有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
“大人”とは何か?
ARIAの最終回のテーマは、「どんな大人になりたかったのかなぁ?」でしたが・・・
これに若干関連して、モーニング(2006 NO.45 10月5日(木)発売)の“天才柳沢教授の生活”で、まさにこの興味深い題材が扱われていました。この作品、結構気に入って読んでいます。

ストーリーは、柳沢教授と彼の孫・華子ちゃんの会話から始まる。
華子ちゃんは、早く大人になりたいと。
教授は、子供の頃のエピソードを話す。

当時、良則少年は大学で父の講義に出ている。
父との帰り道、良則少年は、父の講義は全て理解したので、他の講義も出たいと。その証拠にシェークスピアの一節を諳んじてみせる。そして、背伸びをしたい年頃の彼は、自分はもう大人だと語る。
父は、彼の知らないある場所へと連れて行く。
最初は、旧知の画家の家。彼とは親友だと父は言う。しかし、良則少年は、ただ誇りっぽい家としか感じない。
次に連れて行ったのは、画家に絵を頼んだダンスホールの支配人の店。いかにも成金という風体。父は彼とも親友だと言う。しかし、ここでも彼はこれといって感じるものはない。
良則少年は、知識をたくさん持っていることが大人であると。しかし、父は知識や合理的な判断だけでは計り知れない感覚や感情があって、これが大人である証なんだと。

戦後、焼け落ちたダンスホールに立つ良則青年。壁の裸婦の絵を見て、父の言っていた意味を少なからず知る。そこには、壁画を戦意高揚の絵で隠し、仲良く肩を組んで、憲兵の検閲を上手くかわす父たちの姿が見えていた。こうした反骨精神も粋でしたが、彼らには合理性などではとうてい捉えることのできない共有意識=絆が存在していたのだった。

通じるところは、ARIAと似ているかなぁと感じました。
さらに、同誌の今週号(2006 NO.46 10月12日(木)発売)のドラゴン桜では、大人と子供の違いは、“経験”であると語られていました。確かに経験から来る感覚ってのは、子供が越えられない壁ですよね。

灯里たちが、三大妖精を越えられない一つの要因は・・・orz
アリス:「でっかい練習するのみです!!」

週刊モーニングオフィシャルサイト:e-モーニング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuukansimin.blog7.fc2.com/tb.php/602-e5a7ef70
この記事へのトラックバック

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。