有閑市民のすすめ
ゆったりと日々を過ごす。日常の中で感じたことや、趣味、興味のことなど。最近は、WHOTAKUな日々を満喫!? コメント・トラックバック、大歓迎!! ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦国自衛隊1549
前に、千葉真一・夏八木勲の「戦国自衛隊」を見た時、殺陣や合戦シーンが、すごく生々しかったことを覚えています。長尾景虎(上杉謙信)がまだ越後を統一していない頃から川中島の合戦、上洛途上までが舞台。登場する車両も61式戦車など現在の最新兵装から見れば、かなり旧式で見劣りしましたが、当時はすごかったのだと思います。
今回は、高磁場発生実験(アクエリアス計画)という荒唐無稽な実験から始まり、戦国と現代双方がタイムスリップという設定、自衛官が織田信長へ転身といった今までになかった形になっています。また、年代と制限時間が設定されています。それは、ある意味タイムスリップをコントロールできるの?、歴史をいじれるの?という、従来の一方通行型、所与の状況・環境を変えられないといった方法論から脱却した構成になっています。
さらに、私としては、グッズが気になります。
あの有名な陸自広報センター限定販売の自衛隊まんじゅう“撃”の戦国自衛隊1549バージョン(イラクバージョンもあります)や、劇中に登場する戦車・装甲車などの模型もピットロードから発売予定。
関連サイト:
「戦国自衛隊1549」公式ホームページ
「戦国自衛隊・非公式サイト」
「陸上自衛隊広報センターのおみやげいろいろ」
戦国自衛隊
戦国自衛隊 1549 映画公式ガイド
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
トラバありがとうです。
私も両方見ましたがmやっぱり旧作のの方がインパクトが大きく、正直おもしろかったような気がします。
まあ、新作もそれなりに楽しめましたが…
2005/06/29
(水) 09:10:01 | | 安頓 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuukansimin.blog7.fc2.com/tb.php/90-0c62fb06
この記事へのトラックバック
昨日、福山駅前のピカデリーに「戦国自衛隊1549」(新作)を見てきました。この1週間で2本の「戦国自衛隊」(新・旧)を見たことになります。結論、この2本の映画は、ストーリーもまったく異なる「別物」といえるのではないでしょうか。どちらも十分楽しめる映画でした
2005/06/29(水) 09:07:29 | IT講習奮戦記♪
KAZZのこの映画の評価  駄目だこりゃ~って言うか酷すぎやしませんか?20年以上も前の”戦国自衛隊”の方が、数段完成度が高い最後のあの終わり方、カット割りは何特撮もしょぼ過ぎるし、お金をケチりすぎて映像に迫力が。。。手を抜きすぎ、戦闘シーン...
2005/06/29(水) 20:17:39 | (売れないシナリオライター)KAZZの呟き!

copyright © 2005 有閑市民のすすめ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。