有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ローゼンメイデン・トロイメント 「人形師」
◆蒼星石が、変に!?
アリスゲームに悩む蒼星石、お父様の期待に応えようとする蒼星石の姿、健気でした。
陰鬱な感じが、いかにも悩んでいる感じで、事の深刻さがよく出ていたと思います。
顔に縦の筋か、背後に黒い影が見えてたかも。
そして、ジュン君にも魔の手が!ってな展開でした。
白崎・薔薇水晶の世界に引き込まれる二人。
心の隙間に付け入ろうという画策、このいやらしさ、本当にシビレました。
キャスティングボードをがっちり握る二人、今後の目が離せませんね。
前回よりもその傾向が強調され、ワクワクでした。
参考(笑):「ココロのスキマお埋めします」by喪黒福造(笑ゥせぇるすまん

◆さらに、水銀燈へもアプローチを
“ローザミスティカがあれば、あの子は助かる”って、ニンジンぶら下げました。
⇒“いやらしさ(本当は、怪しさ)大爆発だな”byジュン(ドラマCDより)

◆槐先生、ジュンを・・・
ジュンの顔をマジマジと眺めて、“よし!合格!”って!?
取って食うつもりですか ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル (笑)

◆全体的には、ついに、ついに・・・
ローゼンの核心に迫るストーリー、まさにクリーンヒットでした。
そろそろ、詰めていかないとなりませんから。
ジュンの質問、ついに、ついに・・・
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
ドールたちにとって、触れずに避けようとしていた、最もナーバスな禁忌に触れてしまった!? 今やメスが入る!!
槐とのやりとりを通じて、もはや記憶の彼方に消え去ろうとしていた乙女達の運命を再燃させる展開に、思わず見入ってしまいました。
ジュンが改めて感じる人形たちの姿、人形師ローゼンに対する疑問・・・
人形そのものや、人形師と人形との関係や、人形師ローゼンや、アリスゲームについてetc.
お父様って、やはり輪廻転生的な要素がありました。
ただし、内容の濃さに比べて、今回も短いような気は否めませんが、この点については、今後話が進んでいく中で、徐々に秘密が明らかになっていくことでしょう。期待大です!!

◆史上最強ユニット“カナヒナ”誕生か!?
“もう! 最高!! かわいすぎる!!”ということで、マネージャーはみっちゃんに決定!?
キャラソンデビューは、“ハロー!モーニング。”から!?
ってことは、つんくプロディース!?(笑)
あっ、他局だ! ヤバ!
もしくは、敏腕マネージャー、研磨光子(極上生徒会「アユちゃん、アイドルになる」)に頼んで、芸能界デビュー!?
これも、他局だ!(汗)
ちなみに、“マナカナ”はコチラ(笑)。
“お前ら双子か?”by ジュン。
悪く言えば、真紅にすっかり懐柔されてしまった金糸雀。
金糸雀:「順応性が高すぎるかしら~ でも・・・ふふふー、これも作戦のうちかしら~(悪!?)」ってな、どんでん返しがあるやなしや!
⇒すいません。毒づきすぎました(汗)。
前回までの疑心暗鬼は、まるで嘘のように椅子に座って、平然とスイカ食べてました(笑)
“いっただっきまーす!”って、お前ら朝青龍か! 顔ソックリだぞ!( ´,_ゝ`)プッ
でも、翠星石にいじめられっぱなしの雛苺には大いなる援軍かも。
息の合った翠星石へのスイカの種攻撃!!
くんくん探偵を見て、言い争ってるし。
つづいて、カキ氷もですかぁ。
それにしても、早食い競争って!?(笑)
真紅の呆れる姿もGOOD!
ある意味、平和的なアリスゲームでしょうか。

◆ジュンと人形たちの意識と存在
ジュンの心の中や、人形たち自身は、もはや物体としての人形を超えた存在に昇華されてきています。人間でも人形でもないような高度な知的生命体ってとこでしょうか。まさに精神(ゴースト)が宿ってきてる感じです。
⇒槐が失敗作を叩き割るシーンでのジュンの怖がり怯える表情(→感情移入)
⇒回を追うごとに露わになるアリスゲームに対する各ドールたちの想い。

