有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
定率減税廃止の影響、消費税、参院選について
イベントやらグッズ購入やらで、少々不安になったので収支の状況を計算してみた。
可処分所得はプラスだったので、一安心。
しかし、ちょっと待てよ・・・
税金と健康保険負担額がそれぞれ3倍になってる!?(驚)
納税のチケットとパンフが送られてきてやっぱりなぁとは思ってみたが、実際計算してみると驚きの数字ですね。
ちなみに、そのパンフには・・・
財源委譲前後で、「所得税+住民税」は原則変わらないが、定率減税の廃止分があるので、実質的に増税になると、納税者の反発を避けるかのごとくマイルドな感じで書かれている。
あれでは、定率減税廃止なんて、大したことないじゃんと誤解を受けますね。
ということで、じゃあ実際の金額ではどうなるのか?ということが、計算してみてわかってしまったorz
そして、健康保険は納税額をベースにして計算されるので、自動的に支払うべき保険額も増えることに。
企業業績が好調で税収増というニュースがあったが、増えた金額はいったいどこへ? 前回、赤字国債を制限しつつ計上してやっていられたのだから、増えた分はまたどこかにプールとかされちゃうんだろうなぁ、と。法律を遵守している役人たちとはいうものの、社保庁問題をはじめとして、自分たちに甘く、一連の無駄使いが明らかになっているように、本来の目的としての社会保障など本当にお金が必要な部分にお金が回らないわけですよね。例えば、他にも外務省だって、ODAや国連への資金提供なんかやめちゃえばいいのに、常任理事国の看板を金で買えないんですから。彼らの面子やプライドと、いわゆる実績ではない“実績”作りといった存在理由など、省の利益が許さないでしょうけどw 本来なら、他国のことをかまってる余裕なんて、ないんじゃないんでしょうか。交渉力のない日本は、他国から「日本=カネヅル」程度しか思われていないのにww 習慣とか惰性で、ブログをやめたくてもやめられない心理みたいなものでしょうかww
そして彼ら役人の意識としては、納税者から預かったお金という意識ではなく、なければ増税して取ればいいってな発想しょうから。法人とかが、脱税したいという気持ちがわかりますね、もちろん、違法行為ですが。
政府というより国自体の姿勢が、いまさらながら恐ろしいw
「美しい国」は、確実に二分社会へと向かってますね。特に、負担増が多いのは、対象人口の多い中所得者層。これらから効率的に取ろうとしているのが見て取れますね。やっぱ人口が多いとこからより多く税金を取ることに越したことはない、といったことでしょうね。

また、選挙なのに、消費税増税問題がありましたが、私としては、歳入(徴収)の面から見た場合は、大いに賛成です。ちなみに、優勢選挙の時、次に来るのは消費税だろと察知、うまく隠しやがったと思ってましたけど。ただし、直間比率の解消、所得税(直接税)減税とセットですけど。これについては、実質的側面と感情的側面がある。取るだけとって経費節減は望めないだろうなぁってのが、難点ではありますが(汗)
前者については、効率的に取れるという点。アングラな部分からも取れますし、日本の人口が減る中で、愚かな当局の監視をよそに流入してくる外国人からも取れますし、納税者として税金を払う・払わないが選択できますから。ものを買わなきゃいいんですから。それに、日本人はすぐ慣れてしまう、熱しやすく冷めやすい“羊”ですからww ま、安倍政権がやるかどうかは別として、税率アップなんて簡単ですね。政権政党は批判を浴びて苦境に立たされるかも知れませんが、消費税アップを目的として強行採決とか、やる気で国会を通してしまえば、結果オーライってとこでしょうから。強行採決好きの安倍さんならやりかねないww 要は誰(どの首相)がババを引くかだけの問題ですね。一方、野党としては、金持ちも貧乏人も同じ負担ってとこを批判するとは思いますが。政権政党でない野党は何もできない。もちろん、参議院選挙に勝ったとしても、「衆議院の優先」ルールがある限り、永遠に。
そして、後者については、最近景気がいいせいか(前々からあるかもしれませんが)、お金を粗末にしている人が多いと感じます。小額だからかもしれませんが、コンビニなどでよく見かけるのは、小銭を募金箱に入れてしまうのには驚かされますね。余程、お金の使い方を知らないのか、お金が余ってるんでしょうね(苦笑) だったら、増税しても一向に構わないじゃないのではないでしょうか。無論、募金という行為自体に異を唱えるものではありませんが、明確な趣旨のない募金、つまり小銭を持ちたくないというだけの行為は、“お金を捨てている行為”と考えてもいいのではないでしょうか。どうせ募金するなら、国に募金(納税)すればいい、とww
お金を大事にしない人は、最終的にお金に嫌われちゃうんですけどねww
なので、消費税増税は賛成なのです。
また、民主党の党首と黄門様が、負けたら政治生命を・・・などとご大層なことを言っているが、これも政権政党ではないという最大の欠点を見ていない愚かな発言。勝ったとしても、おそらく何もできないでしょうし、また無駄遣いが増えますね。つまり、ブーム好きな日本人は、民主党を選挙に勝たせる。民主党は内閣不信任やら衆院の解散要求を提出→結果的に否決。否決されるのにもかかわらず、「やることに意味がある」と誤認して、国会における時間や経費をかけるという無駄をしてまで、党の面子のために、お馬鹿な行為をやってしまう。もっと重要な案件に対して議論すべきなのに。
色々あって安倍さんの旗色が悪いですが(もちろん安倍さんを必ずしも弁護するつもりはありませんし、現在のところ彼の唱える理想論と現実のギャップが大きいわけですし、国民へのアピールも・・・)、年金問題の国会中継を見ていた時、安倍さんの「きちんとした代わりのいい方法が出せるのか」との問いに対して何もいえない民主党。もう少し議論を尽くすべきとかわけのわからんことばかり言って、結局批判的行為しかしていなかった民主党には幻滅させられました。だから、たとえ民主党が勝っても現状はなんら好転しないんです。だからといって、まったく意味がないかというと、そうでもありませんけどね。民主圧勝ってのが、自民にとって少なからずプレッシャーになるわけですから。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
最近の状況を見てると、日本は国家として、
崩壊過程にあると思わざるを得ないですよね。

