有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いっぺんに書きますⅢ
◆DEATH NOTE 「虎視」
携帯の通信記録とか・・・
通信傍受法ってのはなかったのかぁ。
メモ用紙に爪跡をつけておくなんて、古典的なワザをw

レスター:「見えないものに注意するというのは、難しいな」
ニア:「でもやってください」
→なんじゃこりゃ ですww

密会、部屋の確認後、隠しカメラを密かにつければ・・・とか単純に思った次第ですが、時間ないかぁでも、そこを上手くやるのがホテルの手配をしている相沢さんじゃないの?(汗)
松田は、本当に警察の人なんでしょうか(爆)
「あぁ~、やっと終わった。今日も濃かったですね。いつもきついっすよねぇ、これー」
「そういう割には笑顔だな」

月:「まったく女というのは・・・」
月:「僕は今の警察に、高田さんはキラや今の世の中に逆らうことになる。それでもいいのかい?」
→愛を勝ち取るために・・・感情中心ですからw

相沢さんは、ショックだなぁ・・・
ニア:「余計なことはしないでください。もう証拠を挙げればいいという戦いではないんです。キラを止めるには、この私が完全なる負けを突きつけるしかない。あなた方は、もう蚊帳の外なんです」
ただ見張るだけって、結局盤上のコマ(ニアのシナリオ通りに)かぁ

東西歌謡祭
相変わらずお遊びモードの松田。
N○Kは、たしか総合司会は2人じゃなかったかしら~w
観客の一言:「ふざけるなー!! ミサミサを出させずに、終わらせるつもりか!!」のついでに・・・
「受信料返せー!!」ってのが欲しかった(爆)
協力という名の軟禁で、ドタキャンの女王は、もっと蚊帳の外w

フィットネスクラブへの潜入
ニアたちSPKも、結構まどろっこしいというかセコイというか、どっちもどっちとうか・・・月とニア、一体どっちが優位に立っているのか・・・キラ・ゲームのように全てのものを疑え!でしょうかww
ロッカールームに監視カメラがないってのは!?
ジェバンニ:「私が死ぬ可能性も・・・」
ニア:「それを確認するために、やってもらうんです」
いきなり命がけw
死して屍拾うものあり!?
ジェバンニ:「ノートに触れることに成功しました」
とはいえ・・・
ニア:「Lと対峙するのは、24日後ジェバンニが生きていたらとしましょう」
生きた心地がしないジョバンニ、拾われないなorz
ジョバンニだけに、序盤にいなくなる!?
写真を撮って、ようやく・・・
ニア:「ジョバンニはよくやってくれました。これならいけます」

今回のストーリー展開、何かに似てるような・・・
ミクロ的行動とマクロ的視点
デスノート:月とニア
クレイモア:4人組とガラテア&エルミタ

D/N攻略マニュアル
「ニアです」ということで、日高のり子さ~ん!!
ご本人の姿を見るのは、一旦休止する前に「お笑いマンガ道場」のゲストで見た?以来です。
まったく、とんだ“はにかみの女王”ですww


クレイモア 「斬り裂く者たちⅡ」
男女対決!
「普通程度の異常食欲者と聞いていたのに、これほどのものをこのメンバーで相手にしろというのか・・・」
圧倒的に劣勢な状況下で、諦めのミリア姉さんでしたが・・・
みんな、猫かぶってたんじゃん!!ww おいおい!
四肢の伸縮、脅威の回復力、幻影・・・妖気の流れを読むと
ヘレンは、「ゴムゴムの~!!」のルフィ!?(ONE PIECE) 集英社、ジャンプつながりか!?w
覚醒者:「目に映るは幻のごとく・・・確か、こう呼ばれていたなぁ、“幻影のミリア”」

最初の犠牲者・デネブは、今回は静かでしたね。
やはり、腕より内臓の方がお好き?orz
代わりにヘレンの今回の一言・・・
「テメーに何が分かるってんだ! 最下位が偉そうに講釈たれんな!!」
とはいうものの血を吐いて泣いて力のなさを悔やんでいたヘレンorz
あれだけ重傷なのに、悪態は・・・さすが、かもww

