有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クラスターエッジ 「奇蹟のレース」
今回の話は、前回よりも単調。前回が派手なアクションがありすぎたからかも。少し小休止といったところでしょうか。もしくは、階級社会の有り様をしめしたかったのでしょうか。
下流の工業地帯に流れ着き、解体現場である老人を助けることから始まる。始まり方としては、居眠り運転の老人を助けた時と同じ。アゲート、色々なところで老人と出会います。おかげで学園は出ません。エンディングのキャストもメインキャストが少ない。「アゲート・フローライト:下野 紘」の一枚看板でしたし。
アゲートの不思議な力をまじまじと見せ付けた回でもありました。
ただ、アゲートと名乗っていないことから、一瞬記憶喪失!?とも思いましたが・・・
常人なら転落への一歩ですが、アゲートは超人ですから!!
→とりあえず、死線を越えた男の子です。
《ウェブラジオ》:バンダイビジュアル「デジタル・ビート
嗚呼、クラスター学園!
【ストーリー】
◆夢の中?
下流域の工業地帯、ゴミと一緒に川岸に気を失ったアゲートが浮かんでいる。
アゲートの回想シーン挿入。
アゲート:「友達なのに!!・・・~」
→一気に2話前まで引き戻される!!
アゲート、ゴミと一緒に処理場へ。
ブルドーザーがゴミの山を整地している。
→木材が多かったです。夢の島のようにビニールやペットボトルはさすがにありませんでしたが。せめてタイヤやビン・カンぐらいはと思いますが、その辺は昔って感じですので、やはり、木材を中心としたゴミなのでしょう。
ブルドーザーがアゲートの周りを走りまくっている。そして、アゲートのところにも・・・
轢かれたはずなのに、キャタピラがすっ飛んじゃいました。別に例のパワーを使った感じもなかったのですが。

◆求職者
シーンは変わって、工業地帯には多くの労働者たちがぞくぞくとやってくる。
次々と仕事が決まっていく中で、仕事にあぶれた人たち(いつもの連中だそうで)が。そして、彼らはレンガ造りの古い建物の解体をすることに。その中に一人の老人。他の人は、彼を馬鹿にする。ともあれ、トラックぐらいは運転できると老人は息巻いて、トラックを発進させるが、バックで建物に激突。その衝撃で煙突が倒れ掛かってくる。
老人が逃げようと瞬間、どこからともなく、アゲートが現れる。
アゲートは、トラックを発進させるようにと。
間に合わないと思った瞬間、アゲートの力によって、倒れ掛かってくる煙突に穴を開けて難を逃れる。
→何でまっすぐ逃げるの? 脇に避ければいいのでは?と感じました。
とにかく、まずいとアゲートと老人は逃げることに。

◆老人の家
老人の家には何もなく、あるのは借金ばかり。
だが、もうすぐお迎えが来ると楽天的な老人。
外から建物にぶつかる音がする。
見ると、例のトラック。
二人はトラックの下へ。
解体現場での事故は、トラックのせいだったと分かる。
アゲートは修理をすることに。
腕を褒められるアゲート。
労働者は、直ったトラックで帰宅。
老人は、この優秀な腕をもってしても食事にもありつけないと、とにかくレストランへ向かう二人。
→あとから見ると、老人自身の不甲斐なさを内省している感じです。

◆金貸し
金もないのにレストランへ。
老人は、金がなくても堂々としていればいい。食べてしまえば吐き出せとは言わんと。
ちょうど、彼らの前に金貸しが手下を連れて登場。
早速、取り立てが始まるが。アゲートにもクラスターの制服を着ているくらいだからと物色を始めるが、何もない。
アゲートは、空腹のままレストランの外に放り出される。

◆カジノ
途方に暮れるアゲートはカジノへ。
入れてもらおうとするが、身なりのせいで、門前払い状態。
仕方なく、エントランスの階段にこしかけて途方に暮れるアゲート。
カジノのオープン。
次から次へとお客が入り口を過ぎていく。
その様子を見て、なにやら数えだすアゲート。
それを不審に思った黒服が尋ねる。
アゲートは、来客者の年齢を当てていたのだった。
そして、次にくるお客の年齢を当てたら、軍資金を出してやると。
車から出てきてもいないお客を“35歳の女性”と当ててしまう。