頼りの親分(A国)はズッコケ寸前で、つーか、
戦争したり、子分の生き血を吸い取ったりして
辛うじて大国としての体面を保っている有様ですし…

日本のお家芸の物作りも、C国やK国にお株を奪われ、
将来的に外貨を稼げる可能性を残してるのは、
オタク産業くらいなものです(笑)

>企業業績が好調で税収増
好調だといっても、労働者側の取り分が削られて
企業側にまわっただけですから、マクロ的には
見せ掛けだけの好景気なんじゃないでしょうか?

消費税も数年のうちに10%以上になるでしょうし、
いずれ20~30%になるのは確実でしょうね。
財政が破綻状態にある国は、大増税と超インフレで
帳尻合わせするのは常套手段ですものね。
もともと日本は、バカ高い電気代等で隠れ消費税100%
と言われてるのに、これでは税金の二重取り三重取り…
…せめて、オタク関連グッズには消費税掛けないで
欲しいっす(貧乏オタクの切なる願いw)

>お金を粗末にしている人が多いと感じます
貧乏人ほど財布に空いている穴は大きいものですw
金持ちは少額であっても募金なんかしないらしい…

>たとえ民主党が勝っても現状はなんら好転しない
今の政治状況は全くの手詰まりですよね、
O氏の政治生命賭けるだって、十年以上前にも同じ
こと言ってましたしね、懲りないですよねー(笑)
2007/07/21
(土) 00:30:09 | | 真紅命 #-[ 編集]
我々の国にあって、彼の国にないもの、云々
おっしゃるように、マズイのは国家体制ですが・・・
>日本のお家芸の物作り
かつては、メイド・イン・ジャパン=すぐ壊れるバッタモンでしたし、日本人は真似るのがうまいなどと揶揄されてましたけど、現在大注目のC国は、まだかつての日本の状態ですね。いまだ何でもいいから美味しいとこだけをかっさらっていけばという感じで。基本的に創造力=自分の発想で何かを作り出すということが、欠如していますね。真似は所詮真似で、本家を超えられないですから。その点では、まだK国のほうがC国よりも上をいっていると思います。
アニメ・コンテンツ産業も、エンドロールにあるように多くの場合、外注がされてますね。
そうした面では、ハードウエアであれ、ソフトウエアであれ、技術やテクニックはどうしても流失してしまうのはやむを得ないですね。ただ、創造力を持って切磋琢磨し、技術革新をしている日本の強みは俄然ありますね。ほとんど知られていないマイナーなメーカさんが実は世界シェアのほとんどを占めていたりと、ほんと驚かされますから。
日本の底力(技術力)は、まだまだ捨てたモンじゃないですw 結構代替可能性の低いもの(真似されにくいもの)ってあるんですよ。もちろん、プロダクト・ライフサイクルの短縮化がなされる現在では、そうとも言えないこともありますけど。
技術屋さんって、金儲けとかで動くのではなく、誰もできないことや誰もやったことのないことを成し遂げる名人ですから。ほんと不可能に挑戦する意志とたゆまぬ努力の結晶ですね。
結構有名な例では、世界最小の歯車をつくっちゃったり、刺しても痛くない注射針を作ちゃったりと、原理は実に簡単だったりするんですが、実際やろうとすると、誰にでもできるものではないんですよねぇw ちなみに、この注射針の作った技術屋さんのおかげで、今日の薄いケータイがあるわけです。同じ材料で料理を作っても、プロとアマチュアが作るのでは雲泥の差になるのと似ていますね。
また、例えば、ドコモのPシリーズの三次元ヒンジの仕組み解明できなかったってのがありましたねww