◆ドールの誕生と競争(小括):ベタです(汗)
7体のドールたちが完成するまでに、どれほどの堕胎や競争が行われたかを考えると恐ろしいものがあります。本当のジャンク・・・試作までにも至らなかったもの、作られはしたが完成されずそのまま放置されたままのものなど。そう考えると、オープニングでの映像(壊れた人形たち)は、アリスゲームに破れた人形たちの姿とも取れますが、ある意味それを印象付けているとも思いました。そういう意味では、創作段階から既にアリスゲームは始まっていた!?などと考えてしまいます。日の目を見ることができた7体のドールだけでも奇跡って感じですが、無情にも、彼女たちにはまた新たなゲームがスタートしている。人間で言えば、精子と卵子が結びつくまでの間に生存競争(サバイバルゲーム)が子宮内で繰り広げられ、この世に生まれ出てからも、違う次元でゲームが始まっている(or 続いている)という感覚です。今回のストーリーで再認識させられました。
また、アリス(完全体)とそうでないものは、制作工程を改めて見ても分かるように、かくも偶然の産物であり、責任云々の問題とは別の次元としての不条理なアリスゲームをしなければならないドールたちの運命に涙しますね。

・・・・・・・・・・・・・

【ストーリー】
◆チャペル
十字架の前に佇み、一人悩む水銀燈。
真紅:「最初からジャンクの子なんていないの。どんな子もアリスにふさわしい輝きを持っている」
メグ:「でも、あなたは来てくれてわ」
ドアが開き、メグが入ってくる。
メグ:「こんばんは・・・。天使さん」
水銀燈:「ここには来るなって言ったでしょ」
メグ:「眠れなくて。それに話もあるし」
水銀燈の元へ歩いていく。
水銀燈:「ん?」
メグ:「今日ね、両親が来たのよ。そして言うわけ、『世話をする人を雇ってもいいか?』って。付き添いなんて、居ても居なくても同じなのに。なんか二人揃って申し訳なさそうな顔してね。それ見て思ったの。『あっ、全部私が悪いんだなあ』って。だから、早く私の命、使って」
水銀燈:「言われなくても分かってるわ」
うつむいて答える水銀燈。
メグ:「お願いね」
帰ろうとするメグに。
水銀燈:「本当にいいの? このまま終わって」
メグ:「天使さんらしくないわね。しょうがないわよ、だって私は・・・。生まれた時から“ジャンク”なんだから」

◆スイカ
金糸雀:「いっただきますかしら~!」
雛苺:「いっただきますなの~!」
のり:「あらあら、二人とも。いっぱいあるから、そんなに急がなくてもいいのよ」
翠星石:「まったく下品極まりない連中ですぅ。ローゼンメイデンたるもの、少しは優雅に食べ、ん!?」
カナヒナ:「ぷー!!」
カナヒナ、種発射!!
金糸雀:「カナが先に食べ終わったかしらー!」
雛苺:「ヒナが先に食べ終わったのー!」
雛苺:「ヒナ!」
金糸雀:「カナ!」
翠星石:「貴様らー!! そこに直りやがれですー!!」
逃げ出すカナヒナ。
翠星石:「待ちやがれですー!!」
カナヒナ:「うわー!!」
真紅:「まったく、騒がしいわね」
ジュン:「ん? 何してんだ?」
真紅:「種を取ってるのよ」
スプーンでゆっくり種を取る真紅。
ジュン:「お前、いくつ種があると思ってんだ。食べ終わる前に日が暮れるぞ」
真紅:「うるさいわね。のり、もう少し小さく切ってちょうだい」
のり:「はいはい」

◆お父様!?
洗面所から出て、タオルで顔を拭く翠星石。
翠星石:「うーう、あのチビチビども!! いつか見ておれです! ん!? 蒼星石?」
物置の鏡の前に立つ蒼星石。
鏡に右手を当てて。
蒼星石:「お父様」
柴崎の家の鏡に映ったお父様の後姿を思い出している。
蒼星石:「あれは、確かに・・・」
翠星石:「蒼星石! 来ていたのですか?」
驚く蒼星石。
翠星石:「ちょうどよかったです。のりがスイカを・・・」
蒼星石:「あっ、ごめん。僕ちょっと用事があるから・・・」
鏡の中へ消える蒼星石。
翠星石:「あん!?」

