有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガラスの仮面
残すところあと一回。
最終回を前に感想を・・・
最初からちゃんと見ていればよかったと、後悔しまくりです。
飛び飛びでは見ていましたが、「狼少女ジェーン」の回からは続けて見ていました。
CMスポット“少女たちのバイブル”は、決して言い過ぎではありませんね。
「単なる古臭い作品だろう、興味なし」と思ってましたが、全然違っていた!!
ほんと濃く深い内容です。ものすごさに感動の涙が出てきます。電気が走りまくりで、演技力に恐ろしさをも感じました。
もちろん、演出や画像効果もあると思いますが、これほどの演技ができる女優って、正直、日本にいるのでしょうか?
失礼かも知れませんが、ドラマなど見ていると小手先の演技なのでは?などと、かえって興ざめに感じてしまいます。
次々とやってくる困難、突拍子もない課題、葛藤、登場人物たちの思惑などを乗り越えて成長するマヤ。
最終選考に残ったマヤと亜弓。互いの誤解なども明らかになって、本当の意味のライバルになった感じです。
演技の天才といった意識すらないマヤ、華やか演技力もあるが本当は一人ぼっちだった亜弓。
確かに最終のオチ(紅天女)はおそらく・・・でしょう。予想と違ってたりして。
べた褒めに批判もあるかもしれませんが、少なくとも物語のプロセスに関しては、間違いなく素晴らしいものがありますし、ひたすら感動するばかりです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuukansimin.blog7.fc2.com/tb.php/417-b30b45cc
この記事へのトラックバック

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。