◆奇蹟の始まり
初めてのカジノらしく大はしゃぎのアゲート。
スロットマシーンのやり方の分からないご婦人に車を当ててあげるなど・・・
他人を当てさせては仕方ないと黒服に案内される。スロット、ルーレット、ブラックジャックと、あらゆるゲームで一人勝ち状態!!
→「闘牌伝説アカギ」に対抗か!?
次々と当てまくって、チップは瞬く間に増えていく。
もはや、こうなると、アゲートは注目の的。
カジノのオーナーもこれにはさすがに驚き。当てさせないようにと指示するも、アゲートは当てまくる。
アゲートと黒服が拍手喝采の中、台車でチップを運び精算へ向かうが。
年齢制限をたてにオーナーに没収。当然黒服もクビ。
稼ぐ当てのなくなったアゲートに。黒服は、明日のボートレースで稼ごうと語る。

◆地道が一番
金貸しの雇われ手下たちは、カジノのオーナーの方が割がいいと、金貸しの元を去っていく。
一人になった金貸しは、ふと厨房へ。
レストランで皿洗いをしている老人。
金貸しの問いに、老人は、アゲートがカジノまでして金を作ろうとしていることショックを受け、皿洗いで足しになるわけもないがしているのだと語る。
オーナーに手下を持っていかれたこともあって、ボートレースで鼻をあかしてやろうと。
自分の持っているボートを調整してくれるように老人に頼む。
老人は、かつて優秀な技師だった。借金の棒引きと引き換えに頼むが、賭け事の手伝いは嫌だと断る。しかし、賭け事しないで済むように、ボートレースで勝たなくてはならないと老人を説得、老人はボートの調整をする。

◆競艇
ボートレースは馬力や人数が無制限。
オーナーは2号艇、金をかけているせいもあって、2号艇は優勝候補。
一方、金貸しは、8号艇。
黒服は、儲けの薄い2号艇以外でどれになるかをアゲートに尋ねる。
8号艇が気になるアゲート。黒服は、パワーが劣り、しかも運転手は老人らしく、負けは見えていると忠告する。
ちょうど、そこへ例の老人の労働者仲間もやってくる。
アゲートは、迷わず、8号艇を指名。
その様子をうかがっているカジノのオーナーは、7号艇に8号艇の妨害を指示する。
レースはいよいよスタートへ。
信号ランプがカウントを始める。その瞬間、走り出すアゲート。8号艇の元へ急ぐ。
オーナーの指示で、早速7号艇は、8号艇の針路を妨害。川に投げ出される老人。
ちょうど、ボートに飛び乗るアゲートは、体勢を立て直し、7号艇の妨害を難なく弾き返す。
次第に2号艇との距離をつめる8号艇。
面子をつぶされたことに怒るオーナーは、部下の忠告も聞かず、2号艇に妨害を指示。
2号艇は、8号艇に船体を引っ掛け、2号艇の強力なパワーによって、8号艇はなすすべもなく直進。
目の前には大きな船。
引っかかった2号艇を何とか放す。
衝突は免れないかと思った瞬間、水中に潜って船をかわし、そのままゴール!!
さて、金貸しはと言えば・・・
地道にレストランのオーナーへ転進!?

FLY HIGH
FLY HIGH


君という名の光
君という名の光

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuukansimin.blog7.fc2.com/tb.php/295-b340ee11
この記事へのトラックバック
最近、中学生なのに刑事に酒を勧められた全国の闘牌伝説クラスターエッジファンの皆様クロムは感想のことになるとムキになります。
2005/11/03(木) 00:27:25 | CODY スピリッツ!
ホントなんでもアリだな。演出が陳腐を通り越して笑いを誘います。でも面白いかって言われたら面白くないと思います。アゲートが助けるドライバーは必ずブルーカラーの運転手。どうやら人を見て助けるかどうかを判断しているようです。修理してあげたら「新品みた....
2005/11/03(木) 01:49:04 | 時間の無駄と言わないで
先週録画予約失敗したので内容がわかりません・・orz何で、アゲートが何故ゴミ捨て場で寝てるの・・?
2005/11/03(木) 23:49:49 | -pd-blog-
クラスターエッジ 1サブタイトル「奇蹟のレース」川に転落したアゲートは、天才ギャンブラーとして復活。伝説の夜が、今始まる! って、「アカギ」と同じ展開か?(^^;;以下詳細***********
2005/11/07(月) 23:19:19 | オヤジもハマる☆現代アニメ
あららら、主人公ってばゴミになっちゃってるYO!がーん。そんなこんなでビデオ見ながら感想☆今日はまとめて見るんだっ。そんで、超能力が使えるのか、主人公アゲート。すばらすぃーね。今日は爺さんとアゲートの話なのかな。ふーん。何でもできる主人公アゲート。ふむふむ
2005/11/12(土) 17:55:37 |  はちみつ水。

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。