◆密談
人形を抱え、髪を撫でる白崎。後ろで座っている薔薇水晶。
白崎:「ふ~ん、なるほど。水銀燈がね。ま、もう少し様子をみたら? ん!?」
店の外を通り過ぎるジュン。
ジュンのところへ向かおうとする白崎。
薔薇水晶:「行くのですか?」
白崎:「僕も僕なりに考えていることがあるんでね」
・・・・・
白崎:「おーい! 桜田君」
ジュン:「ん!?」
白崎の方に振り返る。
白崎:「今日、時間あるかな?」
薔薇水晶、スーと消える。
白崎:「槐先生が、人形作ってるとこ見ていかないか?」
ジュン:「えっ!? いいんですか?」

◆工房
机で作業をしている槐。
工房のカーテンが開く音。
槐:「見学?」
白崎:「そ、桜田君。人形に興味があるって話しただろう。いつもお店に来てくれるから、見せてあげたいんだ」
振り向く槐。
ジュン:「あっ!?」
緊張気味のジュン。
白崎:「大丈夫」とささやく。
槐はジュンたちの方へ。
ジュンの顔を見つめる槐。
ジュン:「ん!?」
ジュンの顎に手を当て、顔を確認する槐。
ジュン:「あっ、あの・・・、ん・・・」
槐:「じっとして」
ジュン:「あっ、はい」
槐:「合格。見ていっていいよ」
机に戻り、作業を再開する槐。
ジュン:「え!?」
白崎:「良かったね」
ジュン:「ありがとうございます」
槐:「しかし、髪はもう少し切った方がいい」
ジュン:「あっ、はい」
槐:「椅子はここ」
ジュン:「は、はい」
工房を出て、カーテンを閉める白崎。
再び現れる薔薇水晶。
薔薇水晶:「狙いは?」
白崎:「さあね。面白くなればいいけど」

◆工程
人形の頭と手のパーツ。
型を組む槐。
工房の端には型が並んでいる。
容器を持って、不思議な様子で眺めるジュン。
型に石膏を流し込む槐。
工房に並ぶ各部のパーツや小物。
頭部パーツの目の部分をヤスリがけし、チェックする槐。
興味深そうに様子を眺めるジュン。
頭部パーツをジュンに渡す槐。
渡されたパーツを見るジュン。
首元には槐のサインが記されている。
頭部パーツを薬剤処理する槐。
釜の用意をする槐。
体のパーツを釜の中に並べ、蓋を閉じる槐。
槐:「今日はこれで終わり」
ジュン:「えっ!?」
槐:「夜中のうちにこれを焼いて、朝までさまして、また明日」
ジュン:「夜中?」
槐:「そっ」
ジュン:「そんなに焼くんですか?」
槐は、棚の頭部パーツを手に取り・・・
槐:「ビスクファイヤー。焼くとこんなに小さくなる」
パーツを見せる槐。槐の手に収まる程度のパーツ。
ジュン:「そんなに!? すごいなぁ」
槐:「これは、失敗したやつだけどね」
ジュン:「えっ!? これが失敗!?」
槐:「そう、君には分からないかもしれないけど、ダメなんだ」

◆今週のくんくん探偵
くんくん:「分かったぞ! これで大丈夫だ!」
ネコ警部:「くんくん、無理じゃよ。この部屋は窓も扉も鍵が掛かっとるんだぞ」
くんくん:「よく見てください。あそこです!」
窓の壁のひびを指すくんくん。ひび割れから蟻が入ってきている。
ネコ警部:「んーん!? おっ、これは! 蟻だ!」
くんくん:「そうです。蟻です。助かりますよ、ネコ警部」
雛苺:「くんくん、すごいのー!! すごーい、すごーい!!」
金糸雀:「ふん、こんな推理、ローゼンメイデン一の頭脳派金糸雀に掛かれば、楽勝ポイポイかしら~」
ネコ警部:「だが、わしには何のことだが、よく分からんが・・・」
雛苺:「くんくんのがすごいの!」
金糸雀:「カナ!」
雛苺:「くんくん!」
真紅:「あなたたち! 黙って見られないなら、ジュンの部屋に行きなさい」
くんくん:「うわー!!」
ネコ警部:「大丈夫か? くんくん」
真紅:「あっ! くんくん! 危ない! 後ろよ! 後ろに居るわ!」
くんくん:「後ろか!」
真紅:「そう、そうよ。私の声が届いたわ」
くんくん:「卑怯者め! 正々堂々と勝負しろ!」
溜息をつく翠星石。
翠星石が、リビングのドアのところにふと目をやると、暗い顔をした蒼星石が立っている。
熱烈応援中の真紅。
ガールキャット:「くんくん、こっちよ」
くんくん:「あなたは!? ありがとう、ガールキャット!」
立ち去る蒼星石。それを見つめる翠星石。
ガールキャット:「時間がないわ! 早く!」
真紅:「何なの!? 誰なの? あ、あの女は!」
くんくん:「センキュー!!」
ネコ警部:「あああ、わしは後で・・・」