>労働者側の取り分が削られて
企業業績の好調が、個人消費に反映されない根本原因ですよね。それに中小企業はまだまだ寒い状態ですし。
今回増のボーナス程度(無論、大企業中心)でごまかそうとしても無理かもしれませんねw

2007年問題で公務員も大量退職したんんだから、採る必要ないんでは?とかw
いい加減機械に置き換えればとかw
やはり国と地方や部課のセクショナリズムのなせる業でしょうかw 自分さえよければいいと、それぞれの職員も他人事でしょうしw
人間はとことん駄目な段階(破綻)まで突き進んでしまわないとわからないんでしょうかね。
無駄にデカイばかりで、“小さな政府”なるのはまだまだ先かぁ・・・なりえないかぁww
2007/07/21
(土) 11:54:36 | | 有閑人 #sSHoJftA[ 編集]
そうですね、日本には他国がすぐには追いつけない
傑出した技術がまだ沢山ありますよね。

ただ心配なのは、技術者流出と後継者の問題です。
日本はそうした技術者のたゆまぬ努力で食べてきたのに、
技術者や研究者をあまり大事にしてませんものね…

K国は(最近はC国も)そうした日本で冷遇されている技術者を、
破格の好条件で招き入れ、結果的に日本の虎の子的技術をもの凄く
安く入手して発展しているらしいです。

悲しいかな、我が国ではそれを防ぐ有効な策を打ち出せず
にいるようです。某国のミサイルも殆ど日本人技術者が
作ったようなものらしいですし、全く困ったものです。

日本には優れた技術者が多く、技術も十分にありますが、
それを大事にする社会基盤や制度が貧弱過ぎますよねぇ…
これじゃ、若い人の理系離れがますます進行し、優秀な
技術後継者が途絶えてしまうのではないでしょうか。
日本の強みであった、簡単にはマニュアル化が出来ない
「職人技」も将来的に失われた技術になる危険性が…

>“小さな政府”なるのはまだまだ先かぁ
日本は社会福祉予算が少ない点では、既に先進国中
最も「小さな政府」であるらしいです。
反対に無駄遣いしてる点では「超巨大政府」ですからね、
国民はたまったものじゃありませんよねw
このままでは、目先の利くひとは海外へと逃げ出し、
後に残ったのは役人と老人だけ、なんて状況に…
2007/07/22
(日) 21:51:51 | | 真紅命 #-[ 編集]
これだから制服さんは・・・(byムスカ)
>我が国ではそれを防ぐ有効な策

若干逸れますが・・・・
今日の日高義樹ワシントン・リポートは、結構面白かったですw
自信満々すぎの米海軍ww(メディア向けってのもありますが)
でも、結局決めるのは日本自身だ(司令官談)ってところがまたww

以下、抜粋
第1部「第7艦隊が大増強される」
・私が以前、日本にいた時に比べて中国海軍に関心が集まっている 中国海軍は外洋型になりつつある
・第7艦隊は18隻の艦艇を持っているがそのうち何隻かは最新鋭のイージス艦だ
・中国海軍は時代遅れの訓練をしていたが我々の後を追って技量を高めつつあると思う

第2部「原子力空母が来ると何が変わるのか」
・朝鮮半島の緊急事態に備えてこの夏3隻の空母を出動して訓練を行う
・日本海で4~5隻の空母を同時に行動させることは可能だ
・原子力空母「ジョージ・ワシントン」は「キティホーク」の2倍の時間、連続して海上行動をとることができる
・原子力空母に全く事故がないのは士官を徹底的に訓練しているからだ

第3部「北朝鮮のミサイルを全て撃ち落すことができるのか」
・弾道ミサイル防衛は我々にとって新しい任務だ
・日本海に配備されたイージス艦は北朝鮮のミサイルを探知し撃ち落す
・日本の海上自衛隊と情報交換など共同で訓練を始めている

第4部「中国潜水艦はどこまで脅威なのか」
・中国海軍は急速に増強されている
・我々は必要とされる、いかなる場所にも出動できる
・70隻という中国の潜水艦隊に注目しているが中国艦隊も第7艦隊を監視している

第5部「海上自衛隊といかなる共同作戦をとるか」
・海上自衛隊とインド海軍が、第7艦隊と一緒に横須賀沖の南で大掛かりな演習を行ったところだ
・海上自衛隊が実際に戦うことができるようになるかどうか重要な問題になっているが、日本国民と日本政府次しだいだ
・海上自衛隊は独自のミサイル防衛能力を開発しつつある


>先進国中最も「小さな政府」であるらしいです。
低企業価値や円安水準から見ても、うなづけますね。
2007/07/23
(月) 00:07:20 | | 有閑人 #sSHoJftA[ 編集]
技の伝承マニュアル作ります(動画)
オープニングベル(2007年8月1日特集)より
http://tx-cgi.tv-tokyo.co.jp/cgi-bin/biz/nms/ram.cgi?070801o1
2007/08/01
(水) 15:57:06 | | 有閑人 #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuukansimin.blog7.fc2.com/tb.php/723-37b7d853
この記事へのトラックバック

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。