有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
“勝手にARIA” 「その 憧れの女性(ひと)は・・・」
アリア・カンパニーのリビング。
藍華:「あっ、あの~ アリシアさん。相談したいことがあるんですけど・・・」
アリシア:「あらあら、何かしら?ww」
藍華:「実は、晃さんのことで相談が・・・」
アリシア:「あらあらww・・・あら、あら、あら、あら・・・」
侑子:「・・・来る必要がある者だけが、私のミセに入れる。そう、全ては“ヒツゼン”だから。あなたのネガイ、叶えましょう。だだし、相当の対価を払えば・・・あなたにその覚悟はある?」
藍華:「はあ!? そういえば、アリア・カンパニーってこんな風だったっけ?」
侑子:「あなた、何を言っているの。ここはミセよ。何か悩み事があって来たんじゃないの?」
藍華:「へっ!? 灯里とアリア社長は!?」
四月一日:「お茶をどうぞ」
藍華:「るな!?」
侑子さんの膝の上に黒い物体。
藍華:「黒まんじゅう!? もしかしてアリア社長の成れの果て?」
モコナ:「黒まんじゅう言うな! モコナだ!」
藍華:「ここはどこ? 私は一体どこに来ちゃったの~!!(泣) うううううー!!」
アリシア:「藍華ちゃん、藍華ちゃん・・・大丈夫? 藍華ちゃん・・・うなされてたわよ」
藍華:「へっ!? 戻って来れたんだー!! アリシアさん~(泣)」
目を覚ます藍華。
アリシア:「あらあらww」
藍華:「はっ、ところで灯里とアリア社長は?」
灯里:「只今戻りました。あれ? 藍華ちゃん、来てたんだ」
藍華:「本当に・・・灯里よね? それにアリア社長も?」
灯里:「はひぃ?」
アリア社長:「ぷいにゅ?」
灯里:「何言ってんの、藍華ちゃん。当たり前だよ。私よ、私。水無灯里に決まってるじゃない」
藍華:『・・・ってことは、あれは夢だったんだぁ』
アリシア:「うふふふ、そうじゃないかもしれないわよ」
藍華:「ギャース!!」

・・・とはいえ、アリシアさん侑子さんも、晃さんと同じようなことを言っていたでしょうね。ただし、因果応報チックなネタを交えて。それに“陰口”(=卑怯者の行為)ってのがミソですね。
結末の成れの果て(2パターン)
1、いつものごとく陰口をついていると、突然の晃さんの登場→逃げ出す。
2、同僚の社員に愛想をつかされると同時に、重大なミスを犯して(発覚して)、姫屋を去る。
ちなみに、2回目の陰口シーンでは、同僚が引いてたような気がしましたね。

声の出演
藍華      斎藤 千和
アリシア    大原さやか
壱原侑子
水無灯里    葉月絵理乃
四月一日君尋
アリア社長   西村ちなみ
モコナ

そういえば、ぺちゃんこの“せんべい布団”みたいなモコナが発売される模様。
モコナ:「せんべい布団言うな!! ふわふわモコナクッションだ!!」
四月一日:「でも、厚さ約10cmだから、“腹へって死にそう~”ってお前が飢えてたシーンそのままだな」
モコナ:「馬鹿にするな! 四月一日のくせに!!」

※このストーリーは、でっかいフィクションですww
⇒こんな注意書きを書かなくてもわかるって!!(汗)

ARIA The NATURAL パーフェクトガイドブック
ARIA The NATURAL パーフェクトガイドブック


ウェブラジオCD、ぞくぞく登場!!
ARIA The NATURAL ラジオCD「ARIA The STATION Due」 クール1

ARIA The NATURAL ラジオCD「ARIA The STATION Due」 クール2

ARIA The NATURAL ラジオCD「ARIA The STATION Due」 クール3


ユージン商品情報:
ARIA カプセルフィギュア(SRシリーズ)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuukansimin.blog7.fc2.com/tb.php/582-6a1f6cc3
この記事へのトラックバック

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。