◆蒼星石
廊下を歩く蒼星石。後を追って走り寄る翠星石。
翠星石:「蒼星石! こんな時間にどうしたのですか?」
蒼星石:「別に」
厳しい表情、よそよそしくぶっきらぼうに答える蒼星石。
翠星石:「おじじと喧嘩でもしたですか?」
蒼星石:「違うよ」
翠星石:「えっ!?」
蒼星石:「翠星石、君の気持ちを聞こうと思って、来たんだ」
翠星石:「私の!? 気持ち?」
蒼星石:「君はどうする? もしアリスゲームが始まったら?」
翠星石:「あっ!?」
蒼星石:「君は、戦うかい?」
翠星石:「そんなこと、急に聞かれましても・・・」
蒼星石:「考えておいた方がいいよ」
去っていく蒼星石。
翠星石:「あっ、蒼星石・・・」
ジュンが帰ってくる。
ジュン:「ただいま」
廊下に立つ翠星石に
ジュン:「翠星石? 何やってんだ?」
翠星石:「あっ!」
ジュン:「どうした?」
翠星石:「何でもないです。あっ!」
鏡を見る翠星石。
翠星石の体を持ち上げて確認をするジュン。
翠星石:「あー! 何するです! や、やめるです!」
頬を赤く染める翠星石。
ジュン:「お前ら、人形なんだよなぁ」
翠星石:「えっ!? ジュン!?」

◆眠りの時間
雛苺:「ふあー、おやすみなさいなの~」
カバンに入る雛苺。
机に向かっているジュン。
ジュン:「おやすみ」
真紅:「おやすみなさい」
ジュン:「あっ!」
真紅も本を閉じ、眠りに就こうとする。
真紅:「さて、私も眠るわ」
ジュン:「なあ」
真紅:「ん!?」
ジュン:「お前たちってさぁ、どうやって作られたんだ?」
真紅:「えっ!?」
ジュン:「いや、ローゼンって、お前たちのお父さんて、どんな人かなって」
真紅:「ああっ」

◆病院
病室で苦しむメグ。
窓辺に立ち、悲痛の表情でメグを見つめる水銀燈。
どこからともなく薔薇水晶がやってくる。
薔薇水晶:「ローザミスティカ」
水銀燈:「ううっ! お前は!?」
薔薇水晶:「その子、ローザミスティカがあれば、助かるわ」
水銀燈:「ああっ、まさか!?」
薔薇水晶:「ローザミスティカの力があれば、造作もないこと」

◆お父様の記憶
床に座りお茶を飲む真紅とジュン。
真紅:「お父様について覚えていることは、ほとんどないの。だた、私を包み込んでくれる優しさ、暖かさ、全てのものから守ってくれるベール、肌を通して伝わってくる想い、ぬくもり、安らぎの視線。何もなくても、全てはそこにある」
ジュン:「顔は覚えてるのか?」
真紅:「うっすらとしか」
ジュン:「雛苺や翠星石や蒼星石は?」
真紅:「あの子たちも、私と同じ。“暖かい光に包まれた人”という記憶だけ。でも、姿なんて関係ないわ」
ジュン:「それは・・・」
真紅:「大切なのは、姿ではなく存在そのもの。時を越え、姿を変え、お父様はどの世界にも存在する。アリスを作り出すために。その中で作られたのが、ローゼンメイデン。究極の少女アリスを目指し、届かなかった人形、それが私たち」
ジュン:「そんなぁ。じゃあ、ローゼンはお前たちを、アリスになれなかったお前たちを、どう思ってるんだ!」
真紅:「それは・・・」
ジュン:「アリスに届かなかったからって、お前たちに戦えなんて、僕には分からない」

