有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログを書くということ、そして文章表現について
初めてこの記事を見た方はすいません。唐突な記事に驚かれると思います。
あまり進んで書きたいとは思わない内容ですが・・・
というのは、様々なコンセプトや思考・思想のもと、各人が良かれと思ってやっていることに水を差したり、場合によっては、意図せずに否定しまう可能性もあったりと、決して褒められるような論評ではないからです。また、多くのブロッガーの方々が感じ、また悩んでいる葛藤だと思いますし、他の方も論じていることだと思います。もちろん、その方々の方法やブログなどを否定する意味で書いたわけではありません。
そして、私自身ブログをやっていたり、色々な方のブログやホームページを見させていただいているのですが、これも含めて書いてみたいと思います。余談ですが、この件に関して以前に南光さんという方のブログ・「The Southern Close!」(http://southernlight.jugem.jp/)にて、文章の書き方・表現法、国語(国語教育も含む)について、論じ合ったことがあります。

【心理】
まず、その心理を一言で言えば、“自己顕示”に他なりません。単に文章を書くだけなら、何も公開する必要はなく、日記帳に書けばいいことになりますし、さらに言えば、文章など書かず、誰にも話す必要もまったくなく、独り言で済むわけですから。ここにおいて、迎合ではない他者への配慮の必要性が生まれることになります。自分の思いや考えを分かってもらいたい。しかしながら、発表するわけですから、文章の呈をなさない、もしくは自分だけが情緒的に、または内包的に(内側に抱え込んだ状態で)書くわけにはいかないものです。つまり、自分の言いたいことを尊重するだけでなく、読む方の他者をも尊重しなければならなくなります。そのため、ネチケットを含め、節度と礼儀を兼ね備えていなければならなくなると考えます。それは、再三申し上げているように、自分の言いたいことを押し殺すことではありません。表現方法が重要になるという一面を有しているのです。
そして、もう一つが、目的から発せられるものです。すなわち、書くのなら多くの人たちに見て(読んで)もらいたいということではないでしょうか。ブログによっては、この手のお悩み記事が、時たま載ることがあります。しかしながら、それは至って自然なことなのです。あえて評価を期待しているわけではないのですが、人間は社会的な生き物なのだからでしょうか、つい期待してしまうものなのです。自分では良くできたと思って掲載したが、他の人はこの文章を読んでどう思っているのだろうとか、訪問者数が少ないと感じることなど。筆者が訪問者とのこの“間の反応”に一喜一憂してしまうのも致し方ないのです。そして、それは各ブロッガーが、素直に反応すればいいことであり、また結果について自分なりに納得すれば済むことなのです。欲求とこの裏返しということですね。余談ですが、私としては記事にコメントがあったほうが嬉しい(汗)

【継続性】
ブログをなぜ続けられるのかという問題です。人によっては“ネタ切れ”に悩んでいるという方がいます。私にとっては信じがたいことです。なぜなら、ネタなんて無数にあるのですから。ただそれを書くべきものかどうかと考えると自分に枷がかかってくるわけです。つまり、「こんなつまらないこと、書くようなことじゃない」とか。一方で、これって、先ほどの“他者への意識や評価”を既に気にしているとも言えます。すなわち、自分の考えていること(記事のソース)と、これを記事(日記)として掲載するかは別問題と言うことだからです。ただ、もちろん各人の情報量(量的側面)と事象に対する感(受)性(質的側面)の差異によっての“ネタ切れ”が発生する可能性はあると思います。良し悪しは別とした例えとして述べると、全く実のないものでも記事数をこなすことはできますし、非常に高度にまた緻密に濃い内容に仕上げることも出来ます。もちろん、これらのウエイトの状態(ある種、二者の掛け算)によって、各ブログの、各ブロッガーの特徴や特色が出てきます。
だからといって、依存症やmixi疲れのようなことにならない程度、ほどほどにやればいいのではないかと。

