有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アリア〔新〕 「その 素敵な奇跡を・・・」
ほのぼの、癒し系アニメの爽やかさがいいです。ゆったりとした雰囲気&何気なさの中にある発見や感動、GOODです。
プラス、“萌え”でもあります!!
それにしても、アリア社長って猫!?(アクア猫)だったんですね。
“ネオ・ヴェネツィア”(水の惑星“アクア”の観光都市)の景観きれいです。
ゴンドラに乗せる人の人間模様が中々いいと思います。
忙しのにわざわざアリシアのボイスメッセージを聞きに電話をかけてきたアカツキ氏。
しかも、彼によって、灯里は“モミ子”と命名!?
マンホーム(地球)からアクアにウンディーネ(水先案内人)になるためにやってきた水無灯里の成長アニメですね。最後に感動の教訓付きです。
【公式HP】
「ARIA The ANIMATION」公式サイト
【ストーリー】
◆不機嫌な少女
ある少女から「アリシアさんのゴンゴラに乗りたい」と予約の電話が入ってくる。
アリシアのゴンドラは予約でいっぱいで無理と。
じゃあ灯里のでもいいと。もちろん、修行中の半人前なのでお客をとることができないと断る。
ところが、練習でゴンドラに行くと、その少女(アイ)が乗っている。“今から友達”ということで強引に乗り込むアイ。
さらに、毒舌アイちゃんは、ゆれまくってると灯里のへたくそさを指摘、そしてゴンドラに乗りながら、つまらなそうな表情を浮かべている。
途中、藍華に会い、ただ乗りだと指摘されるが、アイは彼女のにもやはりへたくそと。
とにもかくにも、3人+1匹で川面を進んでいくことに。
アイを楽しませようと観光案内を始める灯里だが、藍華にただ乗りの上にそんなサービスまでといわれる始末。
そして・・・
灯里:「この街って、奇跡でできてるんだよね。水も空気もなかったこの星に街を作ろうとした人たちのたくさんの想いが集まって生まれた素敵な軌跡。私たちが出会ったのも奇跡の一つかも」
→“恥ずかしい台詞禁止!”by藍華
さらに、川面を進む。

◆アリア社長失踪
途中のじゃがバター屋に立ち寄ることに。もちろん、最初アイちゃんには不評でした。
みんながくつろいでいる間、アリア社長は、鳥のまねをして川に立っている棒に上ろうとして、川の中へ。
→お決まりのパターンですね。
彼女たちは、アリア社長が流されていることに気づき、後を追う。
灯里の奥の手、無敵の“逆漕ぎ”登場!!
しかし、あと一歩のところで、飛行機の通過に妨げられる。
そこへ、アリシアのゴンドラ登場!!
彼女の華麗な櫂さばきによって、アリア社長は拾い上げられる。
みんなは、アリシアの姿に素敵と感動。もちろん、アイちゃんも。

◆不機嫌の理由
アイは、アリシアに会いたかったわけを二人に話す。
アイは、姉が新婚旅行で来たアクアやネオ・ヴェネツィアの自慢話ばかりをするので、ここが嫌いだったと。でも、実際に来れば好きになるかもと思って来たが、両親に連れられていく場所はどこもつまらなかった。それで、アリシアのゴンドラに乗ろうとした。
じゃがバターや、逆漕ぎはとても楽しかったので、帰ったらお姉ちゃんに自慢のお返しをしてやろうと。
しかし、灯里は・・・
「お姉さん、自慢していたわけじゃないと思う。自分が好きになったものの話ってしたくなる。特に好きな人には。アイちゃんに教えたかったんじゃないかなアクアのこと」
→アイちゃんも、純粋にお姉ちゃんに話したいと。
そして、「灯里たちのおかげで、いつの間にかこの街が好きになっちゃったみたいです」と。
藍華:「嫌いが好きになるのも奇跡かもね」
→“恥ずかしい台詞禁止!”の自分ツッコミ。

◆お別れ
灯里は、お昼休みにアリシアのゴンドラに乗れるように頼んでみると言うが・・・
アイは、次にきた時は、また灯里のゴンドラでいいと嬉しい言葉を。
もちろん、早く一人前のウンディーネになってねの厳しい一言も。
そして、アリシア宛の手紙を受け取る。

◆本日の教訓
手紙を見るアリシア。
同封されていた写真を見て、ゴンドラの上で喧嘩を始めてしまった新婚さんの話を始める。
「仲直りできて幸せそう。お互いの知らない嫌な部分を知って戸惑っていた」と。
そして、
アリシア:「嫌いな所を好きになるには、少し努力が必要だけれど、もしそれができたら、好きな人は大切な人になる」
灯里:「大切な人・・・その奇跡は努力で起こすことができるんですね」
アリシア:「そうね。アイちゃんに奇跡を起こしたのは、アイちゃん自身かもね」
灯里:「お姉さんのこと、もっともっと好きになりたい。アイちゃんが生んだ奇跡なのかも」

TVアニメーション「ARIA the ANIMATION」スターターブック
4861272041

オープニング:
ウンディーネ
牧野由依
B000B7MCA8


エンディング:
Rainbow
ROUND TABLE featuring Nino
B000B7MCAI
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuukansimin.blog7.fc2.com/tb.php/274-69bf5890
この記事へのトラックバック
公式サイト:http://www.ariacompany.net/極上生徒会の後番組として始まったこのアニメ。最初はあまり期待していなかったのですが、なかなかに素晴らしい雰囲気アニメでした。全編通してゆったりまったりした空気が流れていました。町並みが凄く綺麗で、ネオ・ヴ...
2005/10/08(土) 23:09:17 | パズライズ日記

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。