有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水銀燈・薔薇水晶連合 VS 真紅チーム その戦略と戦術(第9話補足)
第9話のストーリーをようやく加筆し終わって、あらためて思ったことをまとめてみました。
以前、アニメの構成上、悩める同士・両極同士を当ててみたと書きましたが、第9話「戒」のストーリー記述の見直しで分かってきた点を含め、それ以外の点から、今回のアリスゲームの状態を分析してみようと思います。
戦略的な見地からは、やはり弱者から各個撃破法で確実に潰していく作戦だったと言えます。すなわち、水銀燈・薔薇水晶連合(以下、連合)は、前段階で真紅・雛苺・翠星石の登場は、想定していたと思います。無論、水銀燈は、真紅の参戦を促しましたが、真紅はこれを拒否、そこで背後から現れた(あの現れ方では、どう見ても裏で糸ひいてるヤツとしか写りませんでしたが)薔薇水晶が、真紅の当て馬となったわけです。つまり、一番の強敵の真紅を私が抑えておくから、とりあえず他のを片付けろって感じでしょう。万が一、真紅の攻撃が開始されても、薔薇水晶がストッパーとして対応する。真紅の毅然とした拒否姿勢に一瞬たじろいだ水銀燈の振り返った方には、薔薇水晶がいる。その一瞬の間合いからの、賢い選択、うまい連携プレー、役割分担ができてます。さらに薔薇水晶を褒めるなら、ここではとりあえず、自分は影として働き、お姉様に花を持たせてあげるわって感じでしょうか。その間に、水銀燈は自らの戦いに集中できます。連合との戦略としては、真紅が参戦するにせよ、しないにせよ。彼女の存在が、とても厄介で、最大の懸案事項であったと考えられます。もちろん、真紅を中心により強固に結束してしまっては、どうにもならない。それこそ、チーム戦になってしまいまずいことに。そこで分散させるわけです。戦術的には、真紅たちが戦わないことをいいことに、水銀燈の戦場から引き離すことに成功しています。もちろん、二人が打ち合わせてそうしたとは考えられませんが、戦うものとして感覚が、そのような行動に自然と向かわせたのかもしれません。また、戦闘機と同じで、真紅の後方に付いた薔薇水晶は圧倒的有利に立っています。しかも、今回初めて登場した飛び道具(金色に光る石つぶて!? 馬糞!?)まで飛び出し効果的な攻撃を加えています。前に書いたように薔薇水晶の扱う物質は鉱物的要素であるため、水銀燈の羽根以上の効力と見ていいでしょう。ただ、アリスゲームにおける、もしくはnのフィールドにおける武器(現出物)のヒットポイントの差異は不明ではありますが。
また、今回のゲームで薔薇水晶が真紅との戦いにどれだけ本気だったかは、いまいち不明なものがありました。それは、番組構成上の問題としての中心が、水銀燈対蒼星石であった(水銀燈の気迫、マジで圧倒されましたよ)からかもしれませんが、劇中での展開が進むにつれて、どうも腑に落ちませんでした。彼ら二人の上空での戦闘で、戦いの手が一旦止まり、“では、こちらもそろそろ始めましょうか”といった感じが薔薇水晶に感じられはしましたが。ゲームの進展していくうちに、ガチンコ勝負とは、どうも思えなくなっていきました。
さらには、ゲームのルールの変化が、やはり気になりました。本来の個々の戦いからチームを組むのがOKからみると、ハテナです。そして、水銀燈も、もはやアリスになるためや、お父様のために戦うという純粋な目的から離れています(=アリスの具現化からの乖離)。アリスゲームは、お父様が決めたとなっていますが、じゃあ、そのルールって誰が決めたの? もちろん、お父様ではないの? そうすると、戦う目的やルールの変化と合わせて、アリスゲームの存在自体が瓦解しかねない問題とも言えます。
また、双方のカラーリングとしても、陰・陽といった雰囲気があります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuukansimin.blog7.fc2.com/tb.php/349-0c92900a
この記事へのトラックバック

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。