男の戦士は作られなくなったってのは良しとして、野放しってのはorz
組織の責任は?
とはいえ・・・
ミリア:「それが我々クレイモアと呼ばれる女の戦士たちと、男の覚醒者という存在の理由だ」

男の覚醒者の意味深な発言も、気になりますね。
その1:
覚醒者:「大きな間違いが一つある。あんたはそれを知っているはずだ。賢いあんたなら。なぜあんたたちが俺の元へと送り込まれたかをね」
ミリア:「まさか、このメンバー!?」
その2:
覚醒者:「あんたは、優秀な戦士だったと思うよ。勘が良くて、賢くて・・・。戦士たるものただ強いだけじゃなくて、それなりに賢くないと、生き残ってはいけないからなぁ。だが、賢すぎるもの長生きしないもんだよなぁ」

捕まっちゃったよ、ミリア姉さんorz
もう一人の勘が良くて賢い子w
クレア:「絶望!? この程度の状況でか? 私はもっと“強大な相手”と“本物の絶望”を知っている」
そりゃ、覚醒したプリシラには及びませんからねw
対覚醒者リーサルウェポン!?
そんな悪態にも動じず、男の覚醒者に向かっていくクレアでしたが、心を落ち着かせようと自分を諭すシーンは良かったかしら~ 初体験ということで、さすがにビビリますわな~
クレア:「落ち着け、自らの妖気を極限まで抑えるんだ。その他、全ての妖気を感じろ。大きさと流れを1つ残らず掴み取るんだ。全ては妖気の流れで捉えられるはずだ。妖気の大きさと流れから全ての攻撃の軌道を予測する。そして、それこそが・・・」
視覚で相手の動きを読むのではないということに、男塾の盲目の雷電の姿を感じました。

ミリア:「妖気を読み取ればそれなりの動きをするが、攻撃に移るとその力が落ちる。それぞれの順序の切り替え、もしくは妖力解放状態でも妖気を読み取ることができなきゃ、話にならん! 要は、まだまだ修行不足ということだ!」と姉さんは経験不足を見抜いていましたが、今回のストーリーで、クレアの中にある潜在的な強さを上手く表現していたと思います。舌の上に飛び乗ったしw
〆のシーンは、プリシアの時ほど狡猾で見事ではなかったですね。もちろん、同じ轍は踏まないw
最後のオチは、やっぱり・・・
ミリア:「行くぞ! 遅れるな!」
クレア:「そっちもな」
遅刻の女王かしら~ww

今回は、解説が結構多かったように(しかもステレオ的にw)感じましたがw
ナンバー3のガラテアまで出てくるとは・・・組織の命で常に誰かが誰かに監視されているという意味もあるのでしょうが、次回への布石なのでしょうね。
彼女の能力、まるでイージスの探知w
あと、ラキが出てきたと思ったら、宿屋のオヤジから不吉な一言orz
「確か、誰も帰ってきていないとか・・・」
あの山は、さしずめクレイモアの“姥捨て山”かぁorz

ナイトメアのレゾンデートル:フランス語の存在価値
日テレの深夜の歌番組?でもかかってましたが・・・
NHKのMUSIC JAPANでも
人気アニメとはなっていましたが、作品名までは伏せてありましたね、さすがNHK w
すべての男は消耗品である
村上 龍
4087480712


◆神曲奏界ポリフォニカ 「第10楽章 バラード 愛憎の決着」
楽曲を含め、全体としての雰囲気は好きなんですが・・・
全ては、アカツキ・ディーレンの誤解から始まったことorz
メイルリートが単身楽器だけも持ってくるシーンで、一発でした・・・
彼女自身、神曲の援護なし=水銀燈状態だったとは!?
トレーラーや重機などの車両関連の作画が・・・現場への出発シーン(フェイク)で、明らかに背景から浮いていたしorz
どのような結末が待っているのでしょうか・・・

タグ:デスノートクレイモアポリフォニカ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuukansimin.blog7.fc2.com/tb.php/705-9cc739c0
この記事へのトラックバック
よけろ!と言う人は大概、既に避けられるタイミングを逸してしまってから言っているので、言われた人は残念ながらもう間に合いません、攻撃をマトモに喰らってやられてしまいます。そういう意味で考えると、ベジータって
2007/06/12(火) 00:26:32 | BLOG不眠飛行

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。