有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アニアニランド ♯4
びんちょうタン 「雨の日曜びん」

◆それぞれの朝の始まり
日曜日は、現実世界も雨でしたorz
ちくタンの髪の毛、爆発!
⇒私もクセ毛だから分かります。

◆新発明、“ちく馬”
どうやったら、街に早くいけるのか一生懸命考えた。
⇒歩幅を広く取れれば早くいける。
おじいさんに“竹馬と言って、昔からあるもの”と言われる。
オー!マイゴーッド!!orz
ごねるちくタン、真似るちくリン(笑)
最初、傘はどうするの?と思いましたが、竹馬ちく馬の柄にくくりつけてあった!
◆そろそろ梅雨入り?
カエルの合唱、桶や茶碗に落ちる水滴の音
風流です。そしてアンサンブルへ
びんちょうタンは、備長炭を木琴代わりに。
⇒予想通りでした。
でも、備長炭の金属音って不思議な音色ですね。
ちなみに、備長炭の材料はウバメガシ(姥目樫;ブナ科)という木です。そう、足長おじさんのウバメガ氏ですね。
そして、音つながりで、クヌギたんのピアノへ

◆今度はびんちょうタンの家へ
雨の日曜日も、バス停へ向かうびんちょうタン。
米もなくなったので、街に仕事探しでしょうか?
雨の日&日曜日なので運休
ちょうど、ちくタンがバス停へ
ちくタン:「日曜だから役場も休み」
雨の日にも関わらず、ちくタンが来てくれるなんて、すっかり仲のいい友達です。
ここでようやく、傘は?の謎が解けました。

◆お嬢様もツライよ
クヌギたんは、お嬢様修行
茶の湯、さすがにお子様にはキツイですね。
そして、かごの中の取りです。
敷地内の姫踊子草(ヒメオドリコソウ)を見るのがやっとです。
⇒画像&説明はコチラへ↓
万葉の想い:花の散歩道
ボタニックガーデン
開花のシーズンは、春から初夏にかけてみたいです。季節感を盛り込みましたね。
「今日のおやつは何?」と尋ねる姿が、なんとも空しいです。

◆しりとり
放置自動車の中で“しりとり”を始める二人。
ちくタン:「はつめい」
びんちょうタン:「いぬさん」
“ん”がー!! 気を取り直して
ちくタン:「ぬいぐるみ」
びんちょうタン:「ふかしゅう」
“しりとり”になってない!! 気を取り直して
びんちょうタン:「みたなっとう」
“みたなっとう”!?
ちくタン:「うし」
びんちょうタン:「しーつ」
二人のやり取りを見ていて、懸命に生きる少女の姿を感じました(泣)。
勉強よりも仕事に・・・
・・・・・
雨の日だけに現れる動物!?びんちょうタンの友達は何!?
そして、びんちょうタンの口からまさか
「はひー」
が聞けるとは!!
水無灯里だけではなかったということかぁ!!

◆新発明は!?
夕方に雨上がる。
しりとりの続きをちくタンの家ですることに。
ちくタン:「これ邪魔、置いてく」
⇒あんなに新発明を強調していたのにorz

◆自然の不思議と感動
近道に竹やぶを通る二人。
太陽の光が水滴に反射、輝く筍。
一方、クヌギたんは、スダじいに屋上に案内される。
空にはきれいな虹が!
しかも、上にもう一つの虹が・・・
ダブルの虹。

◆今回の目玉
“対比表現”がうまく入ってました。
《その1》
貧しいびんちょうタンだけど、楽しさもある。
裕福なクヌギたんだけど、窮屈でもある。
《その2》
境遇の違う二人であっても、大自然の美しさに感動する。

◆そういえば・・・
CVを改めて確認してみると、今をときめく声優さんたちですね。
クヌギたん⇒野川さくら:雛苺(ローゼンメイデン)
ちくリン⇒福圓美里:イブ(BLACK CAT)
あろえ⇒斎藤桃子:ソルティ(SoltyRei)※まだ出てきてませんが。
台詞が少ない&微妙な言い回しということもあって、本人と気付かないですね。

びんちょうタン ドラマCD 第3巻
びんちょうタン ドラマCD 第3巻


Rec 「ティファニーで朝食を」

◆生活の匂い
遅刻しそうな松丸。
トイレへ駆け込もうと・・・
ドアを開けると、既に赤が入っている。
朝っぱらから、“変態”扱いorz
しかも、女の子が出てすぐに入らない!
⇒じゃあ、いつするんだー!!

