有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミリア姉さんの仮説(『ジャンプSQ 6月号』)より
そう考えると、妖魔については、未成熟な状態で(クレイモアになれずに)覚醒化存在と言えますね。彼らも人間にまぎれることができますから。
すなわち、今まで出てきた妖魔は全て男性。組織は最初男性でクレイモアの実験をしていたとなっているため。身体的能力(筋力的)には男性を実験台にしたわけですよね。
ただ、最初は失敗。つまりクレイモアになりきれない存在が妖魔となる。そして何とか成功した男性のクレイモアは即座に覚醒者となる。そこで、覚醒者のスパンの長い女性が実験台に。なので、クレイモアという存在が宙ぶらりんでいかに危うい存在かってことですね。
「勘が良すぎても、悪すぎても生き残れない」
・・・西の山中の覚醒者の言葉ではありませんが、AKYというかほどほどに・・・(汗)

ジャンプ SQ. (スクエア) 2008年 06月号 [雑誌]
B0017YLGOW

CLAYMORE 14 (14) (ジャンプコミックス)
八木 教広
4088745167

クレイモア No.47 クレア (1/8スケール塗装済み完成品)
B0014QKH5C
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuukansimin.blog7.fc2.com/tb.php/763-4c554bc6
この記事へのトラックバック

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。