有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ローゼンメイデン・トロイメント考察 その2 克己心への昇華
混乱していますが、どうにか、現在までのローゼンメイデンの内容をうまく提示できればと思い、ちょっと書いてみました。
ローゼンは、2軸+時間軸で考えたらどうかなと思いました。そして、そのサブファクターを取り上げるだけでも、ものすごく難しいです(もちろん、プロットするのも)。各要素が錯綜しています。間接的でありながら、強力な視聴者への問いかけでしょうか? でも、余計なお世話・思い過ごしかも、従来の川上型の積極提示から、川下型の消極提示による自己運動変数(※注)が高い分、様々な想像を広げてくれます。これが、ローゼンの魅力でもあります。つまり、制作側が視聴者に強力に迫る(場合によっては、ストーリー自体がそもそも難解)のではなく、理解しやすい流れで、視聴者を徐々に深部(隠れた背景)に引き込み、物語の深部で視聴者がどう受け止めてくれるかに関わってきます。
ストーリー自体の複雑性から、感じた事象に対する受容の複雑性へ変化しています。すいません。元も子もないような当たり前のことや、逆に混乱させるようなことを言ってますね。
(※注)自己運動変数(造語しました)は、視聴者フィルターによる各ドールやストーリーに対する意義の変動の程度が上下すると考えています。K・E・ボウルディング著、大川信明訳『ザ・イメージ 生活の知恵・社会の知恵』誠信書房(絶版)を参考に自分なりに解釈しました。
わき道に逸れすぎて、すいません。話を元に戻して、要素項目を挙げると・・・
【関係性ファクターのキーワード】
・他者(環境)関係性
・自己完結性
【意義(概念)ファクターのキーワード】
・生きること
・戦うこと
・アリスゲーム(ドールそれぞれの意志とお父様の意思)
・自我・自己実現(孵化・覚醒)

そして、人間ジュンの選択(実践的な表出部分)は・・・過去の自分との決別
思春期の悩めるジュンとの対比をも象徴しているのかも。

ベタですが、とりあえず、こんなところです。
うわー! これだけじゃ、うまく分析されてねー!!(泣)
まとまりも悪い!! ツッコミどころも満載だ!!(泣)
わかんねー!! 難しい!! ローゼンメイデン!
金糸雀:「壊れちゃったかしら~。ドツボかしら~」

順次、追記します。
と言いながら、すいません。追記です。
立ち位置が違ったのかも?
雛苺戦:単なるお目こぼしの水準?
水銀燈戦以後:不戦思想へ昇華
両者のパワーの差の程度、戦いに臨む姿勢に起因。
まだ、雛苺戦、復習してませんが。
※これについては、「The Southern Cross!」(ブログ)内、「ローゼンメイデントロイメント7話簡易レビュー」を参照してください。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ほうほう、なかなか難しい本を読んでなさっているようですねぇ

当ブログさりげに紹介していただいてありがとうございます。

たぶん皆前半のネタ記事であきれはてるんじゃないかなぁ・・・
コメントありがとうございます、それなりの返事を書いたつもりです、ぜひご覧下さい。私自身の考えを返事としたつもりですがなにぶん、才がないもので支離滅裂な文になったかも(涙)

簡潔に述べると真紅は今まで漠然と行っていた行動が正しいか否かを水銀燈の死によって内省し、水銀燈へ謝罪をしたさいに良しとしたと解釈しました

また、なぜ自分が彼女の行動に納得がいかなかったのも若干書いてみました。

一言で言えばスタッフによる過剰な演出ですね。彼女の決意(または確信)は前半の料理イベントで十分だったんじゃないかなと思っています。

あまり返事になっていませんが(涙)このことに関しては本当に書いてみる価値がありますよね
2005/12/05
(月) 23:14:00 | | 南光 #JUGsyThY[ 編集]
南光さん
しっかり、見させていただきました。
ありがとうございます。感謝です。
「The Southern Cross!」内の「ローゼンメイデントロイメント7話簡易レビュー」の方に、コメント追加しました。
すいません。
2005/12/07
(水) 01:46:41 | | 有閑人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuukansimin.blog7.fc2.com/tb.php/327-ab7ed28b
この記事へのトラックバック

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。