◆扉の意味
扉の迷宮をさまよう蒼星石。
蒼星石:「お父様」
次々に扉を開ける蒼星石。
そして・・・
蒼星石:「お父様」
やはり、その扉の向こうにもいない。
がっかりして、去ろうとする蒼星石に、扉の向こうの小屋の窓が開く。
蒼星石:「あっ!? お父様?」
小屋に向かう蒼星石。
小屋に入り、奥へ進んでいく蒼星石。
そこは人形工房。そして、机の上には作りかけの人形のマスク。
机に歩み寄り顔に触れる蒼星石。
→顔は誰のものなのでしょうか? 蒼星石?
後ろのロッキングチェアが揺れる音。
振り返る蒼星石。
お父様の悩む姿が現れる。
蒼星石:「あっ!?」
頭を抱え、悩み苦しみ、嘆くお父様の姿。
蒼星石:「お父様っ!」
光り輝くお父様にゆっくりと歩み寄る蒼星石。
蒼星石:「お父様、泣いているんですか?」
椅子から消えるお父様。
蒼星石:「お父様! あっ!」
薔薇水晶:「お父様」
蒼星石:「はっ!」
振り返り、鋏の刃先を薔薇水晶に向ける蒼星石。
蒼星石:「うっ! 君は!?」
薔薇水晶:「お父様が、泣いています」
蒼星石:「うっ」
椅子に目をやる蒼星石。
薔薇水晶:「アリスが見つからないと。このままならば、お父様は悲しみ続けるだけ。お父様の望みを叶えるためにも、始めましょう、アリスゲーム」
蒼星石:「くっ・・・」

◆細工は上々
ショーケースの人形を整えている白崎。
白崎:「ん!?」
隣のショーケースから現れる薔薇水晶。
白崎:「ふっ、どうだった? ふ~ん、機嫌良さそうだね。準備万端って所かな」
→ほとんど、無表情なのに感情が分かってしまう白崎ってすごい!
怪しく微笑む薔薇水晶。

◆人形師の気持ち
確認しながらパーツを釜から取り出す槐。
手に持つトレーに載せたパーツを見てジュンは・・・
ジュン:『ローゼンはお前たちを、アリスになれなかったお前たちを、どう思ってるんだ!』
机で顔パーツを磨く槐。
ジュン:「あの・・・」
槐:「ん?」
ジュン:「思っていたのと違う人形ができることって、ありますか?」
槐:「ある」
ジュン:「そういう時はどうするんですか?」
ジュンの方を振り向く槐。
山と積まれた袋。
無言で、袋ごと金槌で叩き割る槐。
ジュン:「あっ!」
ショックを受ける怯えるジュン。
なおも、金槌を振り、割り続ける槐。
顔パーツの破片を手に悲痛な表情のジュン。
槐:「しかし、想いは同じ。全ては等しい
ジュン:「等しい!?」
槐:「人形に篭る想いは、等しく同じ。愛情を注ぐ限り、生き続ける
ジュン:「愛情!?」
槐:「愛情がなくなってしまったら、いなくなってしまう。迷子になってしまう、どんな子も
壊れたピエロ人形を抱えて泣く真紅の姿を思い出すジュン。
制作途中の人形を慈しみ、微笑みながら人形をながめ、撫でる槐。
槐:「こんにちは」
人形に話しかける槐。
ジュン:「“ローゼン”という人形師を知ってますか?」
槐:「ああ」
ジュン:「ローゼンには愛情があったと思いますか?」
槐:「愛情がなければ、人形は作れない。素晴らしい人形は特に」
ジュン:「でも、ローゼンは去っていった。アリスになれなかった7体の人形を残して」
槐:「離れていても、遠くにいても愛情は残っている。愛情は注がれている。だから・・・」

