有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
×××HOLiC 「カイホウ」
珍しく2話連続。
波、自分が抗えないもの。鎖、自然の決まりごと。体という器、そして自我。
一つだけ、人が使える鎖=“言葉”

◆突然の出来事に・・・
額から血を流す双子の姉。
ホールから姉を連れ出す百目鬼。
アヤカシの仕業でもなく、焦る四月一日。
映画の最中、確かに四月一日は、姉の“速く出たいなぁ”という波を感じていた。
なにげにホリックのポスター!?が壁に=“夜女王”!?
彼女自身がやったという侑子さんの説明に・・・
⇒自傷癖!?と思いましたよ。
そして、コンタクトをなくした時も、出てこなかったのは、自らを縛っていたからと。
自らを縛るもの=“言葉”
一旦言ってしまった言葉は・・・
⇒不可逆性というのもありますね。
言葉は生きている。そして、時には人の生き筋さえ奪う。
だからこそ、言葉には責任がある。
その時の四月一日は、“言葉の責任”の意味を十分理解してはいなかった。
◆百目鬼目当て
映画館で借りたハンカチを返したいという姉。
乗り気ではない百目鬼の態度にムカつく四月一日。
しかし、言葉が鎖だってことを知ってしまった四月一日は、どうにか姉に伝えられないかと悩んでいる。もちろん、そんなことを言っても誰も信じてくれないだろうし、アブナイヤツと思われるのがオチだと。
百目鬼は、弱気な四月一日に、“できない”って言ってたら姉と同じだと。
四月一日に付き合ってやる代わりにおごれと・・・
結局それが目当てかと呆れる四月一日。

◆ネガティブ
妹のバイトするカフェで落ち合う3人。
洗ったけど血が落ちないので、新しいハンカチを百目鬼に渡す姉。
相変わらずダメダメの雰囲気の姉。
妹にはかなわないと姉。
“やる前から決め付けるのはよくない、そして、きっといいことがある”と思うよう心がけることをアドバイスする四月一日。
アドバイスを聞き入れる姉。

◆“言葉”の本当の怖さは・・・
キッチンで楽しそうにケーキを作る四月一日。
言葉はつないだり結んだりできるとご機嫌の四月一日。
そんな四月一日に・・・
侑子:「言葉が縛るのは、自分だけじゃないのよ」
有頂天の四月一日にとって、疑問に思いつつも真意を知る由もなかった。

◆妹!?
四月一日お手製のケーキをひまわりちゃんに振舞っている。
ケーキにぱく付く百目鬼。
⇒“食べ物のあるところに百目鬼あり”ですねぇ
双子の姉がやってくる。
ひまわりの“彼女なの?”の言葉に慌てふためく四月一日。
いつもの雰囲気とまるで違っていて、妹と間違える四月一日。
四月一日のおかげと感謝する姉。
“決め付けてばかりで、やってみないと分からない。少しだけ、失敗が減ったような気がする”と喜んでいる姉。
そして、もっと積極的に、“きっとうまくいく”と思うようにとアドバイスする四月一日。

◆メイドカフェ!?
視聴者サービス!? 萌え~!?
姉は前向きになれるように、最初のデートの時のカフェでバイトを始めたのだった。
カフェに3人を誘う姉。
ピアノ教室で来れないひまわりちゃんのことを残念がる四月一日。
コーヒーをテーブルまで運んでくる姉の様子は前と同じで暗くなっていた。
姉の指にはバンソウコウが・・・
妹の依存症なのか!? 過保護なのか!? 妹の言葉が姉を縛っている。
そして、消極的な言葉が並ぶ!!
ムリ、ダメ、失敗、やっぱり、バイト辞めた方がいい
そして、姉自身ももう辞めようという思いが巡っている。
戻ってしまった姉に・・・
“まだやってない失敗を恐れてはいけない、後悔は後から来るから後悔なんだ”と四月一日。
四月一日は、自分の言葉の無力さに焦る。
いつの間にか侑子さんの姿。
二人に言葉を投げかける。
四月一日⇒“選んだ自分が責任を取る”
姉⇒“縛られた状態に楽しんでいる”
そして、姉に
“(変わりたいという)願いはある?”(当然、対価要求)と持ちかける。

◆姉の対価は・・・
イメチェン!?
姉は髪を短く切った。
“やる前から諦めていた私とは違う”
真に心から変わりたいと思うようになった姉。
そして、百目鬼に告白する姉。
姉、見事に撃沈!!
“次”って、2段構えかよ!!
また食事でもと、お友達として付き合って欲しいと頼む姉。
“うまいヤツなら”と受け入れる百目鬼。
ていうか、髪が対価だったとは!?
“髪は女の命”とは言うけれど、果たして侑子さんは何に使うのか?

◆四月一日の対価も続くよorz
そんなオチですかぁorz
四月一日に付き合ってやったお礼(弁当)を・・・
無理な要求!!
スターフルーツに、てっちり!!
弁当から鍋の話にと呆れる四月一日
四月一日:「夏に鍋なんてできない」
百目鬼:「無理って決め付けたら、何もできない」
そこへ、侑子さんとモコナ登場!
“食べ歩きしてたんだぁ”と冷ややかな四月一日。
禁句:“太る”!!
侑子さんの目尻が(怖)
“言葉に責任取りなさいよ!”
どうする四月一日!!
河豚に、てっちりに、白子・・・今夜も豪華だぁ。
せめてシーズン的に、ハモとかウナギ、もしくはカジカあたりで勘弁してあげて欲しいものです。

余談:
“犬も歩けば、モコナに当たる・・・”ww
モコナいろはかるた、商品化の予感!?

【今回の異論・反論】
自らを縛るもの=“言葉”
一見すると、確かにそうだと思いますが・・・
言葉は単に具現化された形であって、その本性は人の想いや信念などに因ると思います。
特に今回のストーリーは、信念(思い込み)=言葉だったので、その妥当性が高く感じられました。

【ホリック的追体験】
世の中にはいますね。
まさに、“キター!!”でした(笑)
仕事で、ある人から伝言を頼まれ、引継ぎを。
彼は、“無理っぽい”(=無理です)と答えた。
こんなに早く、言葉の呪縛にお目にかかるとは・・・
脳内で、思わず笑ってしまいました。

TV ANIMATION×××HOLiC EXTRA OFF
CLAMP OFFICIAL FANBO
4063721515


×××HOLiC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル
西尾 維新
4062135094
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuukansimin.blog7.fc2.com/tb.php/538-3239fb8f
この記事へのトラックバック
「ダメって決めつけたら何も出来ない」
2006/07/14(金) 21:56:34 | tune the rainbow
結局、双子合コンでも四月一日は相手にされないんだね先週は!とにかく感想行っちゃう?XXXHOLiC19才(初回生産限定盤)(DVD付)19才(初回・アニメジャケット)19才ReasonXXXHOLiC関連商品
2006/07/16(日) 20:02:08 | TERRY オブ レジェンディア

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。