表現方法】
これについては、特に重視すべき内容になります。その重要性を述べると・・・
ブログのトップ画面を見てみれば分かりますが、当然ながら(ほとんどの場合)文字と画像によって表現されています。つまり、これ以外で表現することはできないのです。表現を気にしなかったら、単なる記号の羅列になってしまいます。そして、画像の重要性については、メラビアンの法則が効くからです。「人は見た目が9割」などといった書籍があるように、見た目の華やかさが、つい目を引いてしまい。それが好印象になるからです。それゆえ、私のように、だらだらと長い文章をしかも重い内容で書くのは一番嫌われる可能性があります(ただし、先ほど述べたように特徴や個性とも言えますが)。
そして、記号の羅列とまでは行かなくても、単なる情報やニュースの形をとれば、「ふ~ん、そういうことがあるんだぁ」と見流すだけのものになります。だからこそ、ブロッガーは様々な表現でいかに訪問者の反応を引き出すか、知恵を絞ることになります。

【物書き】
自作の絵については、私のブログで載せたことがないので、ここでは文章について述べることにします。すなわち、文章における表現についてです。主として、論評と創作(小説等)の二つについて。
前置きも含め、私が執筆についてどんなことをしてきたかを紹介します。私の場合、物語や小説は、ほとんど読んだことがありませんでした。というか、読書感想文なんてものは、むしろ嫌いな子供でした。だから文字で書かれた本も読まないという子供。だから、小説の本当の内容も理解できない子供。しかし、だんだん成長するに従って、例えば大学に入ったりして、論文や専門書といった文章ばかりのものを読まなければなりません。しかし、これらは非常に簡潔な構造になっています。つまり、言いたいことはキチンと文章として書いてありますし、情報を文章からダイレクトに受け取るだけなのです。ですので、論文を書く際には、情緒表現はタブーになります。それが、小説との大きな違いになります。つまり、行間を読んだり、情緒的な表現から背景を読み取ったりという技術はまったく必要ないからで、極めてテクニカルに出来ているのが、評論文となります。
ところが、転機が訪れることになります。それはアニメにはまってしまったことです。今までもドラマなど、論評とは違うものを見てはいましたが、ここまで深く考えたことはありませんでした。特に昨今の深夜帯のアニメは、緻密にできているものもあり、まさに小説における行間や情緒、文字からしか読み取れない各シーン状況における意味を読み解くことに似ています。
例えば、昨日の「009-1」(Mission:7「港 Port」)での台詞「大人なんて“みんな”嘘つき」のシーンでのここに至るまでの流れに込められた意味それぞれのキャラに対する問い掛けの意味や、「あさっての方向。」(第7話「二人のつかのま」)での「思いがけず、過去の二人の写真を見てしまう(しかも、あえてからだが見たシーンを出さない)→家を出て行くからだ(一足飛びに駅にのシーン)」のシーンや、タイトルにあわせるように“二人”を椒子とからだ、椒子と尋(過去の彼らの髪の毛の長さにも注目)と合わせた表現は、好例だと思います。余談ですが、画面上に吹きだしが見えました(苦笑)。琴美:「願いが叶う人なんて・・・」のシーン。二人←「ちなみに、思いがけず願いが叶ってしまった人orz」ってツッコミを(苦笑)
そして振り返ってみると、脚本家の力量がドラマ内容の良し悪しを決める一因なんだなぁと改めて感じます。
小説の場合は、論評文のいわゆる伝達するための専門用語としてのツールではなく、単語や表現方法に多くの意味を持たせています。それが、場合によっては多くのシーンに派生することになったりもします。これこそが、論評文とは違う難しさになります。それは、伏線であったり、隠喩であったりといったレトリック表現です。これは、昔から、例えば詩などで韻を踏むこと(アフィリ生活日記参照;http://affililifenavi.blog13.fc2.com/blog-entry-8.html)などで実践されています。これらによって、ウイットに富む表現や上手いオチをつけること、もちろんこれは、訪問者を楽しませることをすることでもあります。単に「AはBでした」では、極めて単純かつ無味乾燥、つまらないものでなんの感動もありません。そこに技巧を用いる必要性が出てきます。もちろん、人によっては、「技巧にこだわるあまり内容が・・・」と思う方もいるでしょう。しかしながら、これを上手に使わなければ、差異(競争優位)が生まれないのです。また仮に、小説を論文調で書かれたらつまらないと思います。上述の内容ではありませんが、どうせなら「この人って、上手い文章を書くなぁ」とか「こだわってるなぁ」って思われたいじゃありませんか。
また、多くの視点からの見方も重要になります。例えば、ドラマやアニメについての乾燥記事を見た場合も、人によって同じシーンであっても受け止められ方や表現が違って来る訳ですから。それゆえ、小説を書く場合もどの視点からということがポイントになると思いますし、これが作風・文体といった筆者のスタイルになるのではないでしょうか。これらの中に、自分の主張(言いたいこと)を作品の核として織り込んでおけばいいのではないでしょうか。
また、表記の難しさも結構あると思います。それは、文字(記号)と音や文語調・口語調、それぞれの特性があって、同じ内容でも読み手に与える印象やニュアンスが違いますね。
例えば・・・
~でしょう!!
~ですね♪
など、語尾一つを取ってみても難しい問題でもあります。これは、助詞の選定、表現技法(例えば、体言止めや倒置など)なども含め、難しいですね。
さらに、直感的表現は注意が必要ですね。例えば、「イイ!」とか、「スキ!」とか。NHK教育の「わかる国語 読み書きのツボ」でもやってましたけど、単に感覚的表現で書いただけでは、何も受け手に伝わらないことが多分にありますね。何が良いのか悪いのか、もしくはどうして好きなのかが受け手にキチンと伝わらないからです。余談ですが、HP内の「パペットマペットのへや」を見ていただくと、コントの好演が冴えてます♪