◆いつも元気なのは・・・
リビングで本を読んでいる真紅。
キッチンの方からは・・・
雛苺:「ヒナが一番なのー!」
金糸雀:「まだまだ、ひよっ子かしら~!」
真紅の方を見るジュン。
ジュン:「あっ!」
真紅:「何?」
ジュンの方を向く真紅。
雛苺:「じゃあ、競走するのー!」
金糸雀:「受けてたつかしら~!」
ジュン:「何でもない」
雛苺:「真紅ー! 真紅ー!」
真紅:「ん?」
キッチンの方を向く真紅。椅子の上に立つ雛苺。
雛苺:「カナとカキ氷の早食いをするの!」
金糸雀:「時間を計って欲しいかしら~」
真紅:「そんな、呆れて言葉もないわね。頭がキーンとするわよ」
→ってことは頭に液体が流れているのか!
向かいのソファーには、翠星石がふさぎ込んで座っている。
金糸雀:「キーン!? どういう意味かしら~?」
ドアの開く音。
雛苺:「あっ! 蒼星石ー!」
翠星石:「はっ!」
ドアの方を見る翠星石。ドアの前に暗い表情で蒼星石が立っている。
真紅:「あら、帰ったのではなかったの?」
翠星石は、ソファーから立ち上がり、蒼星石の元へ。
翠星石:「そ、蒼星石・・・。あっ、あの・・・」
蒼星石:「話があるんだ。みんなに」
真紅:「ん?」

◆宣言!
物置の鏡の前。ジュンと他のドールたちを前にして。
蒼星石:「あらかじめ言っておこうと思って」
翠星石:「蒼星石」
蒼星石:「僕は、アリスを目指す!
突然の発言に驚くみんな。
蒼星石:「君たちと戦い、ローザミスティカを集めてアリスになる!
雛苺:「そんなぁ」
翠星石:「待つです!! どうして!! いきなりそんなこと、言うです!!」
蒼星石:「そもそも、僕たちは戦う定めを持っている。当然の成り行きだ」
真紅:「何があったの?」
悲しい表情を浮かべる真紅。
蒼星石:「うっ!」
翠星石:「蒼星石!!」
蒼星石:「お父様の、お父様の姿を見た」
驚くみんな。
蒼星石:「お父様は悲しんでいる。アリスが見つからず、嘆いている。僕たちはお父様の理想から遠のいた行動をしているんだ。お父様を悲しみから救うには、誰かがアリスになるしかないんだ!」
雛苺:「真紅~」
真紅:「それがあなたの意思なら、私は・・・」
翠星石:「嫌です!!」
蒼星石:「ん!?」
翠星石:「蒼星石がどう思おうが、真紅が何を言おうが、知ったこっちゃないです!! 双子の姉としての命令です! 私と離れることは絶対に許さないです!!」
泣き出す翠星石。
蒼星石:「ふっ」
溜息をつく蒼星石。
翠星石:「何とか! 何とか言いやがれです!!」
蒼星石:「うっ、それが君の答えなんだね、翠星石」
ジュン:「違う!!」
蒼星石:「ん!?」
ジュン:「みんなの答えだ!! よく考えろよ!! おかしいじゃないか!! どうして仲のいい姉妹で戦うんだ!! 究極の少女になって何の意味があるんだ!!
翠星石:「ジュ~ン」
ジュン:「お前たちのどこがダメなんだ!! 何が不満なんだ!!
蒼星石:「ジュン君、僕たちは完璧を求められたドールだ。アリスを目指して届かなかったローゼンメイデンの」
輝く鏡。
蒼星石:「僕はドールとして、お父様の願いを叶えたい!」
翠星石:「ああっ!」
蒼星石:「さようなら、翠星石」
鏡の中へ消えていく蒼星石。
翠星石:「蒼星石!! 待つです!!」
後を追おうと鏡へ。むなしく閉じる鏡の空間。
翠星石:「あっ! なぜですか!! なぜ!!」
鏡の前で泣き崩れる翠星石。
黙って目を閉じる真紅。

