有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
xxxHOLiC 「ホオズキ」
縁、出会いのステキー!?
縁の神秘!
出会ったことで変わるもの。
どこかで聞いたような・・・ww

宝物庫で出会った猫から大きな“ほおずき”をもらう四月一日。
もう秋の風物詩なんですね。
ほおずきは、イベント(百鬼夜行)参加のチケット!?
しかも、一つだけ。ケット・シーは2つ用意してくれたのにーorz
※ケット・シーは妖怪じゃないですね(苦笑)
さらに、ひまわりちゃんとのデート→百目鬼とのデートww

百鬼夜行の結末は・・・
見たものは命をとられるっていう言伝えは・・・
→四月一日、食われる!?ってことなのかー!
この世界のどんな飲み物より美味しい“甘露”なる飲み物を特別にもらう。
四月一日が百鬼夜行に邪気を感じなかったのは、本来、妖怪≠悪だったんですね。神聖、クリーンなんですね。
破魔矢を見た清い心の持ち主と妖怪たちが納得することも合わせて。
妖怪たちの向かった先は、大きな木。
せ、世界樹!?と直感。私の頭の中に駆け巡るラピュタのサントラミュージック!!
そして、その木の精は、全てを知っていた。
四月一日の二つとない気に引き寄せられるもの、それはいいものばかりではなくわるいものも。しかし、その気によって徐々に(良い方向に)変わってくるものだと。
木の精:「その変化を大切にしなさい。特に、誰かと出会ったことによって変わるものたち」
今回、子狐や座敷童の縁にも助けられましたしね。
“縁は異なもの、味なもの”
※広辞苑によれば、この場合の使い方は、本来は男女の縁を表すようですが・・・
出会ったものたちの慈しみを感じますね(泣)

モコナ、冒頭から酒グゼ悪いぞ!!
四月一日も、ヤケ甘露(爆)
「うるせー! 百目鬼のくせに」
いつもはヘタレの四月一日が、悪酔いついでに、ジャイアン化してる!!
てか、酒じゃないんですよね?

待ち構えていたのは侑子さん!!
「それはね、甘露が欲しかったからよ」
やけにサービスいいと思ったら、甘露が目的だったのかぁorz
侑子さんと四月一日の“縁”(誰かと出会ったことで変わるもの)ってorz

危険なお使いの第2幕があったのかー!?
百目鬼をミセに入れたくない?
百目鬼:「どうしてここにいたんですか? こなくても、甘露はこいつがちゃんとミセに持っていったでしょう。でも、あなたは待っていた。俺が一緒にいたからですか? 俺をあなたのミセには入れたくないからですか?」
侑子:「気づいていたのね。入る必要がないからよ。私のミセは、ここであってここではないところにある」
来る必要があるものだけがミセに入れる。必要のないものは、ミセにはいらなくていい!?
入る必要がある者のみが入れる場所。この世に偶然はない。
侑子:「全ては“ヒツゼン”だから」
しかしながら、四月一日に対する優しさも感じられました。

かくいう、私もこのブログを初めてから色々な人との素敵な出会いにめぐり合うことが出来ましたよ♪

最後にレヴューが遅くなったことをお詫びします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ほりっくにほりっく
有閑人さん、おはよう御座います。私も週末忙しくて、今出勤前に書いてます。

キターーーーーホオズキ!!
今もう家でないとまずいので、帰ってきたらゆっくりホオズキかたりませう^^
2006/08/28
(月) 07:24:52 | | ワタナベ EI #r0DGmosw[ 編集]
お手数かけました(汗)
ワタナベ EI さん、お忙しいのにすいません。

一粒でニ度美味しいってな話でしたね。
四月一日の心情を察する木の精
以前の占い師のおばあさんのような、彼の全てを包み込むような温かさが秀逸でした。

そして、百目鬼と侑子さんとの間合いも絶妙。心理的な探りあいの雰囲気がとてもよかったです。
2006/08/28
(月) 18:31:58 | | 有閑人 #sSHoJftA[ 編集]
TV版のワナ
今回のホオズキには色々なキーワードがありましたね。

・アカリちゃんが語った「わたぬきは侑子に選ばれた」といった意味の言葉。

・自称「大それた者ではない」巨大な樹が語ったワタヌキの類まれな気

・百目鬼がミセに入れない理由

・これから起こる事象の為にミセはある。

・・・ようやく謎がほんの少しですが解明されてきました。その謎に関してですが全ては「次元の魔女の侑子」がファクターなのですが、TV版ではツバサ世界とのリンクは一切語られていません。一説には製作会社が違うから原作の様にリンクさせれないとの事ですが、この重要と思われる要素、TVではどう書き換えていくのでしょうね?

「次元の魔女の侑子」はいつも「報酬は取り過ぎももらわな過ぎも駄目」といっている。ワタヌキの頑張りに対して、侑子は多くは語らないが、その対価として、なにやらワタヌキの為になるような方向に導いてやっている気がする。
それに対してTVの侑子はその辺が少し欠けてています。それが残念です。

でもTV版の良い所もありますね。今回の話に座敷童絡めたことにより物語に深みが出ました。人間が死んでもしょうがない百鬼夜行の中、命乞いしてくれたのは原作では子狐だけ。でもここに座敷童入れたことでワタヌキの特殊性が更に強調されました。それと恋愛モノとして座敷童へのウケも良いでしょう。

語ると長くなるので今日はこのへんで!
2006/08/30
(水) 00:21:17 | | ワタナベ EI #r0DGmosw[ 編集]
やはり、原作を読まないと・・・orz
少し反省気味。
ワタナベ EI さん、ありがとうございます。
木(樹)の精が言っていた四月一日の気のパワー云々は、とりあえず今回のストーリーでは触れるだけと感じました。
“これから起こる事象”といった大きな渦もしくは流れへと収斂させていくのでしょうね。そろそろ〆に入る時期ですし。

ツバサとのネジレは、仕方ないかもしれませんね。セットものですし。相手の放送局はNHKだし(苦笑)

確かに四月一日と侑子さんとの方向性が・・・とはありますが、今回の話は、四月一日を苦しめてきた(能力の)悩みのベールが徐々に見えてきたという前触れの意味では良かったと思います。次のステップへの足がかりとして進んでいけば・・・
しかーし!!
次のお話(「リフジン」)は見たので・・・ORZ(笑) 一言で言えば、スラックでしたね。ほんと、リフジンww
ただ、おっしゃるように恋愛モノのエッセンスを加え、侑子さんの手の上で転がされているキャラの面々がコミカルで楽しませてもらいましたww 
しかも、四月一日ならずも「パクリだろそれ! しかもかなり卑怯だー!!」と突っ込んでしまいましたよww
ケルベロス&後方支援付きには参りましたよww そんなにしてまで、勝ちたいのか!!とww 
でも、侑子さんは、多分、「コラボよ」って答えるんでしょうねww
とはいえ、他の日常も楽しめるのでいいかなと。結構、横道に逸れるのは好きですからww

そして、つくづく思います、ホリックも原作買って読まねばと。
内心、後手に回ってしまい・・・
私自身の洞察に(汗)
つくづく上手く語れないなぁと(汗)
しかし、財務的予算が(大汗)
2006/08/30
(水) 17:49:13 | | 有閑人 #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuukansimin.blog7.fc2.com/tb.php/565-341dcac5
この記事へのトラックバック

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。