有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ローゼンメイデン・トロイメント考察 その3 金糸雀の特殊性+薔薇水晶の神秘性について
最初は、金糸雀の特殊性から見ていくことにします。
第1に、金糸雀のパワーの放出物が、“物体”でないという点が挙げられます。
他のドールたちが、物体であるにもかかわらず、彼女のみ、それらに属さないのです。
すなわち、音波とは、不可視としての現象であり、とらえどころのない存在です。そして、形を持たない強みとして、彼女のパワーが付与されていて、その意味においては、最強と言えます。
しかしながら、パワーの発揮または増幅器としての媒介道具を用いずに、自らパワーを発することができない点が、弱点でもあります。トロイメントの第7話で見られたようにバイオリンの弦を切られてしまっては、そのパワーは発揮できないのです。決して変幻自在とはいえない部分があります。
そうした側面からドールズたちを分類すると・・・
【媒介道具を用いないドール】
⇒水銀燈、真紅、雛苺、薔薇水晶
※水銀燈については、自分の羽根を使っていることから、どうとらえるかは難しい面があります。つまり、媒介道具を用いない他のドールたちは、いわば、まったくの無の状態から物体を放出するので。
【媒介道具を用いるドール】
⇒金糸雀(バイオリン)、翠星石(如雨露)、蒼星石(鋏)
また、人工精霊と媒介道具、さらにドールもしくは人工精霊のパワー消耗との関係が気になります。つまり、壊れたり、取り上げられるなどして使用不能になった媒介道具を、人工精霊によって再度、そして即座に新品をドールの手元に出すことができるかが、不明です。そして、おそらく即座にできたとしても、パワーの消耗が激しい可能性も考えられます。したがって、パワーの消耗の激しい媒介道具の再生等は、事実上無理に近いと考えられます。アリスゲームを行っている最中であればなおさらです。それゆえ、時間を置いてからになると思います。例えば、雛苺に落書きをされた如雨露や鋏は、次に使う際には消えていました。まさか、翠星石と蒼星石が道具を掃除したとは考えられません。

第2には、傘を常に所持していることから傘の存在・秘密が気になります。単に飛行するためだけのものではないのでは? これについて、意味があるとすれば、植物の生育に必要な自然現象を司るドールとしての位置づけが、拡大解釈として成り立ちます。つまり、これは、同第7話で竜巻を起こしていたことをあわせて考慮すると、先に指摘したように想像できます。つまり、金糸雀の存在は、音を基本形として、竜巻、すなわちこれは風であり、傘は恵みをもたらす雨を象徴するもの、そして、鮮やかな黄色のドレスは太陽の光を象徴しているのでは? また、音波の直撃を受けた翠星石に電気が走っていたので、雷も?でしょうか。したがって、自然現象であると・・・想像は広がります。
次に、薔薇水晶の存在について見ていくことにします。
薔薇水晶はもっと難解です。彼女についてのデータもまだ定かではないですし。
パワーの表出物(放出物)は、水晶ですし。植物とは、はっきり言って何の共通点も感じられません。どうにか考えられるのは、先にブログ(「金糸雀」内の【構造分析】;TBの関係で下部に出てきます)で示した、土から萌え出すという抽象表現としての植物全般や、土を耕すものとしての存在を象徴ぐらいしか、現段階では思いつきません。
また、バリアーの使用に関しては、言ってみれば、クリスタル(水晶)の中に自分の身を置くことができるからと思います。ガラス張りの状態をクリスタルに見立てるとわかりやすいと思います。
そして、薔薇水晶=悪役という短絡的な視点は、あまり持ちたくはありません。それは、彼女の現在までの言動を追う限りにおいて、確かに非情的な側面は否めませんが、アリスゲームの遂行に関しては、彼女は忠実であり、薔薇乙女の宿命として正しいからです。
薔薇水晶については、まだまだ、神秘性や謎が深い存在で、見えない点に神秘性や魅力を感じます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuukansimin.blog7.fc2.com/tb.php/328-7aaf13b4
この記事へのトラックバック
TBS系列で放送、PEACH-PIT原作の人気アニメ「ローゼンメイデン」のシリーズ第2弾。生きたアンティーク人形“ローゼンメイデン”とその下僕となった中学生の不思議な戦いを描く。新キャラクターが続々登場し、ストーリーも新しい展開に入る。声の出演は沢城みゆき、真田アサ
2006/02/25(土) 19:27:33 | DVDジャンル別リアルタイム価格情報

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。