ローゼンメイデン ミニドールシリーズ 真紅
ローゼンメイデン ミニドールシリーズ 真紅


“ドイツ語を楽しく学ぼう! ローゼンで!!”
※英語の漫画はいっぱいありますが、ドイツ語となると、ローゼンだけでしょう。

Rozen Maiden 04


Rozen Maiden 03

Rozen Maiden 2

Rozen Maiden 01




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今回はまさしくクリーンヒットでしたねぇ

今回自体は文句なしですが2話の翠の不安が的中してしまって。

そこらへんの蒼の心境の変化は4話の人形劇なんでしょうか…

それ以前は前期では翠が攻撃しても戦いたくないと言っていたし、あそこからお父様がアリスゲームを望んでいることを知って心変わりしたというのが妥当かなと思いますが

そうするとその直後の「姉妹だもの」のあのシーンがどうも…

人形劇を見て悩み度1だったのが前回の金糸雀の参戦の意思で3あたりになり真紅の態度で6になって今回の薔薇水晶との対峙で9になった…というかんじでしょうか

長文失礼しました。ついでながらガンダムのそれに見えますねあのドールズ勢ぞろいは確かに
2005/12/09
(金) 20:22:45 | | 南光 #JUGsyThY[ 編集]
南光さん
CMTありがとうございます。
人形劇以降の蒼星石の心情の変化は、南光さんのおっしゃるとおりで、同感ですね!
最後のシーンは、スタッフさんよ、駆け足でうまく次回以降に逃げたかなと少しポジ的に考えようかと・・・
そうすれば、次回もワクワクです。
⇒それでも、もちろん、翠星石の言葉を借りると“納得いかねーです!”てのもあります。
そして、いよいよ、アリスゲームに向けてドールたちがどのように動き出すのか、目が離せませんね。
内容がシリアスだっただけに、自分のブログ記事は、ちょっとふざけちゃいました(汗)。
長文に関しては、私の方がよっぽど迷惑かけてますからご安心を(汗2)。
2005/12/09
(金) 20:41:46 | | 有閑人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuukansimin.blog7.fc2.com/tb.php/333-c42bc804
この記事へのトラックバック
ローゼンメイデンアンケート&第2回人気投票実施中怖ぇえええええええ((((;゚д゚))))!!!!!!信じてたぜ銀さまっ!!!!あんたのそんな顔を拝めるのをよぉっ!銀「はぁ?なに震えてんのぉ?股間、踏み潰すわよぉ?」(ただ潰すのではなく『踏み』つぶすのがSの極意)(まだ未完
2005/12/09(金) 19:36:56 | The Southern Cross!
公式サイトアニメ・パプリカ一番恐れていたことが起きた。雛苺と金糸雀のユニゾン・・・。これは、かなり辛いっ!テンションの高さだけでなく、行動パターン、発言、声のキーまで、揃ってる!思考回路が一緒なんだ。前回、少しでも、金糸雀をまともだと思....
2005/12/09(金) 21:37:23 | パプリカのアニメ鑑賞よた話
■第08話「人形師」泣くなですぅっ!!翠星石、泣くなよな…orz翠星石の涙にかなり弱いです私。蒼星石の困った顔にもやられます。あと、水銀灯の悩んでる顔にも以下略。
2005/12/09(金) 21:40:30 | ~腐女子とアニヲタの間を取り持つブログ~
えー、このところめっきり冷え込んでまいりまして……ってスイカ食ってるし!!……ま、それはともかく、金糸雀もすっかり仲良しクラブの一員です。が、入れ違うようにアリスゲームへの出馬表明は蒼星石。「お父様は(アリスが生まれないことに)苦しんでるんだ」というリ
2005/12/09(金) 22:16:54 | ◆テラニム日記◆
Rozen Maiden -träumend- ~ローゼンメイデン トロイメント~◆第8話 『人形師』 について◆水すい銀ぎん燈とうは自らの復活の場所でもある…もうすぐ取り壊しとなる古びた教会で1人寂しく考え事をしていた。この前、真しん紅くが言っていた…?どんな子もアリ...
2005/12/09(金) 22:37:00 | INFINITE-COSMOS ~Eternal~
ローゼンメイデン トロイメント 第8話 「人形師」僕はアリスを目指す。君たちと戦いローザミスティカを集めてアリスになる!
2005/12/10(土) 00:29:15 | 萌えるアニメは好きですか?
アリスゲームに向けて確実に物語が進んでいる感じギャグパートもあってよかったがな。あと5話でどうまとめるか期待であります(`・ω・´)
2005/12/10(土) 00:56:58 | ツクツクボウシがなく頃に