・・・と、このようなことを書きましたが、もちろん、「書くことが楽しい、だから書く」というのでもいいのです。答えはないのですから。ただし、その一つの要件として述べたまでのことです。なぜなら、人を楽しませるにもある種のテクニックが必要ですから。例えば、落語や漫才もそうですね。
ただし、誤解をしてもらいたくないのは、「主張<テクニック」では必ずしもないということ、2者の立ち位置は同水準であって、舵をどちらに切るかは書き手次第です。また、「事実は小説よりも奇なり」という言葉がありますが、創作だからこそ、そうしたことが事実(現実)以上に必要になってくるのだと思いますし、ある種限られた表現手段(物書きや作画)ですから、表現方法で乗り切るしかないのです。
そのためにはまず、日頃からあらゆるものにアンテナを張ったり、興味関心を示したりする必要があります。これらがある限り、ネタ切れは絶対にありません。そして、このネタをどう料理するかで訪問者の心を掴むことが出来ると思います。余談ですが、朝の連続テレビ小説「芋たこなんきん」ではありませんが、ある意味小説家業の悩みみたいなものを感じますね。

【ターゲット(対象物・対象者)】
マーケティング・戦略的な話になってしまいます。また、巷のガイドブックのような話でもあります。対象物に関しては、どんな題材を取り上げるか、つまりどの程度の範囲やどのくらいの深さで書いていくのかということになります。例えば、ある特定のアニメだけに絞って書くのか、それともアニメを全般的に網羅するのかということです。もちろん、先に述べたネタの問題にも関わる事象でもあります。そして、対象者(=訪問者)に関しては、誰に対してアピールするのかということです。これに関しても“掛け算”的な要素があると思います。あわせて書き手と訪問者との接点領域による入りやすさ・入りにくさがあります。どこまで絞るかにも夜と思いますが、専門用語・短縮用語・隠語などによっても選別されますね。

