有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リニアモーターカー!!
今週の“所さんの目がテン!”は、“未来はすぐそこ!!リニアモーターカー”の科学でした。科学(物理)らしいテーマでした。そして、珍しい人が特別出演でした。相変わらずの無理やりのジョークのために(笑)
でも、リニアモーターカー、“カー”が付き、車には違いありませんが、電車のイメージですね。電車好きの方は、楽しめたと思います。
フレミングの右手則・左手則の内容の話が出てきました。
◆愛・地球博から車両基地まで
てなわけで、まずはじめは、愛・地球博の“JR東海 超伝導リニア館”が出てきました。実車(MLX 01-1)が展示されていて、超伝導リニア3Dシアターが紹介されました。
【記録】
・時速500km、東京-大阪間を約1時間でつなげるとのことです。
・有人走行での世界最高時速581 kmをマーク!!
【歴史】
1962年:研究開発開始
2002年12月31日:世界初、商用リニアモーターカー(上海磁浮列車)開通
※市内-空港間30km、最高時速430km。
次に出てきたのが、“リニモ”(最高時速約100 km/h)。佐藤さんが言っていたように“ゆりかもめ”に姿が似ています。リニモは、鉄のレールの下側に磁石があって、6cm浮いてます。そのため、51.9tの車両(3両編成、1.4t乗用車37台分)を人力でも動かせると、実際にやっていました。

◆リニアの原理・身近な応用例
そして、所さんも驚いていましたが、リニアの原理の起源が、回転モーターの展開(丸まっているものを直線状に延ばす)というのは、ビックリ。
リニアの原理の応用例として、
①都営地下鉄大江戸線:浮いてはいないが、リニア誘導モーターを利用
②リニア式シェーバー:横方向の直線運動として、無駄な動きなく、振動が少ない
③リニア式自動ドア:摩擦がないので、故障しにくい
・・・が出てきました。

◆矢野さん、山梨リニア実験線で、大感動!!
何と言っても、早かったです。「のぞみ」やインディーカーをゆうに凌ぐスピードですから。運転席はなく、司令室で制御していました。

矢野さんは大興奮・大感動でしたが、佐藤さんは“ZZZ”と快適そうでした。お仕事中ですよー(笑)。
そして、超伝導リニアのメカニズムには3つの特徴がありました。
→これも、走るのと浮くのが別だというのには、目からうろこでした。
【構造①】:推進の仕組み
・車両の側部に非常に強力な超伝導磁石を配置
・レールに相当するガイドウェイの両側に強力な電磁石を配置
→車両の進む方向にしたがって、電磁石の極を入れ替えすれば、磁力の移動にあわせて、車両が進み、磁力の流れの速さを変えることで、車両のスピードを調節。
【構造②】:浮遊の仕組み
・ガイドウェイに8の字型のコイルを配置
→リニアに配置されている超伝導磁石によって、コイル内に電流が流れる。
→コイルが、磁石になる(コイルは必ず反対の極になる)。
そして、
コイルは、8の字なので、コイルの上側と下側で電流の向きは逆。
→上側と下側で反対の極になる。
→上側からは引っ張られ、下側からは押し上げられる。
→浮遊する。ちなみに、10cm浮いているそうです
【構造③】:はじめ(低速時)は、タイヤ走行!?
→時速約160kmで、浮き始める。
これは、電流の量に秘密がありました。つまり、スピードアップすると、電流の量が多くなり、強力な磁石になり、浮遊する力が得られるということです。
でも、リニモのように、止まっていて、浮いてはダメなの?とも思いましたが。おそらく、浮いたままからのスタートだと、スピードアップの効率が悪いのでしょう。
そして、矢野さんが言っていた日本は地震大国だから、隙間があれば、対応がしやすいっていうのには、少し疑問がありました。地震が来たら、高架や電源供給とかの他の点がヤバイのではと思いました。
余談ですが、ここで登場したのは、自転車用ライト“マジ軽ロボ”

実は、これ(マジ軽ライト
:ハンズで購入)使っています。結構おすすめ。

※なぜ、“超伝導”なのかについては、電気抵抗が少ない超電導物質で作ると、非常に強力な磁石ができるからだそうです。つまり、電気がスムーズに流れて、効率が良くなるわけです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuukansimin.blog7.fc2.com/tb.php/193-998d7d13
この記事へのトラックバック

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。