「人形師」蒼星石に死亡フラグ!?先週が萌え回だっただけに、今回一気にシリアスモードになって、翠星石の涙に切なさ乱れうちです!ってか、ここまで蒼星石がお父様に執着し
2005/12/10(土) 01:02:05 | ラブアニメ。
うはwいつの間にか金糸雀がジュンの家にいるしっ!雛苺とキャラがかぶってるかなーとか思ってたけど意外におもしろいコンビになってる気がしますょ。蒼星石が思いつめて
2005/12/10(土) 01:13:13 | 仕様ですにゃ
ヤベ!!ローゼンメイデントロイメント、マジで面白くなって来ました!!前作よりも焦点がハッキリしているし、キャラの描写、掛け合いも、素晴らしい!!(まぁ、前作あっての今
2005/12/10(土) 01:28:30 | 少年カルコグラフィー
今後を左右する大きなターニングポイントと思われた今回。やはり、蒼星石の決断は・・・。物語は水銀燈のカットからスタート。真紅の言葉が頭から離れない水銀燈です。メグは早い死を望んでいますが、実は躊躇っているのが水銀燈。良心の呵責に耐えられないのか?水銀燈が苦
2005/12/10(土) 02:31:34 | SPORTS CRITIQUE feat. MAAYA
ローゼンメイデン・トロイメントで翠星石様の活動を記録しています。今回は8話「人形師」です。
2005/12/10(土) 02:57:58 | CODY スピリッツ!
ローゼンメイデン トロイメント第8話「人形師」前回はカナリヤの意外な強さが見れました。今回はいったいどんな驚きがあるのでしょうか!
2005/12/10(土) 03:33:28 | Aのアニメレビュー
『ローゼンメイデン・トロイメント』前シリーズを観ていないので感慨もあんまり無いし、例によって筋もいまいち把握出来ず。今週はお人形の作り方を学びました。それが一番の収穫です。職人さんは見学者を顔で決めるんですね。面食い?『ソルティレイ』この時期....
2005/12/10(土) 18:07:56 | 時間の無駄と言わないで
【公式】水銀燈、真紅の言葉とメグの言葉を思い出してます。そこに命を早く使ってと来
2005/12/11(日) 08:20:06 | 48億の個人的な妄想
もっとデレデレした翠星石が見たいなぁ~今回はちょっと作画が・・・
2005/12/11(日) 19:54:05 | 我流黙示録β
蒼星石の皆との決別の時・・・。。・゚・(つД`)・゚・。雛苺とアホ金糸雀まじ場違いだな。(ぁってな感じで始まったトロイメント8話。なんだか蒼星石に死亡フラグが立ちまくったと思ったら、今度はめぐもやばいことに。ローザミスティカを使えばめぐを救えると、薔薇水晶
2005/12/17(土) 23:00:49 | 廃人日記(ぁ
蒼星石が心配です・・・前回の金雀糸の行動に不自然なほど険しい表情を見せてたのも非常に気になりました。アリスゲームを始めるきっかけを作るとしたら彼女ではないかとさえ思えます。いや、もしかしたから・・・。まあ、前回の蒼星石の女装(笑)に激しく萌えてしまったの
2005/12/24(土) 17:54:05 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
 蒼星石が…・゚・(ノД`;)・゚・ 何か前にも色んな所でまことしやかに死亡フラグ説が上がって、危機を回避したかと思いきや…またも死亡フラグかよ!! 何ですか、作者は蒼い子
2006/01/07(土) 07:34:31 | 萌え日記
蒼星石:「僕は、アリスを目指す・・・」とうとう、来週からアリスゲームが始まるのですかねぇ~今回は、人形師が人形を作るときの想いこだわりが少し伝わってきました。ということで、ダイジェストをどうぞ!ジュン: 『 思っていたのと…違う人形が出きることってありま
2006/02/05(日) 16:01:36 | よねやんの電波日記
関西地上波第8話。BSでも最終回を迎えたようですが、関西でもいよいよ終盤に向けて話が展開してきました。今回は、蒼星石がアリスを目指す宣言をするまでのお話でした。夜、メグは水銀燈と出会った教会に行き、水銀燈に両親が来たこと、そして早く命を使って欲....
2006/02/05(日) 16:19:46 | パズライズ日記
関西はや~っと8話です。要約関東組の方のネタバレ感想から逃避する日々にも終わりが見えてきました(笑) 先週はマジでブログ巡回できませんでしたから!これからは自分もその辺を気をつけながら記事書きたいと思いますョw 追記とか上手く使えば割とその辺の調整も出来ます
2006/02/05(日) 23:50:27 | いまはむかしな物語VOYAGERS

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。