有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
銀様は金様!?
科学専門誌ニュートンに「現代の錬金術! 新たな元素はどこまでつくれるか」(特集:決定版「周期表」と111元素;2006年10月号)というページに興味深い記事が載っていました。
※111元素まで増えてるんですね(驚)
Newton (ニュートン) 2006年 10月号 [雑誌]
B000HD11EE

公式HP:ニュートンプレス
それは・・・
“水銀から金を作れる!?”
陽子数が、金79に対して、水銀80と近い(隣同士)ということもあって、出来てしまうんじゃないかと単純に思いましたが、同位体元素が結構ありますし、この中から選び出して、そこから中性子を1つ取ってしまうのって結構大変なんですね。イメージとしては、大昔のオカルトチックな感じではなく、まさに実験室って感じですね。
20060831124210.jpg

参考:水銀(Hg)の諸元↓
20060831124235.jpg


ということで、思わぬところから、ファンの皆さんが感じたように、“ローザミスティカって原子に似てる”ということを改めて感じました。

そして、真紅の名言・・・
「全てのドールは、アリスにふさわしい輝きを持っている」
に対して、
水銀燈は、金にも勝る輝きを持っている」
と感じました。

しかしながら、同時に、
「人為的に作るってクローンみたい」とか、「原子ってこれ以上小さく出来ない単位じゃなかったの?」と疑問に感じましたが・・・(汗)

そういえば、前に周期表に関連してこんな記事を載せてました。
元素周期表ポスター・ダウンロード(PDF)
※興味のある方はダウンロードしてください(注:自己責任にて)。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuukansimin.blog7.fc2.com/tb.php/568-ebc4e093
この記事へのトラックバック

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。