が。
バルトフェルド:「エターナル発進準備」、「ターミナルに通達」、「偽装排除」、「ファクトリーには俺が話す」
ラクス:「エターナル、発進します」
エターナルは、突破が無理な場合、ポットだけアークエンジェルに送ることを打電。
思惑通り、ナスカ級を中心としたザフト軍艦隊は、エターナルを“テロリスト”として叩こうする。
「戦後のどさくさに紛れて行方不明になっていた艦にこんなところでお目にかかるとはな」「逃がさんぞ、テロリストども、ようやく見つけたんだからな」
ザク、グフを中心にモビルスーツを展開。
エターナルは必死に応戦するも、バルトフェルドは、いたたまれず、ガイアで出撃。

【ヘブンズベース】
ザフト軍に制圧されたヘブンズベースを制圧。
陥落する前に、他のロゴスの面々を見捨て、ジブリールだけがこっそり逃げたことに気づく。
デュランダル議長:「しかし、困ったお人だ。これ以上、何をしようというのかね。とにかく彼を捕まえないことには、話にならない。・・・面倒なところに逃げていないか・・・」
→面倒なところ=オーブ(→ラクス曰く、「力と理念を持った強い国」)

【アーエンジェル】
◆地下秘密基地
修理は思った以上に、てこずっている。
そして、キラは、自分が何も守れないと落ち込む。
病室のアスランもまた、メイリンを巻き込んでしまったことや、ユリウスセブン降下、そして戦争をも防げなかった自分と、守るべき国(重い責任)があるカガリを比べ、落ち込む。一方、カガリも、個人としての自分と元首として自分に歯がゆさを感じている。
アスラン:「死にたいような気分だ。残念ながら大丈夫だ」
カガリ:「私のことは許してくれるか」
アスラン:「謝るのは、俺の方」
カガリ:「私は、結婚しようとした」
アスラン:「守りたかったんだろう。オーブを。カガリは国という重い責任を・・・。焦っていたのかな。・・・何もできない自分に・・・何かしたかった。止めたかったんだ戦争になるのを」
カガリ:「難しい。そうしたくて、そう言っているのに、そうならない」
カガリ:「ロゴスのせいか?」
アスラン:「そんなはずはない。絶対に」
◆緊急事態発生!!
エターナルからの緊急入電が。
ラミアスは、キラをブリッジに呼ぶ。
アスランはキラに訴えかける(フラガ少佐もといネオ・ロアノーク大佐)。
アスラン:「キラ、行け。ラクスを守るんだ。絶対に」
ネオ:「『彼女を失ったら、全て終わり』だそうだ」
キラは、ストライクブースター(!?)で発進。
→大気圏突破できるんだー
何とか、ストライク、間に合いました。
バルトフェルド:「だったら、早くエターナルに行け。自分の機体をとってこい」
《感動のご対面》:キラが現れると、ラクス、普通の恋する乙女に
◆待望の新機体
キラ:「ありがとう。これでまた、僕はちゃんと戦える。僕の戦いを、待ってて、すぐに戻るから。そして、帰ろう、みんなの所へ」
《モニタ画面》
Zodiac Alliance of Freedom Treaty
MOBILE SUIT NEO OPERATION SYSTEM Z・A・F・T
Generation
Unsubdued
Nuclear
Drive
Assault
Module
Complex

ストライクフリーダム発進。
→バリア盾とドラグーン・システム装備。
→わずか2分で、25機を殲滅。グフ全滅。ザフト軍艦隊は航行不能。

オープニング:
Wings of Words (機動戦士ガンダム SEED DESTINY OPテーマ) (初回生産限定盤)
Wings of Words (機動戦士ガンダム SEED DESTINY OPテーマ) (初回生産限定盤)


エンディング:
機動戦士ガンダム SEED DESTINY 第4クール EDテーマ 君は僕に似ている
機動戦士ガンダム SEED DESTINY 第4クール EDテーマ 君は僕に似ている

テーマソング:
vestige -ヴェスティージ-
vestige -ヴェスティージ-

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuukansimin.blog7.fc2.com/tb.php/191-c54ca5b8
この記事へのトラックバック
最近、OPがあまりも番組と合わなくて不満を漏らしながらも、どうせケミファンは大勢いるのだからSEEDファンの人が曲を買わなくても結局ランキングの上位にくい込むだろと思っている全国のSEED-Dファンの皆様さっそく感想に行くしかないじゃないか!
2005/07/18(月) 00:48:48 | CODY スピリッツ!
シンとか、デュランダル議長の出番が少ないだけで、視聴後の気分がこんなにも違うものかと改めて実感した土曜の夕方。ストライク・フリーダムのデビュー戦となったエターナル攻防戦ですが、いやぁ気持ちよかった!戦闘のたびに「お前のせいでー!うぁぁぁぁぁ!!」とかいう
2005/07/19(火) 02:34:10 | 蛙・鳴・蝉・噪

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。