有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クレイモア 「魔女の顎門Ⅱ」
シリアスなストーリー中で、コミカルさを出そうとしている姿に失笑ww
ボケ役:ダブ
ツッコミ役:リフル
痴話喧嘩!? ツンデレ漫才!?
ダフ今回もリフルに振り回されてましたね。
ジョージア、甘くない状況ww

ダフ発射の鉄柱・鉄棒、(ジパングでおなじみの)チャフ代わりにもなってるんですね。

ストーリーの流れ(クレア)は、立ち向かう→返り討ち→一気に窮地
運命のいたずら、偶然!?ってのは・・・
クールビューティー・ガラテア参戦!?
冷静沈着にして、ちょっぴりナルシスト!?w
というか、抹殺指令だったのでは? 敵を目の前にして、クレアを連れて帰っちゃうのかぁww

リフルの妖気を捕捉済み。
ガラテアの妖気を読む力は相手の波長に合わせるといったピンポイントタイプで、クレアの場合は基本的には全方位、これならではの弱点だったわけですね。

キター!!
「もっと飯を食え」ww
水銀燈の「乳酸菌、摂ってるぅ?」にも匹敵するかなww

今回は、一応ガラテアはクレアの味方ということでw
ダフが両手で叩き潰そうとして、手の中からガラテアがニコッ♪のシーンにww

「さっきのより痛てぇ」、クレアの高速剣って、並み以上の覚醒者には通じない?・・・防御型とはいっても、さすがはナンバー3の実力っていったとこですね。
でも、リフルに振られまいと渾身の一撃、ガラテアの腹に命中。お決まりですからw

安っぽい挑発:「ゲームをしましょう♪」w
リフルの余裕がなんとも・・・つ、強いなコイツは、って感じですねw
またも、限界超えた!でしたが、ガラテアはクレアを土下座させるつもり!? オフィーリアにも地面に顔を押し付けられたなぁ、そういう意味では2度目w
プリシラのこととなると、血が上って激情、我を忘れるってのも彼女の弱点かぁ。ガラテアの冷静さとの対比が際立ったシーンでもありましたね。
やっぱり興味津々のリフル、二人まとめてリクルートのお誘いかぁww ジーンとリフルの“化け物”問答もそうでしたが、組織の駒でいること(人間の側にいること)と覚醒者の駒になることの対比をうまく表現していたのではないか、と。

「求む! 覚醒者諸君!」:予備軍の方もOKですぅ♪
自分の力を試してみたいとかぁ、覚醒して一気に逝っちゃいたいとかぁ、私の男(女)になりたいとかぁ・・・あなたの本気を見せて見せて~♪ww
ただし、強くなきゃ要らないわよっ!
交通費は出ません。なぜならぁ、仲間になるか、死ぬかしかないから。二者択一てことね♪
ってな、広告が城跡に張ってあったとかなかったとかww
とんだ圧迫面接だなww

覚醒三国志
「犯罪の影に女あり」ではありませんが、人類史上でも、女に狂って・・・ってな、いろんな例がありますね。
暇だから喧嘩を買っちゃったって、あんたって人はっ!!
よっぽど暇なんだな、深淵の者ってw

とはいえ、覚醒者相手なので、始末せねばと・・・
彼女の美意識にw
「泣くなよ、みっともない。醜い顔に拍車がかかるぞ」w
そして、意外にナルシストですねw
「私の美意識に反するんであまりやりたくはないんだがな。悪いしばらくこの醜い顔に付き合ってもらうぞ」
たとえ、リフルではなく、ダフ相手であっても、相当な激戦が予想されるということですね。

ジーンさんの使い道はあったらしい(汗
一桁ナンバー、攻撃型ですからw
予告を見ると、拘束者ジーンさんは覚醒しちゃったらしいですが、クレアはどうやって元に戻すんでしょうね。

ガラテアの覚醒者について情報、「切り裂く者たち」でのエルミタとの覚醒者についての話の続きは、30分枠やら話数やらで、省いたんでしょうね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuukansimin.blog7.fc2.com/tb.php/722-4a68eb04
この記事へのトラックバック
北へ行こうランララン!北へ行こうランララン!!北へ!!!新しい北へ、胸躍る北へ、いざ出撃であります。何故ならば、憎さも憎きあの一本角、怨敵プリシラが北にいると判明したからです。さらに詳しい所在をリフルさ
2007/07/18(水) 16:00:30 | BLOG不眠飛行

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。