有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エンジェル・ハート 「XYZの街」
3話目にして、二人は遭遇しました。グラスは、気を失ってますけど。
シリアス&ギャグ、楽しめました。
そういえば、新宿駅の東口の掲示板って、実際確認してません。東口に行きますけど、通過点ですから。
【ストーリー】
◆一足違い
キャッツアイに飛び込むやいなや、いきなり銃をかまえる獠。
コーヒーが、こぼれている。
戻ったほうがいいという気がして店に戻ってきたと。
海坊主は、一足遅かったと。
カウンターの上には香のカップが横たわっている。

◆新宿界隈
街中を歩くグラス。
心臓の鼓動。
香と獠の声、そして幻、思い出が、グラスを襲う。
グラス:「幻が私に付きまとう」、「この街はおかしい。いや、おかしいのは私」
そして、幻の香から次なるヒントが・・・
「一度でいいから、伝言板が“XYZ”で埋まらないかなあ」
→「伝言板!? なんだそれは? 伝言板に“XYZ”と書くのか! それはどこに」
警官が巡回していることに気づき、姿を隠すグラス。
→ついには、ブティックから服を奪い、警察をやり過ごす。

◆台湾マフィア「正道会」
「心臓移植を受けた患者たちの中には、以前の臓器の持ち主、ドナーの記憶が脳裏の浮かぶという者がいると、聞きますがね。患者は知らないはずのドナーの名前、顔、その恋人や親、住んでいた場所など、あたかも見てきたように語り、夢を見たり、幻想を体験するといった例が」
李大人は、それが、グラスが新宿へ向かった理由だとドナーとの記憶の符合を認識。ドナーが、槇村香という日本人女性で、シティーハンター冴羽獠のパートナーだったと知らされる。

◆引き寄せられる二人!?
静かにコーヒーカップを見つめる獠。
獠:「香だったかもと言ったな」
海坊主:「飲むか? 一杯おごるぞ」
既に獠は店を後にしていた。
・・・・・
「どこ? そこで会える? 会いたい」と、路地裏でしゃがみこんでいるグラス。
地面に“XYZ”と書く。
その路地裏に看板持ちのオヤジがタバコを吸いにやってくる。グラスに気づき声をかける。
「家でかい?・・・“XYZ”とは珍しい。噂を聞いて伝言板に書きに来たんだろう」
それを聞いたグラスは、「どこにある」とオヤジを締め上げる。
新宿駅の東口の伝言板と答えると、すぐさま駆け出していく。だが、彼女はそのオヤジの後から語る言葉も聞かずに。
「新宿東口の伝言板。必死な顔して。東口の伝言板に“XYZ”、もう後がない、助けてくれ。そう書けば、願いが叶うという。しかし、今はない」

◆夜明けの新宿
横断歩道で獠と誰とも知らずにすれ違う。
そして、マイシティ前へ・・・「見覚えがある」
駅周辺で伝言板を探し出すグラス。
そして、駅の入り口に、まるでグラスを導くように香の幻が立っている。
・・・・・
“香”を探す獠。
「誰を探してるんだ! 俺は」と焦る。
初めてのキスの思い出の記憶が獠の脳裏を駆け巡る。
以前、ファーストキスのことを香から聞かれる。
そして、路地裏でのことを思い出す獠。
酔っ払って路地裏で寝ている獠を迎えに来た香。獠を起そうとした時、獠は真剣な眼差しで香を見つめ、「好きだぜ」とキスをする。続けざまに、「好きだぜ、冴子」と。
100tハンマー炸裂!!
「最低の初キスだったよな、香」と懐かしむ獠。
地面の“XYZ”の文字に気づく。
・・・・・
グラスは、香に引き寄せられて伝言板の前に。
グラス:「これでやっと彼に」
しかし、伝言板は消える。
グラス:「幻!? これも」
→オヤジ曰く、携帯の普及で伝言板を使うものがいなくなって、とうとう去年撤去された。XYZの掲示板、今はもう伝説と。
グラスは、ショックで気を失い、倒れ掛かるが・・・
彼女を受け止める獠の姿がそこにはあった。
しかし・・・
こんな美人に、なぜに俺はもっこりしなーい!!

