有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
業界は踊り場!?
深夜アニメを中心に、秋の番組改編を確認させていただきました。
雰囲気としては、ドラマは純愛ものに、アニメは妖(アヤカシ)ものにシフト!? そして、守勢に!?
特に、アニメは精神的や気持ちに訴えてくるというよりも、直感的・視覚的に訴えてくるもの(派手なアクション重視!?)のように感じました。もちろん、感性や直感は、人それぞれですが。

従来から、ブームの失速・減速を述べてきましたが、それがより色濃くなってしまったのかとも思いました。見ながしの方向性なのか!?
それは、90年代前半頃、一部ギャグ系みたいな軽いテイストに走った状況に似ていると思います。そして、少し期待はずれかな?と
そのため、私を含めオタクの方々は、違う形で方向性を探っていくと思います。確かにメディア芸術のファン離れはあるとは思いますが、彼らがそのまま消えてしまうわけではないのですから。だだし、若干語弊があると思いますが、以前指摘したような、個人の可処分時間は気になります(好景気→多忙といった流れ)。見たいけれども見る時間がないで済めばいいのですが、見たいという欲求を持たせる期待感を上手に喚起しないと業界の魅力度は低下してしまいますね。AIDMAモデルではありませんが、“見たい”と思わせることが重要ですね。

さらに、提供側(放映社や関連グッズメーカー)関連の情報としては、DVDの売り上げが落ちていて、このビジネスモデルがうまく機能していないとのニュースもありました(日経新聞)。また、ゴンゾの例を挙げると、HPで見たいアニメのジャンルなどのアンケートをとってましたし。かなり産みの苦しみに!?

アニメは、今や大人のファン層の拡大に伴って、単に楽しい・面白いだけのバラエティー的なものでは満足しません。その点では、各要素、例えば造りの緻密性やストーリー、作画といった細かい部分まで気を配った形の重層的な構成が重要ですね。私が視聴していた今回の作品(9月まで)の内、まったくの新作に関しては、ツカミが弱かったように感じます。そのため、第1話で逃げられてしまったり、次回へと続くストーリーでこれを補完したりしなければならなかったようですね。初っ端でこけてしまうと厳しいものがあります。また、せっかくサイトやウェブラジオなどを展開しても、本編がこけてしまったりと。振り返ると色々ありましたね。とはいえ、ま、コンテンツ産業なのですから、やはり内容で勝負ってとこですね。余談ですが、ある意味頭打ちを見越して、バンダイがファーストガンダムのDVDの発売にこぎつけた背景が見えたような気もします。もちろん稼ぎ頭のキャラではありますが。

しかしながら、個人的には、少し気が楽になるのではなどと安堵(汗)。気を揉む必要も減りますね。ワールドカップの寝不足よりも長い寝不足も解消できますねww 今までよりもテレビ放送だけの動向に左右される度合いが減れば、今までの作品をより深く理解したり、資金を投入できて、把握し切れなかったことに注力できますねww もちろん、他のいい点は、限られた時間をそれ以外のことや他の興味があるものにも割けますし。
ともあれ、業界も個人も、ブームというものの性ですが、かなり駆け足・急ぎ足だったかもしれませんね。ゆっくり落ち着いて見つめ直したいものです。

もちろん、秋の新作についてはこれからの放映になりますので、厳密にはコメントは視聴してからですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こちらでは、初めて書き込ませていただきます。
 今回の有閑人 様の記事に
 私も大いに共感いたしました。

アニメの出荷ペースは加速度的に増え
 現在に至っても、
むしろさらにアニメの本数は増大している
この状況は、真綿で首を絞めているといえるのかもしれません。


12話で纏めきらなければならない消化不良感
顧客を上手くグラブしても、
3ヵ月後には逃げられ
その後には、また一から宣伝と販促を行い 
新放送の開始後には、
数話の内に視聴者を捉えなければ
 また商機を逃す。


一方で、消費者としても
  季節ごとの新番組について、
第一話、第二話の時点で、
即座に判断をせねばならず
 迂闊にもその時点で「くだらねえな。」と見誤ったアニメ、、
終盤に、突如面白いと感じ始めた頃には、あっという間にその時代は終わってしまう。

このような極端な流行の波を感じているのです。


そして一方で私の鑑みるに、
ここ十年間の間に
 数多の大作や良作はあったにもかかわらず
それを今更にここで
掘り起こすような機会や切欠を掴めない
 という、もどかしさも感じさせられているのです。

今後は地上波で放送されるアニメをルーティーンとして消化するよりも
 大看板の大作を、繰り返して再利用する、一つの定番として定着させていく、
今後のアニメには そういう方法論も必要なのではないかと考えております。


他にも、嗜好品としてのアニメのあり方や
 ユーザーは作品を賛辞しつつも
如何にして資本を投下するべきなのか、など
語りたいことはいくらでもあるのですが、
 あまり長文になると迷惑かと思いますので今日はこのくらいに切り上げます。

唐突な投稿
 たいへん失礼いたしました。
2006/09/26
(火) 13:47:12 | | DORA #z98IOmB2[ 編集]
上手くまとまりませんが(汗)
DORAさん、ありがとうございます。
私が上手く言えなかったことを書いてくれて、とても感謝です。コメントありがとうございます。

もちろん、シーズンごとの放映は、企業のリスク回避の側面(顧客ニーズの把握を含めた)もあると思います。1クール目の動向(視聴率;母集団)次第で、2クールを急いで着手。作画等のクオリティーの問題も出てきてしまう。品質を保ち、もしくは向上させながら提供しなければならない。コンテンツ作品の質と量の需給バランスは難しいですね。
また、ある意味、長編もの(通年)が少ないこともあって、短編(クール)ものが乱立しているとも言えますね。 色々なテイストが味わえる一方で、気に入った作品についてはもう終りなのかぁって。なんか悲しいですね。
ほんと、久しぶりに長編の大作みたいです。
2006/09/26
(火) 16:39:12 | | 有閑人 #sSHoJftA[ 編集]
しょぼんOTZ
知りませんでした。ホリックが今週で最終回なんて・・・しかも不完全燃焼的な終わり方。いや終わらせ方はおいといてもホリックで多分多くの読者が期待していたであろう「蜘蛛と右目編」とでも言うべき物語がアニメ化されないまま終わるなんて・・・。
まさに真綿で首を絞めの状態ですよ。それでもジパングの!あのTVでの!終わり方よりはまあ許せなくも無いですが・・・。
あとはDVDみてね~って感じの作り方は今後のアニメ界に悪影響だと私はおもうんですけどね・・・。
2006/09/29
(金) 23:22:32 | | ワタナベ EI #r0DGmosw[ 編集]
中心的キーワードの意味は?
ワタナベ EIさん、こんばんは。

今期のアニメの特徴としては、徐々に盛り上がっていくスタイルでした。ホリックも見ていくうちに、世界に引き込まれていくという感じ。そう思うと、終盤の駆け足が惜しい気もします。おかげで、金策がついたら、原作をコンプして読もうと思っています。私としては、このストーリーの肝である“ヒツゼン”とは何だったのだろうと考えています。上記に記事(暫定版)としてアップします。なにぶん未だ原作3巻までしか読んでいないため不整合があるかもしれませんし、駄文なので意味不明かもしれませんが(汗)
2006/09/30
(土) 17:54:03 | | 有閑人 #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuukansimin.blog7.fc2.com/tb.php/590-0353335d
この記事へのトラックバック

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。