【最後に】
以上、心苦しいことを書きました、失礼な点や読みにくい点についてはご容赦ください。お詫びをしておきます。
また、偉そうなことを書きましたが、「じゃあ、あなたは実践できてるのか? どうなのよ!!」と突っ込まれたら、「私自身、そうとは言いがたい(汗)」と答えるしかありません。でも、だからこそ、色々と試行錯誤をしていこうと思っています。これこそ、大きな意味においては、人としての幅がひろがります。色々な考え方や思想に触れたり、物事を調べたりすることで、人生を生き生きと過ごす楽しみを得ることが出来ます。

そういえば、NHKの「知るを楽しむ 日本語なるほど塾」って、結構勉強になりました。

参照:Yahoo!ニュース
Blog 定期リサーチ(28):2006年11月17日――「更新が面倒」、Blog をやめた理由
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 ご無沙汰しております、DORAです
 今回の記事 興味深く拝読いたしました。

私などはブログを運営するに当たり
 こう、アニメを見たときの この強烈な感慨と、作品への賛辞を
なんとか形にすることは出来ないか、表明することは出来ないかと思案し
 手段としてブログを運営している次第であります。

しかし、作品をなんとかリスペクトしてその意思を表明したいといっても
 実際には、購買にしろ二次創作にしろ 、、なんとも、
 やればやるほど作品そのものが形骸化していく様でもあり
かといって何もやらないと言うのも意味が無いのであり、
なにか うまいやり口というのが、なかなか見出せないのであります、

まあ、目下のところは 手段を模索中であります。


また、私の個人的な問題として、、
 日常のリアル友人で こちら方面に精通している者が少ないので
やはり、同様の趣味を持つ方たちとの なんらかの交流の機会を持ちたいと
 ブログを運営する上では 少なからずそうした意図も抱いております。
2006/12/03
(日) 04:21:47 | | DORA #z98IOmB2[ 編集]
どうしても付きまとう悩みの種
DORAさん、こんばんは。
こちらこそ(汗)

本文として、ミクロ的な意味合いとして書いてみましたが、確かに運営そのものというマクロ的な側面としての難しさってありますね。
というのも、チャットの方で、HPの作成について、話し合ったことが若干ありまして・・・
かくいう私もブログをはじめる前に、「高校講座 情報A」というNHKの番組を見ていました。パソコンに触れるようになったのは大学時代ですし、HPやブログに興味を持ち、始めたのもごく最近のこと。経営学的な説明になってしまいますが、サイトの着地点(目的・目標)や方向性(過程)を含めた計画の部分は、DORAさん同様、 今もって思案しています。私としても、他のサイトにはない特色をいかに出せるかが課題です。着眼点もさることながら、発想力と想像力というかなりあいまいな言葉でしか説明できない自分がいますが(汗)、広く深くやりたいなぁなどど欲張りな私でもあります(汗)
しかしながら、運営の悩みということだけに固執せず、楽観的に考える自分がいるのもまた不思議なものでして・・・、アニメだけに限らず、日夜ネタや話題探しを自然にしてます(汗) とはいえ、肩の力を抜いて自然体でやればと思っています。

また、交流・情報交換については、私も遠隔地の方々ともサイトを通じて交流しておりますので、実際に会ってお話をできる方や機会も限られていますが、イベントなどを通じて実際に会える機会があれば、できる限り参加して交流を深めてもいます。

追伸:
最近はミクシイなども初めまして、より親密な情報交換もさせていただいています。始める前は、ブログと大差はないと思いきや、何と言って説明したらいいか分かりませんし、まだ感覚的にしか説明できませんが、ブログとは違う楽しさがありますね♪
2006/12/04
(月) 20:58:44 | | 有閑人 #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuukansimin.blog7.fc2.com/tb.php/625-6a6050f4
この記事へのトラックバック

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。