◆花園診療所
獠は、彼女を知り合いの医者のところに連れて行く。
→看板持ちのオヤジは、医者でした!?
ドクと呼ばれるその医師は、彼女は、肉体的にも、精神的にも衰弱していると、そして、彼女がシティーハンター、獠に会いにきたのだと告げる。最後の頼みの綱やってきた彼女に答えられるのか、お前はこのままでいいのかと問いかける。
しかし、獠はこんなことでは、彼女に答えられない、もっこりしなかった自分に失望(→EDか!?)。今のもっこりしなくなった自分では彼女を慰めてやれないと。早く直してくれとドクに詰め寄る。
そこへ、美人看護婦さん登場!
しかし、看護婦さんの診療の結果、
看護婦:「立ち上がってるじゃない」(怒)
獠は、冴子からの電話で、冴子の元へ行くことに。
「本当になおったのか? 冴子で試す」(笑)
ドク:「やつの心の傷は、どんな医者でも治せない」

◆娘の正体は?
獠に娘を頼まれたドクは、彼女のことを調べだす。
『所持品は、このピルケース、F167、プロノグラフ、免疫抑制剤!? どうしてこんなものを!?』
そして、胸の手術跡に驚く。
・・・・・
夜、ドクは一人で、パソコンに向かい、心臓移植者のリストを確認している。
病室では、気を失っていたグラスが起き上がる。
「どこ? 敵?」と、棚からメスを取るグラス。
《香の声》
「大丈夫、落ち着いて。ここには敵はいないわ」
鏡の中に香の姿が浮かび上がる。
「お願い。落ち着いて。ここは安全な場所。敵はいないわ」
グラス:「あなたは、誰? 何者?」
香:「私は香、槇村香。あなたは?」
グラス:「名前はない。グラス・ハート、コードネームがあるだけ」

エンジェル・ハート 16 (16)
北条 司

4107712362

関連商品
エンジェル・ハート (15)
エンジェル・ハート (14)
エンジェル・ハート (12)
エンジェル・ハート (13)
ああっ女神さまっ (31)
by G-Tools
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuukansimin.blog7.fc2.com/tb.php/281-c8878724
この記事へのトラックバック
ついにグラスハートと リョウが出会います。 まあお互いをまったく 知らずに出会ってしまった 訳だが・・・ 時代の流れね。新宿駅に あった伝言板は もうないんですよね。 そしてその新宿駅で リョウとグラスハートが 出会う。しかしリョウは もっこりしなかった。 香
2005/10/20(木) 19:17:10 | いつまで続くか黄金の意思!!
絵が、絵がぁ・・・。もう声が神谷明じゃなかったら誰だか判らない程の作画の崩れっぷり。もうちょっと頑張ろうよぉ。今回は島田敏が登場。主人公以外はホント超豪華キャストだわ。その分主演の棒・・・、そういえば毎回コレ書いてるねぇ。今回はグラスハートがぶ....
2005/10/21(金) 13:07:08 | 時間の無駄と言わないで
 いつになく真剣な表情の冴羽・・・ 見つめ返す香・・・ そして熱い口づけ・・・ じっくりと見せてくれる大人のこのアニメ。シティハンターを見ていた人ならぐっとくるシーンも多いはずです。ただ、全く知らない人だと少し置いてけぼりを食らうのではないか....
2005/10/21(金) 20:40:52 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
とりあえず、リョウの顔が急に変になった・・・ちょっと酷すぎる。(特に序盤)相変わらず、CAT\'S EYEは儲かってなさそう。リョウに「1杯奢るぞ。」って・・・今回のタイトルにもなっているXYZですがコレを、新宿駅の伝言板に書くことでシティーハンターに依頼できる仕
2005/10/31(月) 03:55:43 | アニメっと!

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。