◆痴話喧嘩!?
自分の仕事について熱く語る。
覗くなって言ってたのに、熱くなりすぎて、着替え中なのに、赤は自分から襖を開けてしまう。
⇒覗きではなくて、不可抗力ってやつです。

◆偶然?
いつも通り、時間差で行こうとする二人。
信号待ちの二人に畑田がやってくる。
一緒にいる言い訳にすんなり納得してしまう畑田。
⇒意外と単純です。
偶然にしては出来すぎの畑田の行動に
「赤に会いたくて来たんだなコイツ」と勘ぐる松丸。

◆キャンペーン
二度目の共同作業!?
ステージでネコ木の着ぐるみを着て踊る松丸(⇒足軽社員の悲哀)。
それにあわせてナレーションをつける赤。
“恩田ちゃん”と妙に馴れ馴れしい畑田。
赤:「サクサクッとおいしいですよー! 食べてみる木ー!!」
張り切りすぎて、うまく合わない赤。
しかも、松丸に「声がかすれてるじゃないか」とまで言われてしまう。
台詞が長かったり、慣れていないせいもあって、初日のお客さんの反応はサッパリ。
松丸:「場所が悪かった」
赤:「悲しいね。何も反応がないって」
落ち込む赤を気遣う松丸。
松丸:「よかったよ、赤の声」

◆小さな仕事の一つ
赤はマネージャー(吉岡)に仕事の報告を。
つながらない携帯。吉岡は会議中だった。
キャンペーンの担当者としての挨拶も兼ねて、事務所に一緒に行くことに。
忙しそうな吉岡。
初日終了の報告とスケジュールを訊く赤。
事務的な反応の吉岡。
松丸:「うちの仕事もたくさんある内の小さな仕事でしかないんだろうなぁ」と少しガッカリする。
赤:「でも、私にとっては大きな大事な仕事だよ」と慰める。

◆帰り道
焼き芋を買う松丸。
ショーケースのダイヤを見る赤。
赤、スイッチオン!
「別にダイヤが欲しいわけじゃないのよ・・・」(「ティファニーで朝食を」より)
松丸:「赤、明日もがんばろうな」
焼き芋で乾杯する二人。

◆キャンペーン二日目
少女:「あのネコさんだー!! テレビの声と同じ」
初の反応に感激する松丸。
感極まって、お母さんにお礼を言い出す。
⇒ネコ木になりきるべし!!
少女の質問にあわせて、答える赤の声。
“うまい木ー!!” 三連発!!
ステージで踊るネコ木の着ぐるみに大喜びの少女。
最後は、“バイバイ木ー”で(笑)
赤も初めての反応に感激の涙を流す。
赤:「素晴らしいでしょ、ここに不幸なんてないの」
松丸:「キラキラした幸せ、今日は見つけたな」

◆教訓
現実は甘くない、だけど、がんばればきっといいことがあるってことですね。

【ウェブラジオ】
酒井香奈子のかなえて!シャイニング☆ドリーム

REC~夢の記録 5 (5)
REC~夢の記録 5 (5)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuukansimin.blog7.fc2.com/tb.php/399-b7e0caf5
この記事へのトラックバック
◇アニアニランド内放送◇アニメ びんちょうタン ◆第4話 『雨の日曜びん』 について◆今日は日曜日…しかし、天気は雨…。今日も、びんちょうタン、ちくタン、クヌギたんは、それぞれ、いつもの様に起床する。【 ちくタンの日曜びん 】ちくタンは?ちく馬...
2006/02/28(火) 17:17:52 | INFINITE-COSMOS~Eternal~

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。